最終更新日:2021/5/1

アイティーエックス(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 商社(電子・電気機器)

基本情報

本社
長崎県
PHOTO

今思うこと

D.M
2018年入社
24歳
下関市立大学
下関市立大学
福岡営業所
営業職

現在の仕事内容

現在はお客様をいただいて1人で営業活動を行っています。出社後はメールの確認や見積の依頼、回答など事務作業を中心に行い、午後から営業に出るための準備を行っています。
メーカーの方に連絡を取り、お客様のもとへ商品のPRを行うためにスケジュールの調整なども行っています。現在は後輩社員も入ってきていますので、同行営業を通してお客様のもとでの会話や取り扱い商品を覚えてもらえるよう一緒になって仕事をしています。


仕事を通じて学んだこと

仕事を通じて学んだことは全ての行動はいい意味でも悪い意味でも自分に返ってくるのだという事です。私の一部のお客様は決まった商材しか受注できていない状況がありました。担当が私に変わったことはいい機会だと思い、こんな商材も扱えます、こんな商品面白くないですかとPRを行いました。最初は断られることの方が多かったですが、お客様の自社のイメージを変えることを目的で営業を続けました。その結果今ではまだまだ多くはありませんが、これまでに取り扱えていなかった商材の見積依頼をいただくことができ、受注までたどりつくことができました。反対にこれはどうせとれないだろう、時間がないから後回しにしようと考えていた時は確かに自分は楽ですが全くお客様からの相談もなく、受注する商品も減っていました。人と人で仕事をする難しさと楽しさを様々な経験を経て学ぶことができたと思います。入社して3年目ですが今後に活かせる大切なことを学ぶことができました。


仕事のやりがい、苦労したこと

苦労したことは知識の面です。ゆっくり覚えていけばいいと上司や先輩の方からは言っていただけましたが、担当を持つようになるとその場でのレスポンスが大事だと気付きました。取り扱いの商品が30万点を超える中で自分のお客様がどんな商品を使っているか把握し、相談を受けた際に的確な回答ができなかったことに悔しさを感じました。今難しいと感じているのは大きな案件をいただいた時の対応です。客先でこれまでにはお会いしなかった管理職の方や、時には専務、社長様を相手に商談をする機会で相手の求めている回答ができないことがあり、経験の少なさから難しさを感じています。また大型の案件になると様々なメーカーと納期確認や仕様についての相談、お客様のアポイントを取らなければならないことが多くあり、そのどこでミスをしてもいけないという緊張感を感じています。1つの案件で数か月かかることもあります、やってきたことが実らないことの方が多いですが、話し合いの末受注をいただけたときはやったぞと嬉しくなりますし、そこが営業のやりがいの1つとして感じています。


会社の雰囲気

私は現在非常にのびのびと仕事をさせていただいています。上司や先輩方からこういう風にやれ、これは間違っていると言われることは無く、いい意味で型にはまらないオリジナルの営業活動ができています。仮にミスが起こった際には次どうすればよいのかを共に考えてもらえますし、自分はこうした、こういうときはこうするといいと言ったアドバイスをいただけます。行動する前に考える事は当然ですが、きちんとした対応をした上でのミスであれば怒られたりすることは無く、経験の少ない私でも失敗を恐れることなく挑戦することができています。
私たちのスローガンに「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」というものがあります。
やってだめでも改善しできるまでやればいいというトライ&エラー、PDCAサイクルの考えが自然にできているのではないかと感じます。事務所の中で笑いが起きることもありますし、上司、先輩方と笑いながら話すことも多々あります、今難しい問題になっているハラスメント等は感じたこともなく、人間関係はどこにも負けないくらい良い職場だと感じています。


学生へのメッセージ

自分の納得のいく就職活動をしてほしいと思います。自分の中に軸をもってそれをぶらすことのないように活動することが大事だと思います。良い企業と自分に合ってる企業は違うはずです。友達があそこに行くから自分もではなく私に合ってると思う企業はこっちだと思うからここを受けるという強い気持ちがあれば履歴書や企業研究なんて全く苦になりませんし、全力で力を注げると思います。入社後のギャップをなくすためにも時間があればいろんな企業を調べて、足を使って見にいってほしいと思います。聞いていた話と実際の社内の雰囲気に差があるかもしれません、ここで働きたいと思える会社に出会うために良い時間の過ごし方をしてほしいと思います。もしかするとこれから何十年と勤めることになる会社かもしれません。そんな大事な選択をするのに時間を、労力を惜しむのはもったいない事です。悔いの残らないように自分が好きな会社を見つけ、楽しいと思える就職活動にしてほしいと思います。


トップへ