最終更新日:2021/7/30

(株)旭ダンケ

  • 正社員

業種

  • 建材・エクステリア
  • 建設

基本情報

本社
北海道
資本金
1億円(令和3年1月現在)
売上高
143億円(令和3年3月期)
従業員
462名(令和3年7月現在 臨時工180名含む)
募集人数
若干名

★ 奨学金返済支援制度有り ! 地域未来牽引企業(経済産業省)に選定

  • 積極的に受付中

WEB説明会予約受付中 (2021/07/21更新)

PHOTO

皆さん、こんにちは。
旭ダンケ採用担当の森です。

◆ 8月開催のWEB説明会 ◆

8月開催のWEB説明会の日程が決まりました。
下記日程での開催になりますので、ご興味のある方は、マイナビ説明会予約からエントリーをお願いします。

開催日時:8月 5日(木)13:30~15:00
     8月25日(水)13:30~15:00
         
なお、参加人数は1開催当たり5人までとなっております。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

◆ WEB説明会予約受付中 ◆

WEB説明会の予約を受け付けています。
当社にご興味のある方は、マイナビ説明会予約からエントリーをお願いします。

開催日時:セミナー画面をご確認ください。
     ※日程調整もいたしますので、お気軽にお申し込みください。
     
なお、参加人数は1開催当たり5人までとなっております。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。


◆ 地域未来牽引企業 ◆

旭ダンケは、平成29年12月22日に経済産業省より【地域未来牽引企業】に選定されました。
地域未来牽引企業は、全国420万を超える企業の内、地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの要を担っており、地域経済牽引事業の中心的な担い手候補である2,148社(北海道内は62社)が選ばれています。
一緒に地域社会へ貢献できる仕事をしませんか?

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
2019年7月7日(日)7:30~放送のTBSテレビ「がっちりマンデー!!」で、旭ダンケの即時脱型製法「バイコン製法」が取り上げられました。
PHOTO
東日本大震災以来の電力不足や地球温暖化対策に貢献すべく、北海道内にメガソーラー発電所を3基建設し、年間3,129tの二酸化炭素を削減しています。

奨学金返済支援制度有り ~ 地域経済牽引事業の担い手候補となる中核企業

PHOTO

「地域未来牽引企業」は、様々な実績が地域経済へ大きく影響し、バリューチェーンの中心的な担い手である企業の証です。

■ コンクリートは人を守る ~ 社会基盤整備に欠かせない製品を製造

当社は、関連会社11社と共に土木・建築用コンクリート製品の製造・販売から輸送、長寿命化を目的とした調査・診断・補修までを行うコンクリート総合メーカーです。
当社が製造したコンクリート製品は、多くの方々の生活を支える社会基盤(高層ビル・道路・橋梁・農業用水路・河川等)整備を支えています。
近年は、2011年に発生した東日本大震災で、津波で被災した各地域で鉄筋コンクリート造の建物だけが残っていたことで、「コンクリートは人を守る」ことが認知され、コンクリートの必要性が改めて見直されました。
さらに、東日本大震災後にPC工法(工場で製造されたコンクリート製品を使用)で建設された『復興住宅』の約8割に工期短縮・高耐久化を目的として当社で製造したコンクリート床板やコンクリートバルコニーが納入されました。
また関連会社では「東京スカイツリー」 や 「東京ソラマチ」、「札幌ドーム」にもコンクリート製品を納入しています。

■ 奨学金返済支援制度
近年、奨学金の返済が大きな社会問題となっています。
奨学金制度を利用する学生が増加する中、多くの利用者が就職後の返済に大きな経済的負担を感じている現実があります。
旭ダンケでは、奨学金制度を利用し返済を抱える社員に対し、会社が負担し手当として支給する『奨学金返済支援手当』を導入しています。
当社は、経済的側面からも社員の生活を支え、安心して働けるよう配慮していきたいと考えています。

■ 『地域未来牽引企業』(経済産業省)に選定

現在までの企業活動が評価され、平成29年12月に経済産業省より地域経済牽引事業の担い手の候補となる地域の中核企業『地域未来牽引企業』に選定されました。
『地域未来牽引企業』は、地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの要を担っており、地域経済牽引事業の中心的な担い手候補である全国の企業2,148社(北海道内は62社)が選ばれています。
『地域未来牽引企業』の名に恥じぬよう、今後もより一層地域社会に貢献すべく取り組んでいきます。

会社データ

プロフィール

1931年の創業以来、90年余りにわたり北海道の開発、街づくりおよびインフラ整備等における土木コンクリート製品全般のメーカーとして、さらには建築用コンクリート製品などを含む多種多様なニーズに応えるべく、コンクリート製品総合メーカーとして品質向上の管理・研究を積み重ねてきました。

平成29年にはこれまでの企業活動が評価され、経済産業省より『地域未来牽引企業』に選定され、地域経済牽引事業の中心的な担い手候補とされました。

近年は不安定な世界情勢に加え、予測不能な天変地異のため生活基盤が脅かされることも頻繁に発生しています。
今、コンクリート業界に強く求められているものは、既に構築されたインフラ整備の安全基準の見直しに伴い、安心・安全を重視した高品質な製品を迅速に供給するという対応です。
こうした状況の中で当社は、信頼される土木・建築用コンクリート製品の総合メーカーとして(北海道・東日本を拠点に)社会に貢献し、新しい時代の情勢に的確に対応していきたいと考えています。

事業内容
◆ コンクリート製品の製造販売
◆ 土木・建築資材の販売
◆ 土木・建築に関する工事の請負業務
◆ 建築物の設計並びに工事管理業務
◆ 宅地建物取引業
◆ 土地・建物の売買・賃貸借及び管理
◆ 石油製品の販売
◆ 自動車用品及び部品の販売
◆ 各種暖房機器の販売
◆ 発電事業及びその管理・運営並びに売電に関する事業

PHOTO

関連会社では、社会基盤の道路や下水道、河川・高層ビルなどに必要不可欠なコンクリート製品を製造し、さらに長寿命化を目的とした調査・診断・補修も行っています。

本社郵便番号 071-8113
本社所在地 北海道旭川市東鷹栖東3条4丁目2163番地
本社電話番号 0166-57-2011
創業 1931年(昭和6年)
設立 1953年(昭和28年)7月
資本金 1億円(令和3年1月現在)
従業員 462名(令和3年7月現在 臨時工180名含む)
売上高 143億円(令和3年3月期)
事業所 ◆ 本   社:旭川市東鷹栖東3条4丁目2163番地

◆ 支   店
 ● 旭 川:旭川市東鷹栖東3条4丁目2163番地
 ● 札 幌:札幌市豊平区月寒中央通1丁目2-14
 ● 道 東:網走郡美幌町野崎65番地
 ● 東 京:東京都港区高輪2丁目16-3 ダンケ高輪ビル

◆ 営 業 所
 ● 苫小牧:苫小牧市字勇払263番地の2
 ● 函 館:函館市美原3丁目6番16号 近江ビル2F
 ● 紋 別:紋別市渚滑町川向100番地
 ● 帯 広:中川郡幕別町札内桜町39番地1
 ● 弟子屈:川上郡弟子屈町南弟子屈

◆ 工   場
 ● 東鷹栖 :旭川市東鷹栖東3条4丁目2163番地
 ● 愛 別 :上川郡愛別町字金富51番地
 ● 士 別 :士別市南町東4区473番地34
 ● 札 幌 :石狩市新港中央2丁目759番地
 ● 米 里 :札幌市白石区東米里2118番地
 ● 岩見沢 :岩見沢市栗沢町最上489番地1
 ● 苫小牧 :苫小牧市字勇払263番地の2
 ● 美 幌 :網走郡美幌町野崎65番地
 ● 紋 別 :紋別市渚滑町川向100番地
 ● 帯広第一:中川郡幕別町札内桜町39番地1
 ● 帯広第二:中川郡幕別町緑町16番地
 ● 板 倉 :群馬県邑楽郡板倉町板倉2970番地
 ● つくば :茨城県つくば市上郷4200番地

◆ エネルギー事業部:旭川市東鷹栖東3条3丁目1927番地
その他の関連会社 ■ 旭勇産業(株)
■ 北海アサノロックラー(株)
■ (株)ニューアクシス
■ 北進運輸(株)
■ 道瑛コンクリート工業(株)
■ 錦工業(株)
■ (株)三晄プレコンシステム
■ (株)ダンケジャパン
■ (株)原工業
■ (株)シグマ工業
■ (株)ゼロワン
海外研修・永年勤続表彰 勤続10年を超える社員は、海外研修旅行に行くことができます。
また、勤続10年・20年・30年・40年の節目に永年勤続表彰があり、記念品が贈呈されます。
沿革
  • 昭和 6年
    • 初代社長 山下 勇 個人経営にて上川郡東神楽町に山下コンクリート工業所を創業。
      昭和37年4月 旭川市東鷹栖町に工場を新設。
  • 昭和28年
    • 7月 法人に組織替えし、旭ヒューム管工業(株)を設立、資本金500万円を以って旭川市永山町に工場を新設。
  • 昭和37年
    • 4月 旭川市東鷹栖町に工場を新設。
  • 昭和44年
    • 4月 紋別市渚滑町に工場を新設。紋別営業所開設。
  • 昭和46年
    • 4月 同系会社、旭勇産業(株)設立。帯広営業所開設。
  • 昭和54年
    • 6月 石狩市に札幌工場を新設。
  • 昭和55年
    • 4月 札幌市に札幌営業所を開設。
  • 昭和57年
    • 5月 美幌町に工場新設。
  • 昭和59年
    • 4月 網走営業所(美幌町)を開設。
  • 昭和62年
    • 4月 網走営業所を道東支店に昇格。
  • 平成3年
    • 4月 系列会社2社、ダンケ工業、福屋コンクリートと合併、社名を(株)旭ダンケとする。
      4月 旭川支店を設置する。
  • 平成4年
    • 10月 オーストラルブリック社と国内総代理店契約を締結し、オーストラリアレンガの販売を開始する。
      10月 北海道知事より宅地建物取引業の許可を受ける。
  • 平成6年
    • 2月 日本証券業協会に店頭登録。
      4月 仙台営業所を開設。
  • 平成7年
    • 2月 東京営業所を開設。
      12月 米里工場を新設。
  • 平成13年
    • 2月 群馬県邑楽郡板倉町に工場新設。
  • 平成14年
    • 2月 建設用軽量フルプレキャスト床板(ユニスラブ)が、財団法人日本建築センターの一般評定取得および耐火認定を取得。
  • 平成15年
    • 7月 東京営業所が支店に昇格。
  • 平成16年
    • 6月 東京支店内に一級建築士事務所を開設。
      12月 日本証券業協会への店頭登録を取り消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
  • 平成19年
    • 3月 MBO実施により非上場化。
  • 平成20年
    • 4月 函館営業所を開設。北海道ロックラーパイプ(株)の株式を取得して傘下とする。
      10月 苫小牧営業所を開設。
  • 平成21年
    • 4月 北海アサノコンクリート(株)の新設分割会社の株式を取得して傘下とする。
      4月 旭勇産業(株)の油脂部門を事業譲渡により譲り受け、オイル事業部を新設。
  • 平成24年
    • 1月 茨城県つくば市に工場新設。
  • 平成26年
    • 3月 苫小牧太陽光発電所を竣工。太陽光発電事業を開始。
      4月 錦工業(株)の新設分割会社の株式を取得して傘下とする。
  • 平成27年
    • 2月 (株)三晄プレコンシステムの株式を取得して傘下とする。
      3月 永山太陽光発電所を竣工。
  • 平成29年
    • 4月 岩見沢市栗沢町に工場を新設。
      12月 経済産業省より『地域未来牽引企業』に選定

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14.8日
    2018年度

取材情報

完成から何十年も残り、人々の生活・産業を支えるコンクリート製品を扱う責任と誇り
コンクリートへの興味から出会った道内のリーディングカンパニー
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒071-8113
北海道旭川市東鷹栖東3条4丁目2163番地
TEL:0166-57-2011
採用担当:総務部 森 宗敬(もり むねたか)
URL https://www.asahidanke.co.jp/
E-mail ad-recruit○asahidanke.co.jp

※メールアドレス内の「○」は「@」に置き換えて下さい。
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp211461/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)旭ダンケと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)旭ダンケを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ