最終更新日:2021/6/30

四国ドック(株)【三井E&Sグループ(旧:三井造船グループ)】

  • 正社員

業種

  • 輸送用機器
  • 機械設計
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)

基本情報

本社
香川県
資本金
3億5,000万円
売上高
128億円(2019年12月期)
従業員
128人(2021年1月現在)
募集人数
1~5名

ばら積貨物船、冷凍貨物船など市場のニーズを捉えた多様な船舶を開発・建造し、お客様に提供しています!

  • My Career Box利用中

3月にオンラインによる会社説明会を実施します! (2021/03/29更新)

この度は当社のページをご覧いただきありがとうございます。

興味をお持ちの方はぜひエントリーを宜しくお願い致します!
エントリー頂いた方に説明会・選考会の詳細をご案内致します。

*多くの学生さんとお会いできることを楽しみにしています*

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
巨大な船舶はブロックと呼ばれる何個ものパーツの組み合わせで作られます。ブロック同士がぴったり合うように誤差を調整しながら手仕事で進められます。
PHOTO
船づくりに関わるのは船の形を作る船殻と内装などを手掛ける艤装に分かれます。船殻は陸上で2カ月、艤装は海上で2カ月。合計4カ月かけて造られています。

課題を発見し、各部署に掛け合って改善していく。製造の根幹である強い現場づくり。

PHOTO

大学時代にインターンシップを利用して会社の雰囲気を感じ取ったという湯浅さん。「働く人たちが親切だったことや仕事が楽しいと思えたので志望しました」。

巨大な船も地道で細かい作業の積み重ねによって出来ています。私が担当している工作部は現場作業員の仕事をいかに効率的にしていくかが使命。現場と設計・資材部門をつなぐパイプ役です。新しい船を造るにはまずお客様の要望を踏まえて基本計画が立てられます。その図面を確認する際、工作部も立ち会って構造を確認し、溶接の難しい場所などを指摘。作業がしやすいように提案を行い、その後基本設計へと流れていきます。ところがいざ現場が動き始めると二次元の図面と三次元の現物ではやはり誤差が出ます。夏場は鉄板が太陽熱によって変形することも。現場で起こるこのような事象に対して迅速かつ柔軟に対応することが求められるのです。

人と関わる仕事なので、やはり現場の人から「作業しやすくなったよ」とか「時間が短縮できるようになった」と言われることがやりがいになっています。今後の課題は計画段階で作業上の不具合を想定できるようになることですね。そのためにも毎日現場を見て、現場の人とコミュニケーションをとって、トラブルとその解消法について記録するように心がけています。個々のノウハウの蓄積も大切ですが、それを共有することで全体的なボトムアップも図れると思うからです。

私の場合、船を造ることに喜びを感じるというより、人との関係を構築し、そこで誰かのために仕事ができることにやりがいを感じています。学生さんには「社会に出たら勉強がすべてではない」と声を大にして言いたいですね。仕事をするうえで大切なのは人間関係。人との関わりを大切に、自分がしたいことよりも、相手がしてほしいことを考えて行動するようになれば信頼を得ることができるようになると思います。

湯浅将吉/造船工作部船殻・塗装課兼生産管理部
2010年入社 電子機械システム工学科卒

会社データ

プロフィール

私どもは、これまで中型造船所としての特徴を生かし、高性能、高品質、高信頼性を追求して、各種の高付加価値船を建造して参りました。なかでも冷凍運搬船については、これまで培ってきた高度な技術と豊富な経験を生かして建造実績を積み重ね、お蔭様で多くの皆様方から高い評価をいただいております。

今後は高付加価値船への取り組みも視野に入れて、挑戦を続けて参ります。私どもは、時代の変化に機敏に対応しながら、お客様の視点に立ったものづくりを社是とし、これからも皆様にご満足いただける製品とサービスを提供していきます。

事業内容
鋼製船舶の新造

・ばら積み貨物船
・冷凍運搬船

PHOTO

建造する船のなかでも特に冷凍運搬船は高度な技術とノウハウを持っている四国ドック。中型造船所が県庁所在地にある全国でも珍しい環境です。

本社郵便番号 760-0065
本社所在地 香川県高松市朝日町1-3-23
本社電話番号 087-851-9021
創業 1927年
設立 1955年
資本金 3億5,000万円
従業員 128人(2021年1月現在)
売上高 128億円(2019年12月期)
沿革
  • 昭和2年
    • 湊造船所(現城東町)の敷地に高松造船所を設立、創業
  • 昭和30年
    • 四国ドック(株)を設立
      三井造船(株)の技術指導により鋼船建造開始
  • 昭和39年
    • 三井造船(株)、(株)百十四銀行及び三井海上火災保険(株)資本参加
      三井造船(株)と業務・技術提携
  • 昭和41年
    • 当社初の冷凍運搬船(ガーナ向41,300cf "SEGE")建造
  • 昭和51年
    • 18,000DWT型バルクキャリア1番船("若竹丸")建造
  • 昭和61年
    • 当社初のケミカルタンカー(16,900DWT"TOMIWAKI")建造
  • 平成元年
    • 大型冷凍運搬船(525,000cf“IVORY BAY”)建造
  • 平成4年
    • 新船殻工場建設、鉄構工場開設
  • 平成10年
    • 最新鋭大型冷凍運搬船(560,000cf“CARIBBEAN STAR”)建造
  • 平成13年
    • 最新鋭大型冷凍運搬船(485,000cf“SOLENT STAR”)建造
      新造用1号船台を19,500GTに拡張
      29,000DWT型バルクキャリア1番船(“NORTHERN LIGHT”)建造
  • 平成16年
    • 35,000DWT型バルクキャリア1番船(“NEW AMBITION”)建造
  • 平成17年
    • 新造用1号船台を22,000GTに拡張
  • 平成18年
    • 新世代大型冷凍運搬船(615,000cf“STAR FIRST”)建造
  • 平成19年
    • 当社60隻目の冷凍運搬船(615,000cf“STAR STRATOS”)建造
      新船殻工場(F棟)開設
  • 平成20年
    • 工場再配置工事完工、先行総組場・ドルフィン床版開設
      年間6隻建造体制確立
  • 平成22年
    • 塗装工場完成
  • 平成23年
    • 新造用1号船台を27,000GTに拡張
  • 平成24年
    • 36,000DWT型バルクキャリア1番船(“MOONBRIGHT SW”)建造
  • 平成25年
    • 大型設備投資工事完工(船台150トンクレーン/西岸壁延長工事/新社屋建築/F棟拡張)
  • 平成27年
    • 型鋼ロボット切断機設置
      36,000DWT型(ダブルハル)バルクキャリア1番船(“AFRICAN BULKER”)建造
  • 平成28年
    • 寮・社宅完成
      新設計大型冷凍運搬船1番船(650,000cf“STAR SPIRIT”)建造
  • 平成29年
    • 39,000DWT型バルクキャリア1番船(“NEW LEGACY”)建造
  • 平成30年
    • 880,000cf型冷凍運搬船1番船(“COOL EXPRESS”)建造
  • 令和元年
    • 大型冷凍運搬船が”シップ・オブ・ザ・イヤー2018”「大型貨物船部門賞」を受賞
  • 令和2年
    • 40,000DWT型バルクキャリア1番船(“SANDY BAY”)建造

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11.5年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.4日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 4名 0名 4名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 4名 0名 4名
    2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒760-0065
香川県高松市朝日町1-3-23
四国ドック(株) 総務部
TEL:087-851-9021
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp215351/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
四国ドック(株)【三井E&Sグループ(旧:三井造船グループ)】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ