最終更新日:2021/7/30

タムラグループ【(株)タムラ製作所・(株)光波】[グループ募集]

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • 機械
  • 自動車・自動車部品

基本情報

本社
東京都
資本金
118億2,900万円(タムラ製作所)4億8,000万円(光波)※2021年3月期
売上高
739億600万円(グループ連結) ※2021年3月期 
従業員
4,753名(グループ連結) 897名(タムラ製作所) 125名(光波) ※2020年3月期
募集人数
26~30名

~創業100周年に向けて~ 独自技術を広範囲に展開するオンリーワンカンパニー

エントリーをお待ちしています。 (2021/07/30更新)

PHOTO

タムラグループ 新卒採用担当です。
この度は当社にご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。

エントリー頂いた方々に、採用マイページURL、選考情報をご案内しますので、ぜひマイナビ2022よりエントリーください。

≪会社説明会≫
現在、会社説明会の予定はございません。
開催時にエントリー頂いた方へご連絡させて頂きますので、
まずはエントリー頂き、お待ち頂けますと幸いです。

≪選考方法≫
オンライン面接を実施します。

皆様からのご応募を心よりお待ちしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
創業当時の本社社屋の様子。当時は東京都新宿区で「タムララヂオ商会」という社名で創業。
PHOTO
自動車の電動化で将来の成長が期待される昇圧リアクタの量産に向けて、若柳タムラ製作所の建て替えを行いました。

タムラ製作所ものづくりストーリー

PHOTO

昭和初期に開発していた電気蓄音機。タムラ製作所のメーカーとしての歴史はここからスタートしました。その後、事業は電子部品や化学材料へと発展していきました。

現在では、部品からシステム・装置までを扱うタムラ製作所ですが、
その歴史は意外にも町のラヂオ商店からはじまりました。

きっかけは1923(大正12)年、創業者である田村得松が機械技師として
立ち会いをした ラヂオの試験放送でした。

若い頃から、米国の機械文明や技術の発展ぶりに大変興味を持ち、
自らもその技術を学ぶべく単身渡米した経験のある得松だけに、
放送実験を間近に見て「これからはラヂオの時代がくる!」と直感。
仕事のかたわら、独学でラヂオの研究を始め、研究に研究を重ね、
とうとう二球再生式真空管受信機を作り上げました。

そしてついに、日本放送協会(NHK)がラヂオの本放送を開始する1年前の
1924(大正13)年、 当社の前身「田村ラヂオ商会」の創業へ至ったのです。

得松の製造するラヂオ受信機はその性能の良さで評判を呼び、
販路は東京中に広がりました。
また開店当初は既にラヂオ放送が開始されていた欧米のラヂオを
店頭に並べており、 最先端の機器を扱うユニークな店として知られ、
有名人も含めいろいろな人が訪れました。

こうして、独自の視点でものづくりの道を歩んできた田村得松の
「優秀な製品を通して社会に貢献する」精神は創業96年を迎えた今日も
受け継がれ、 タムラ製作所だからできる技術・製品開発に日々力を注いでいます。

会社データ

プロフィール

【幅広い事業を展開しています!】
タムラ製作所…一見すると「電子部品メーカー」と思われた方も多いのではないでしょうか?たしかに売上構成が一番大きい製品はトランスやコイル、リアクタをはじめとする電子部品です。
しかしそれ以外にも、ソルダーペースト(はんだ付け材料)やソルダーレジスト(絶縁材)などの電子化学材料、
はんだ付け装置、放送用音声機器などのセット・システム製品まで取り扱っています。幅広くものづくりに取り組んでいるのがタムラ製作所の魅力であり、なおかつ技術的優位を活かしてそれぞれの製品領域でトップクラスのシェアを誇っているのが我々の強みです。

【タムラ製作所の製品の強みは環境への対応力です!】
私たちの創り出す製品は、部品や素材といった表に出てこないものがほとんどです。しかしながら、搭載機器の省エネ・省資源につながり、社会的課題の解決に資するタムラ製作所の製品を「プレミア環境貢献製品」と認定し、タムラ製作所の製品を通じて国際連合の掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献することを目指しています。優秀な製品で、地球環境と社会に貢献すること。それこそがまさに、タムラ製作所のものづくりの醍醐味といえるでしょう。

【伝統と革新をミックスした社風です!】
1924年に創業し、間もなく100周年を向かえる会社と聞くと、素直に「歴史のある会社」と思う人や、中には「旧態依然とした会社かも…」と思う人もいるかもしれません。創業時はラジオの輸入業からスタートしましたが、そこから製造や販売も展開、現在では数多くの部品、材料、装置を取り扱っています。経営理念や企業文化を大切にしながらも常に変化を恐れない風土があるからこそ、今日の、そして未来のタムラ製作所があるのです。

事業内容
【(株)タムラ製作所】

■電子部品
 トランス、リアクタ、電源モジュール、磁性材料等の開発・製造・販売を行っています。
 タムラのトランスやリアクタは、市場拡大が期待される環境対応車や再生可能エネルギー、産業機器等をはじめ、エアコンなどの家電製品から、航空機やロケットにも用いられ、多くの実績を残しています。コアとなる磁性材料の開発から巻き線までトータルに扱うことで、お客様に最適な製品をお届けできるのがタムラの強みです。

■電子化学材料・はんだ付装置
 各種電気製品や車載用に使用されるソルダーペースト、スマートフォンやタブレット型情報端末に使用されるソルダーレジストなど、用途に応じて創造的かつ高品位の電子化学材料を扱っています。
 また、プリント配線板の高密度化、高性能化に対応し、表面実装用のはんだ付装置(リフロー装置)の開発を行っており、自動車の電装化の進展に伴う車載用プリント基板の需要増や、「インダストリー4.0」に代表されるスマートファクトリーの進展を背景に求められる省電力・省資源を実現する優れた環境性能を武器に、実装ラインの効率化を実現させます。

■情報機器関連
 放送用音声調整卓(ミキサー)、業務用無線機器、通信ネットワーク機器やセキュリティ関連機器を扱っています。音声調整卓やワイヤレスインターカムは大手TV局に、ワイヤレスマイクロホンシステムは鉄道会社やホテル・大学などへ提供しています。

【(株)光波】

■LED事業
 LED関連製品を、自動販売機向けをはじめ、鉄道インフラ、農業用など幅広く提供しており、特に飲料用自動販売機の商品選択ボタンは国内トップシェアを誇ります。(当社調べ)
 節電効果や、高輝度、長寿命などの多彩な魅力がお客様から評価され、様々なシーンで使用されています。

■センシング事業
 自動販売機向け製品で培ったセンシング技術を基に、医療・介護市場向けに被介護者の体の動きや呼吸の状態を感知できる「見守りシステム」の開発を進めています。
本社郵便番号 178-8511
本社所在地 東京都練馬区東大泉1-19-43(タムラ製作所・光波)
本社電話番号 03-3978-2113(タムラ製作所) 03-3978-2110(光波)
創業 1924年5月11日
設立 1939年11月21日
資本金 118億2,900万円(タムラ製作所)4億8,000万円(光波)※2021年3月期
従業員 4,753名(グループ連結)
897名(タムラ製作所)
125名(光波)
※2020年3月期
売上高 739億600万円(グループ連結)
※2021年3月期 
業績 連結経常利益:23億8,400万円
※2021年3月期
平均年齢 43.4歳(19年度)
平均勤続年数 16.3年(19年度)
募集会社一覧 (株)タムラ製作所
(株)光波
募集会社1 ■正式社名:(株)タムラ製作所
【本  社】東京都練馬区東大泉1-19-43
【設  立】1939年11月21日
【事業内容】電子部品・電子化学材料・はんだ付実装装置・情報機器の企画・開発・設計・製造・販売
【従業員数】897名
【事業所 】東京本社/東京都練馬区
      坂戸事業所/埼玉県坂戸市
      狭山事業所/埼玉県狭山市
      入間事業所/埼玉県入間市
      児玉工場/埼玉県児玉郡
      営業所/大阪、愛知等
募集会社2 ■正式社名:(株)光波
【本  社】東京都練馬区東大泉1-19-43
【設  立】1985年12月
【事業内容】LEDの応用製品の企画・開発・設計・製造・販売
【従業員数】125名
【事業所 】名古屋営業所/愛知県名古屋市
      大阪営業所/大阪府吹田市
子会社 (株)若柳タムラ製作所
(株)会津タムラ製作所
田村香港有限公司
田村(中国)企業管理有限公司
タムラ・コーポレーション・オブ・アメリカ
タムラシンガポール(株)
アースタムラエレクトロニック(ミャンマー)(株)
タムラ・ヨ-ロッパ・リミテッド 他

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.3年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15.9時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.6日
    2019年度

先輩情報

世界に通用する営業マンを目指し、ステップアップを目指します!
M.S
2011年入社
法政大学 
経済学部 経済学科
電子部品事業本部 営業本部 東日本営業統括部
電子部品(ゲートドライバーモジュール)の拡販
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒178‐8511
東京都練馬区東大泉1-19-43
(株)タムラ製作所 人事総務本部
TEL:03-3978-2113
URL (タムラ製作所)http://www.tamura-ss.co.jp/
(光波)http://www.koha.co.jp/
E-mail recruit@tamura-ss.co.jp
交通機関 西武池袋線「大泉学園駅」下車、徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp215296/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
タムラグループ【(株)タムラ製作所・(株)光波】と業種や本社が同じ企業を探す。
タムラグループ【(株)タムラ製作所・(株)光波】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ