最終更新日:2021/7/5

河北建設(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 建設

基本情報

本社
宮城県
資本金
6,000万円
売上高
83億861万円(2020年3月)
従業員
正社員75名 有期雇用従業員30名
募集人数
若干名

すべての人に安全で安心なものをつくる

2022年新卒夏採用開始!採用説明会受付中! (2021/06/08更新)

PHOTO

こんにちは!

ただいま仙台本社で会社説明会の受付を行なっております。
土木系の学生の活躍の場を用意している会社です。

★河北建設HPはこちら★

https://www.kahoku-kk.com/

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
エリアは東日本全域。携わるのは主に生活インフラを支える大規模工事が中心です。ベテランから若手まで、幅広い年齢の社員がいきいきと活躍しています。
PHOTO
現場では安全管理が最優先。ルールや専門用語など初めは分からないことがたくさんあると思いますが、先輩方が一つひとつ丁寧にレクチャーくださいます。

大規模工事の「司令塔」として、広い視野で建造物を完成へと導く

PHOTO

「土木工事という仕事を通じ、人々の生活を支えるというやりがいの大きな仕事です」。左から高橋徹さん(大野田作業所所長)、岸 凌伽さん(工事係・2020年入社)

当社は道路や橋梁、ダムや発電所といった、生活インフラを支える土木工事を手掛ける会社です。クライアントは大手ゼネコンや国・県・市といった行政機関。工事のほとんどが長期間かつ大勢の人が関わる大規模なものですが、私たちが担当するのは「施工管理」という部分です。これは平たくいえば、工事の“司令塔”にあたる部分。スケジュール通りの進捗か、どの現場にどの職人さんが配置されているか、現場で安全管理が徹底されているかといった工事の要所を確認しながら、全体が予定通りにスムーズに進んでいるかを管理することが私たちの仕事です。
ひと口に「工事全体を管理」と言っても、その領域は大変広いものですので、私たちはまず「視野を広く持つ」ということを意識させられることになります。最初は用語や手順の一つひとつを覚えるので精一杯で、なかなか「全体を見る」というところまで意識が向かないかもしれません。しかし先輩社員がマンツーマンで指導しながら、数年かけてじっくり育成しますからご安心ください。
私たちの仕事は人々の生活を支え、数十年先まで残る仕事です。そのため完成したときの達成感は大きく、「あれに自分が関わった」と人に自慢できます。そんな仕事をぜひ私たちと一緒に、ひとつでも多くやり遂げましょう。(高橋さん)

中学生のときに東日本大震災を経験しました。見慣れた町が失われたことに大きな喪失感を覚え、「自分が町を再び復興させたい」という使命感から、大学では土木を専攻。就職活動時は「地元の宮城で土木系総合建設業を手掛ける企業」にしぼりこみ、最終的に当社への入社を決めました。
現在は所長と一緒に、仙台市内の下水道工事に施工管理として関わっています。現場で作業をしていただく職人のみなさんは、私よりも目上のベテランばかり。ベテランの職人に「こうしてください」と指示を伝える施工管理の仕事は、難しくハードルの高い部分があります。しかし自分の未熟さを認め、わからない部分は逆に職人さんから「教えていただく」という気持ちで日々接することで、良好なコミュニケーションを取れるようになってきたように感じます。
図面という二次元が、チームの大きな力を得て、最終的に人々の生活を支える三次元のインフラになるというダイナミズムが、この仕事での大きなやりがい。今は「一人で仕事を任せてもらえる」技術者として、成長をすることが目標です。(岸さん)

会社データ

プロフィール

1969年の創業以来、われわれは東日本一円を営業エリアとし、『すべての人が安心できるものをつくる』の経営理念のもと、顧客の期待に応える技術と徹底した安全管理体制で、半世紀余り地域のインフラ整備を担ってきました。
2011年以来 われわれは、天災を目の前に如何に無力であるかを思い知る機会が幾多ありました。それまで築きあげた街が一瞬で荒野と化し、尊い命の滴が消え去った景色に茫然と立ち尽くした人々。
そんな絶望感の中、最初に起ち上がったのは、建設人達でした。
われわれは、大きな使命に気付かされました。いち早く人々が安全で安心でき心から憩える街を創るために、切磋琢磨した技術をもって自然を利用し、未来を創るという。
これからも幾度と自然に畏怖する機会はあるでしょうが、われわれは不撓不屈の意気をもって、邁進していきます。

事業内容
土木工事を中心とした総合建設業です。
官庁、自治体、大手ゼネコン等の発注する土木工事が主体となります。
ダム建設工事、発電所新設工事などの大型工事から道路、橋梁下部、下水道新設・更新、堤防、河川等の社会の生活基盤(インフラストラクチャー)の新設、維持する工事を蓄積した技術と徹底した安全管理で、最初から最後まで一貫した施工管理を行う会社です。
本社郵便番号 982-0031
本社所在地 宮城県仙台市太白区泉崎2-23-41
本社電話番号 022-245-5351(代表)
設立 1969年6月
資本金 6,000万円
従業員 正社員75名
有期雇用従業員30名
売上高 83億861万円(2020年3月)
事業所 本社、関東営業所、仙台出張所
主な取引先 仙台市、宮城県、国土交通省、(株)安藤ハザマ、日本国土開発(株)、村本建設(株)
平均年齢 46.0歳
平均勤続年数 17.2年
沿革
  • 1969(昭和44)年6月
    • 資本金300万円で設立する
  • 1970(昭和45)年4月
    • 土木一式工事業として営業を開始する
  • 1976(昭和51)年1月
    • 資本金3,000万円に増資する
  • 1977(昭和52)年4月
    • 建築一式工事業を登録する
  • 1988(昭和63)年10月
    • 資本金5,000万円に増資する
  • 1990(平成2)年4月
    • 建設大臣登録を取得する
  • 1996(平成8)年4月
    • 浦和営業所の開設する
  • 2004(平成16)年6月
    • 浦和営業所を関東営業所へ名称変更する
  • 2009(平成21)年5月
    • 門間剛が代表取締役に就任する
  • 2012(平成24)年3月
    • 仙台出張所を開設する
  • 2019(平成30)年3月
    • 本社新社屋落成
  • 2019(平成30)年6月
    • 資本金6,000万円に増資する
  • 2019(令和1)年5月
    • 渡邉和彦が代表取締役に就任する

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17.0年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.9日
    2020年度

先輩情報

オンオフ切り替えができる環境です
菊地 啓介
2019年
24歳
東北学院大学
環境建設工学部
工事部
施工管理
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒982-0031
宮城県仙台市太白区泉崎2-23-41
河北建設(株) 総務部 庄子智光・藁科桜
TEL 022-245-5351 FAX022-245-7072
t-shoji@kahoku-kk.co.jp
URL https://www.kahoku-kk.com/
E-mail t-shoji@kahoku-kk.co.jp
交通機関 仙台地下鉄南北線長町南駅から徒歩15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp215930/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
河北建設(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ