最終更新日:2021/5/27

(株)ギフ加藤製作所

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 自動車・自動車部品
  • 金属製品
  • 機械
  • 機械設計

基本情報

本社
岐阜県
資本金
3,000万円
売上高
282億円(2019年11月期)
従業員
1,543名(2019年6月時点 関連会社含まない)
募集人数
6~10名

大手自動車メーカーを支える二次サプライヤーとして、ものづくりの醍醐味を味わってください。

  • 積極的に受付中

「ギフ加藤製作所」<会社説明会/工場見学予約受付開始!> 【新型コロナウイルスへの対応】 (2021/02/15更新)

PHOTO

こんにちは!
(株)ギフ加藤製作所です!
弊社に興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

皆様とお会い出来ることを楽しみにしています。

◆◇ 3月8日より会社説明会および工場見学を随時開催しております ◇◆
多数日程ご用意いたしますので、ぜひご参加ください!



【新型コロナウイルスへの対応】
昨今の新型コロナウイルス感染へのリスク低減のため、弊社では以下の対応を取らせていただきますのでご理解のほどを宜しくお願いいたします。
・説明会担当者、面接担当者などにつきまして、マスク着用のまま対応する場合がございます。
・説明会、採用選考中における学生様のマスク着用をお願いいたします。
・弊社へのご来訪の場合は(工場含む)自家用車可といたします。(公共交通機関利用によるリスク低減のため)

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
当社はブレーキ・エンジン・AT部品を製造。安全な車を作る上で、非常に重要な部品であるため、質の高い精密加工技術が必要です!
PHOTO
本巣工場には、最新の超精密研削機も導入。技術職として、最先端の技術にふれられるのもこの仕事の醍醐味です。同敷地内に5階建ての新工場を建設しました!

ブレーキやエンジン部品で大手自動車メーカーを支える企業です。

PHOTO

「技術職は、失敗から学ぶことが大切です」と話す柴田さん(写真右)。「女性用作業着の改善を申し込んだところ、すぐに採用していただきました!」と話す藤澤さん(左)。

当社は創業1944年以来、自動車の中でも重要なブレーキやエンジン、ATの部品をはじめとした精密部品を製造する、自動車部品メーカーです。大手自動車メーカーの二次サプライヤーとして自動車産業を支えています。切削加工、冷鍛加工、研削加工、熱処理・アルマイト処理加工、自社オリジナル加工など…技術の守備範囲が広いのも強み。それも創立当時から、お客様のニーズに応え、市場をリードする実力を養おうと努力し続けた先輩たちのお陰です。
近年では、電動パーキングブレーキを制御するための部品に取り組んでいます。そのような次世代のクルマ技術への貢献が認められ、大手自動車メーカーからのニーズも急増。2018年内には、2015年に完成した本巣工場の敷地内に、5階建ての新工場を建設し、事業をさらに拡大する予定です。
先輩たちが培ってきた当社の保有技術を生かして、一緒に次世代のものづくりを経験してみませんか。
(柴田 麻善/1998年入社)

大学では理工学部に所属していたため、将来は金属加工に携わる仕事がしたいと思っていました。当社は、自宅から距離が近いということもありましたが、何より定期的に新工場を建設し事業を拡大しているという将来性に魅力を感じました。工場見学では、社員の皆さんが熱心に説明してくださる姿に「本当にこの仕事が好きなんだな」と実感。女性技術者が少ない現場に多少の不安もありましたが、入社前から女性の先輩がきめ細かにフォローしてくださったことで、入社時にはその気持ちも完全になくなりました。
現在は技術職として、新製品を量産化するための取り組みをしています。具体的には、量産ラインに必要な工程を検討。自ら造った試作品を測定、データ収集と評価を繰り返し、高品質&高効率の製造ラインを実現します。現在は、これまで鉄製が主流だったブレーキ部品をアルミに置き換えるための試作に取りかかっています。
入社前はデスクワークが中心だと思っていたのですが、機械を操作する現場の仕事と、データを収集して解析するデスクワークのどちらもバランスよく経験できるため、とても満足しています。何よりこの仕事の醍醐味は、試作品の測定で予想通りのキレイな数字が出た瞬間。測定器の針が真ん中でピタッと止まったときは、心の中でガッツポーズです!
(藤澤 しおり/2015年入社)

会社データ

プロフィール

当社は、自動車のブレーキ部品・エンジン部品など、重要部品を手がける企業です。
大手企業の二次請けメーカーとして実績があり、
あのハイブリッド車にも使われている部品も、実は当社の工場で作られているものです。
古くから付き合いのある大手企業からのニーズが高まり続けています。

事業内容
■自動車用機能部品製造(金属加工部品)
■自動制御機器部品製造(金属加工部品)
様々なオリジナルの加工技術も駆使し、複雑な製品も加工できます!

PHOTO

本社郵便番号 501-0124
本社所在地 岐阜県岐阜市鏡島中2丁目1番45号
本社電話番号 (058)252-1411
創業 1944年3月1日
設立 1972年6月1日
資本金 3,000万円
従業員 1,543名(2019年6月時点 関連会社含まない)
売上高 282億円(2019年11月期)
事業所 ・本社 
〒501-0124 岐阜県岐阜市鏡島中2丁目1番45号
・曽我屋工場
〒501-0101 岐阜県岐阜市曽我屋6丁目56番地
・関圧造工場
〒501-3954 岐阜県関市千疋991-9
・関工場(敷地内:金型工場を含む)
〒501-3941 岐阜県関市小屋名436-1
・巣南工場
〒501-0313 岐阜県瑞穂市十七条739-1
・穂積第3工場(敷地内:熱処理、工機を含む)
〒501-0222 岐阜県瑞穂市別府2295-1   別府2221-1(穂積第3)
・本巣工場、本巣第2工場
〒501-0417 岐阜県本巣市屋井1246-22
・海津工場
〒503-0322 岐阜県海津市平田町土倉248
・大野工場
〒501-0503 岐阜県揖斐郡大野町寺内131
売上高推移 売上高:259億円 (2017年11月期)
売上高:286億円 (2018年11月期)
売上高:282億円 (2019年11月期)
主な取引先 ※敬称略 アイシン精機(株)
アイシン・エィ・ダブリュ(株)
アイシン・エィ・ダブリュ工業(株)
アイシン機工(株)
(株)アドヴィックス
イーグル工業(株)
オムロンスイッチアンドデバイス(株)
オムロンリレーアンドデバイス(株)
ボッシュ(株)
(株)デンソー
(株)ジェイテクト

上記はあいうえお順となります。
関連会社 大連岐阜加藤精密加工有限公司
(株)Hozumi加藤精密

平均年齢 33.6歳
沿革
  • 1944年
    • ~加藤製作所創業~
      当初は軍需用のねじを製造する会社として創業しました!
  • 1947年
    • ~自動車部品業界参入~
      1950年ごろ、大手自動車部品メーカーの協力工場となりました!
      このころから多くの自動車部品メーカーの協力工場となり、自動車部品の製造が中心となっていきました。
  • 1970年~2000年
    • ~高度成長期~
      1970年~2000年は特に著しい発展を遂げ、国内工場もどんどん増設していきました!
      現在では国内9工場を抱えるほどにまで成長しています。
  • 2008年
    • ~海外進出~
      中国に「大連岐阜加藤精密加工有限公司」を設立しました!
      岐阜の地に密着してきた当社も海外に進出し、グローバル企業へと成長していきます。
  • 2015年
    • ~続く成長~
      当社国内最大級の工場を新設し、従業員も1700名(国内グループ会社含む)を突破!
      75年続く今でも、成長を続けています!

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 38時間
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)ギフ加藤製作所 本社
〒501-0124 岐阜県岐阜市鏡島中2丁目1番45号
TEL (058)252-1411
総務部 採用担当:余語
URL www.kgk.jp
E-mail recruit@kgk-mobile.jp
e4382k_yogo@kgk.jp  (余語 直通)
交通機関 JR東海道本線「西岐阜」駅より徒歩20分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp210361/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ギフ加藤製作所と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ギフ加藤製作所を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ