最終更新日:2021/7/23

セントライ青果(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
愛知県
資本金
2億7,500万円
売上高
886億円(2021年3月実績)
従業員
284名(2021年4月現在 正社員)
募集人数
6~10名

青果物取扱高886億円!中部地区No.1!全国No.3!名古屋市民230万人の食生活を支えています!

会社説明会&市場見学 新型コロナウイルスへの対応については伝言板をご確認ください (2021/03/08更新)

PHOTO

こんにちは!!セントライ青果(株)です!当社のページにお越しいただきありがとうございます!安心・安全な青果物を日々みなさまにお届けします!

◆◇会社説明会&市場見学◇◆

::::::::::::::::::::

【新型コロナウイルスへの対応について】

 ・各日、参加定員を6名までとさせていただきます。
 ・受付にてアルコール消毒の実施、マスクの着用をお願いしております。
  
::::::::::::::::::::

会社紹介記事

PHOTO
IT活用など、時代に対応しながら品質の高い食品を安定的に供給することで、人々の食文化と健康で豊かな生活の実現に貢献する企業を目指します。
PHOTO
セントライ青果では、「食の安心・安全」を追求するのと同様に、社員一人ひとりにとっての仕事に対する満足度、働きやすさを追求し続けることも重要な課題と考えています!

情報社会に対応しながら、名古屋市民230万人の食生活を支えていきます!

PHOTO

「当社では、自ら手を上げて意見を出す人や行動的な人は大歓迎!食に関心がある人、自分のアイデアで仕事を動かしたい人との出会いを楽しみにしています」と小坂社長。

私たちセントライ青果は、2016年10月に名古屋市中央卸売市場北部市場の青果部で荷受・卸売業務をしていた2つの青果卸売会社が合併して誕生しました。社名のセントライは、『1000+Try』から名付けられたものです。「取扱高1,000億円到達を」との思いが込められています。
2020年4月には、名古屋市中央卸売市場本場で荷受・卸売業務を行う丸協青果と合併。これにより、青果卸取扱高は中部地区No.1の865億円となりました! 全国でも第3位です。(農経新聞調べ 2019年度・全国中央卸売市場青果卸取扱高速報より)

当社の果たすべき役割は、国内外の産地から野菜や果物を集めて、卸売市場で仲卸業者、スーパーなどの量販店、小売店、加工業者などに販売することです。売り手(生産者)と買い手(仲卸業者など)との間の“調整役”としての交渉が仕事の中心。青果物に適正価格を付けることで、健全な市場環境を創造していきます。

当社の営業職は“ただ売るだけ”ではありません。
野菜・果実とも、それぞれ自分の担当する品目の“プロ”として、生育状況を知るために全国各地の生産現場と絆を結び、生産者との対話を深めます。その際に、小売の最前線でとらえた消費者ニーズを生産者に伝え、今後の生産戦略をともに考えたりもします。バナナなど海外産品では、国境を越えての交流も進めています。数多くの“人との出会い”がある仕事であり、青果物の流通の全体像を深く知る中で、自分自身の確かな成長を実感できます。
また、売り手・買い手の双方から「○○さん、頼むよ!」と依頼を受けることが多く、任される分だけ自身の判断や裁量でまわせる範囲が広いことも、仕事の魅力です。

新たな提案活動に向けてIT活用なども積極的に推進していますが、それは、社員の働きやすさも考えてのことです。時代に対応し、会社として成長し続けるには、若い人の発想とパワーが不可欠。日本の食の安心・安全・おいしさ・多様性の支え手となることにやりがいを感じながら、情報を活用して効率よく働いてほしいと願っています。イキイキと仕事に取り組み、オン・オフとも充実した日々を、ここから共に創っていきましょう!
【代表取締役社長 小坂 芳則】

会社データ

プロフィール

 当社は古くは17世紀から始まる枇杷島市場以来の青果問屋業を基に発展し、現在では名古屋市中央卸売市場内の卸売業者として中部地区1位、全国3位の取扱高を誇り、確固たる評価を得ております。2020年4月には、さらなる市場拡大のため丸協青果と合併いたしました。永年の歴史の変遷の中でも時代の流れを掴み青果問屋業を維持発展させてきた当社の知恵と力を結集することにより新たな時代の食品流通グループとして、品質の高い食品を安定的に供給することで、消費者ニーズを的確に捉えながら、人々の食文化と健康で豊かな生活の実現に貢献する企業を目指します。
 近年、国内青果物の生産量は農業従事者の減少とともに大きく減少し、また食品流通の変化や、食の多様化により青果卸売会社の担う役割も近年大きく変化してまいりました。
 中部地区に拠点を置く卸売会社として、当地区の皆様への安心で安全な青果物の安定供給は私どもの社会的使命です。これからも全国・世界各地の生産者が大切に育てた大地の恵みを集め、中部圏の消費者の皆様にお届けすることでより豊かな食生活を送っていただけるよう、充実した未来市場を目指してチャレンジします。
 また、過度な成果主義に陥らず社員全員が安心して働ける職場作りを志向している当社の考え方に共感し、柔軟な発想とエネルギーを持つ意欲ある人材を求めています。そして来るべき新しい時代に向って新たなる飛躍と繁栄を共に目指していきたいと考えています。

事業内容
 当社は、国内外の生産者から様々な出荷団体(JA・出荷組合・産地業者・商社など)を通じて、名古屋市中央卸売市場北部市場及び本場に出荷された野菜・果物・加工食品をせり売りや相対売りで仲卸業者・売買参加者・専門小売店に販売する卸売り会社です。
 青果物の安定供給・公正な価格での販売という社会的使命をおび、生産者と消費者を結ぶ物流の重要な拠点です。
本社郵便番号 480-0281
本社所在地 愛知県西春日井郡豊山町豊場八反107番地
名古屋市中央卸売市場北部市場 青果棟3階
本社電話番号 052-903-5000
第二本社郵便番号 456-0072
第二本社所在地 名古屋市熱田区川並町2番22号
名古屋市中央卸売市場本場 中央管理棟本館7階
第二本社電話番号 052-682-3540
創業 1954年
資本金 2億7,500万円
従業員 284名(2021年4月現在 正社員)
売上高 886億円(2021年3月実績)
関連会社 中部グローバル青果(株)
(株)シンナゴヤトレード
名果商事(株)
ナゴヤ通商(株)
(株)セントラルフーズ
(株)名北サポート
(株)エム・アール・ティージャパン

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 6.5時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.8日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 6名 7名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2019年度

先輩情報

人とのつながりを大事に
先輩F
名城大学
営業職
果実部担当
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 セントライ青果(株)
管理部 採用担当 田中・竹市・半田・山谷・楠田・加藤
TEL:052-903-5000
URL http://www.centrai.co.jp/
E-mail info@centrai.co.jp
交通機関 本社(名古屋市中央卸売市場北部市場)

【 自動車 】
名古屋高速 小牧方面からは『豊山北出口』
      名古屋方面からは『豊山南出口』
※ 車でお越しの際は、事前にご連絡ください。

【 公共交通機関 】
名鉄犬山線 西春駅下車 ⇒ 名古屋空港行きバスにて『北部市場北口』下車
地下鉄名城線 黒川駅下車 ⇒ 市バス北部市場行き 終点『北部市場』下車


支社(名古屋市中央卸売市場本場)

【 自動車 】
名古屋高速 六番町インターより北北東へ1.5km 
     (降り口が対向車線のため、すぐにUターン)
※ 車でお越しの際は、事前にご連絡ください。

【 公共交通機関 】
地下鉄名港線 日比野駅下車 4番出口より北へ 徒歩5分
名鉄名古屋本線・JR東海道本線 金山駅下車 南口より 徒歩15分
市 バ ス  栄22「中央卸売市場前」停車場下車すぐ
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp214097/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
セントライ青果(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
セントライ青果(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ