最終更新日:2021/5/28

ヤンマーヘリ&アグリ(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • サービス(その他)

基本情報

本社
大阪府
資本金
5,000万円
売上高
34億9,000万円(2020年3月実績)
従業員
70名(2020年4月現在)
募集人数
1~5名

無人ヘリとドローンで、農業の未来を切り開く[ヤンマーグループ]

新卒採用を開始します!会社説明会の予約受付中です! (2021/02/15更新)

PHOTO

「無人ヘリ」、「ドローン」に興味がある学生のみなさん
弊社が取組む事業で農業を効率的に変えることができます!
一度、大阪梅田での弊社の会社説明会にお越しいただき
是非その世界に触れてみてください。
エントリーお待ちしております!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
ヤンマーグループの高い技術で、産業用無人ヘリやドローンを駆使し、新しい農業の発展をサポートするのがヤンマーヘリ&アグリ(株)の使命です。
PHOTO
急速に拡大を続けるドローン市場。無人ヘリと組み合わせることで、従来よりも幅広いご提案が可能となりました。

空から日本の農業を応援したい!

PHOTO

ヤンマーグループ会社が集まる梅田ゲートタワー。当社もヤンマーグループの一員として、農業の発展をサポートしています。

農業の世界は、機械化・IT化によって大きな変化の時を迎えています。

これまでどうしても“きつい!つらい!”といったイメージを持たれがちな農業ですが、ヤンマーグループはフェラーリや新幹線などのデザイナーとして知られているケン・オクヤマ氏を迎え、トラクターやコンバインなどの自社製品のデザインを一新。まずデザインで視覚的に変革を起こしました。静音設計の洗練されたマシンに乗り、音楽を楽しみながら冷暖房完備された中で農業ができる環境を生み出したのです。

ヤンマーヘリ&アグリ(株)では、産業用無人ヘリやドローンによって、空から農業における重労働の削減、コスト削減、効率化をサポートしています。その一つが、無人ヘリを使った害虫駆除を行う“農薬散布による防除”です。稲作において重労働であった防除を無人ヘリで行うことで、短時間で広範囲に行えるようにしました。また、無人ヘリご購入のお客様には防除請負の仕事を依頼。当社が「ヤンマー防除ネットワーク」の管制塔を務め、ヘリご購入のお客様にビジネスパートナーとして全国の無人ヘリによる防除の普及に協力してもらっています。つまり当社は無人ヘリの販売という商社としての側面をもちながら、その整備修理、免許教習、防除請負などのサービスも一環して行っているのです。

そして新たにヤンマーグループとして、ドローンを使用した農業リモートセンシング事業がスタートしました。これはドローンに高性能カメラを搭載して稲を撮影し、そのデータ解析を行って一つの田んぼの中でも実り方に差異があることを視覚化できるようにしたもの。かつては農家の方の勘を頼りにしていたものを、データ解析によって必要な箇所だけ追肥や水はけなど適切な問題解決を具体的にご提案できるようになります。しかも、グループ全体で土壌医の資格保持者が約1,300人いるので、データ提供だけでなく土壌改善の様々なご提案ができるのもヤンマーグループの強みです。

現在、農業は高齢化が進み、新たに農業に参画される方より離農者が増え、日本の主食であるお米の需給率は年々低下傾向にあります。そんな主食を新たな視点と技術で支える事業として、「空から日本の農業を応援したい」という当社の想いに共感していただける方のエントリーをお待ちしています。
 代表取締役社長 長田 真陽

会社データ

プロフィール

当社はヤンマーグループで主に農薬散布に用いられる産業用無人ヘリコプターの販売及び運用を行う会社として約20年前に設立された会社です。
(ヤンマーアグリ(株)100%出資の子会社)
日本の農業を取り巻く環境が厳しさを増していく中、私たちは、一昨年から本格的に農薬散布用ドローンの取扱を開始しました。
農薬散布用ドローンではこれまで取扱のあった無人ヘリと比較して、軽量コンパクトで機動性に優れ、騒音も少ないことから、狭小な中山間地や住宅地近郊でも精密な農薬散布が期待できます。対して無人ヘリでは飛行時間が長く積載能力が高いので大規模な田畑で効率良く農薬を散布することができます。この無人ヘリとドローンの両者を組み合わせることで、これまでよりもお客様のご要望に沿った幅広い提案が可能になりました。
また、グループ会社として設立されたファームアイ(株)と協力して、リモートセンシングの技術を利用して米栽培の最適化を目指す新たな挑戦を始めました。これはドローンで上空から稲の生育状況を把握・分析し、その結果をもとに無人ヘリでエリアごとに最適な量の肥料を追加で撒き、稲をベストな状態にしようという取り組みです。また将来的には米以外の作物や病害虫の発生管理にも対象を拡大していく予定です。
ドローンを始めとするICT技術によって、日本の農業を元気にすることを目指しています。

事業内容
・産業用無人ヘリコプターの販売及び運用
・産業用マルチローター(ドローン)の販売及び運用
・整備・定期点検業務
・請負防除(農薬散布)業務
・ヤンマースカイスクールの運営(オペレーターの養成)
・ドローンによるリモートセンシング空撮請負および
 得られたデータに基づくマップ連動可変施肥業務
本社郵便番号 530-0014
本社所在地 大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー
本社電話番号 06-6376-6394
設立 1996年(平成8年)4月19日
資本金 5,000万円
従業員 70名(2020年4月現在)
売上高 34億9,000万円(2020年3月実績)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 24時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.0日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 2名 2名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 0名 0名
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 ヤンマーヘリ&アグリ(株)
〒530-0014
大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー
TEL:06-6376-6394/企画管理部採用係
E-mail yha_saiyo@yanmar.com
交通機関 阪急電鉄「大阪梅田」駅 徒歩5分
JR「大阪」駅 徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp214580/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ヤンマーヘリ&アグリ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】ヤンマーグループ

トップへ