最終更新日:2021/3/31

エイコー技研(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 建設コンサルタント

基本情報

本社
北海道
資本金
500万円
売上高
3億5,000万円[2019(令和元)年度]
従業員
25名
募集人数
1~5名

大通駅、西11丁目駅が最寄の土木設計コンサル会社。確固たる技術力を武器に総合的に社会基盤整備に貢献しております!

応募書類・会社訪問受付中です!! (2021/03/01更新)

この度は、弊社にご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

現在、応募書類・会社訪問の受付を行っています。

会社訪問を希望される方は、説明会/セミナー画面よりご予約をお願いします。

採用試験の応募は、マイナビからエントリー後、必要書類の送付をお願いします。
「写真付き履歴書」・「卒業見込証明書」・「成績証明書」
※準備できる書類からお送りいただいても結構です。

沢山の方とお会い出来る事を社員一同楽しみにしております!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
砂防、急傾斜地崩壊対策、河川構造物といった事業の調査・計画・設計などをしています。技術者としてプライドを持ち、防災やインフラの長寿命化に貢献しています。
PHOTO
入社後はジョブローテーションもあり適性に合った部署に配属になります。20代の若手の技術者も働いていて、困ったときに相談のしやすい職場環境です。

砂防や河川のスペシャリスト集団。防災や災害復旧にも携わっています。

PHOTO

毎年社員に手打ちそばを振る舞っているという佐藤社長(中央)。「真摯な姿勢で仕事に向き合い、指示待ちではなく自分から考える技術者をめざしてください」。

当社は砂防事業のコンサルティングから始まり、急傾斜地崩壊対策事業、そして河川事業と業務範囲を広げてきました。現在は北海道庁をメインに、道内市町村から調査・計画・設計といった業務を受注しています。砂防事業では、土砂や土石流の流出を防ぐ砂防えん堤や流路工を設計しています。土砂災害はどこでも起きる可能性があり、道内全域が対象です。山の奥深くに入って調査・測量することも多く、現場ではドローンも積極的に使っています。災害復旧にも携わっていて、2018年の胆振東部地震のときは発生翌日に現地に入り被害状況などを調査しました。一方、近年は河川関連の事業も増えていて、老朽化した構造物の改修や改築の計画・設計をしています。

仕事の流れとしては、発注者との打ち合わせ、現地調査、測量、資料調査などを経て、報告書や図面といった成果品を仕上げます。自分が書いた設計図が形に残ることがコンサルタントの醍醐味です。技術力や提案力のほかにも発注側の担当者や職場の同僚など人との意思疎通も大切になりますね。

このような当社では数年前から新卒採用に取り組んでいて、20代の生え抜き社員が3人活躍しています。入社4年目の社員はすでに担当業務を持っていて、どんな仕事にもコツコツ取り組んでいます。入社2年目の社員2人は先輩のアシスタントをしながら、ひとり立ちをめざして勉強中です。技術の継承と社内の活性化のためにも、人材の採用と育成に力を入れていきたいと思っています。

さて、土木工学系の方にとっては、コンサルタント、ゼネコン、公務員が主な就職先の候補になるのではないでしょうか。その中でコンサルタントは工事の前段階の調査や計画から関わっていて、事業全体を知ることができます。現地調査で出張もありますが、月曜日から金曜日までの出張が数週間から長くて1カ月程度で、現場中心の生活が何年も続くことはありません。異動や転勤もなく、同じ場所で落ち着いて働けるのもコンサルタントの魅力だと思います。「現場で体を動かす仕事が好き」という方もいれば、「緻密な作業が好き」という方もいるでしょう。得意な分野や向いている働き方があると思うので、いろいろな人の意見も聞いて自分に合った進路を決めてください。

(取締役社長・佐藤義広)

会社データ

プロフィール

当社は、北海道庁(建設部)が実施する公共事業のうち、「河川・砂防・ 急傾斜地等の防災事業及び道路事業」に関する業務を受注し成果品を取りまとめる建設コンサルタントであり、技術力を駆使して計画・調査から設計、施工管理に至る総合的な分野で社会基盤整備に貢献しております。

事業内容
土木設計コンサルタント業
(河川・砂防・急傾斜地等の防災事業及び道路事業に関する計画、調査、設計)
本社郵便番号 060-0063
本社所在地 札幌市中央区南3条西9丁目998-17
本社電話番号 011-281-4555
設立 1987(昭和62)年5月1日
資本金 500万円
従業員 25名
売上高 3億5,000万円[2019(令和元)年度]

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 25時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒060-0063
札幌市中央区南3条西9丁目998番地17 エイコービル
エイコー技研(株) 採用担当
TEL:011-281-4555
URL http://eikoh-net.com/
交通機関 札幌市交通局(札幌市電)一条線「西8丁目停留場」下車徒歩4分
札幌市営地下鉄「西11丁目駅」下車徒歩6分
札幌市営地下鉄「大通駅」下車徒歩13分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp211408/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
エイコー技研(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

トップへ