最終更新日:2021/7/29

(株)ギオン

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 陸運(貨物・バス・タクシー)
  • 物流・倉庫

基本情報

本社
神奈川県
資本金
4,672万円
売上高
326億円(2020年4月現在)
従業員/車両台数
4,500名/1,500台
募集人数
11~15名

全国72拠点 “積極果敢”に日本一の物流会社を目指す!「運ぶちから、未来をつくる~Power To Transport Makes the Future~」

  • My Career Box利用中

【選考予約受付中!】未来の幹部候補のための新卒採用 (2021/06/25更新)

PHOTO

こんにちは、株式会社ギオンの新卒採用担当です。

6月より、選考フローが変更になりました!!

書類選考・筆記試験はなく、
面接で皆さんの想いや熱意をお聞きしたいと考えています。
詳細については、【説明会・セミナー】タブよりご確認ください。

選考をご希望の場合は、セミナー画面より【スピード選考】をご予約下さい。

皆さまのご予約を採用スタッフ一同心よりお待ちしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
物流倉庫が正常に稼働することで、滞りなく物流が機能します。その要の一つが、物流倉庫の人・モノを管理運営する社員たちです。
PHOTO
一人ひとりの力を結集させ営業所の基盤を固め各地域の物流を支えています。更に、全国の営業所同士のネットワークを活かすことで、日本の物流、そして経済活動を支えます。

物流を通じて人々の生活や社会経済を豊かにするのがギオンの役割・仕事です!

PHOTO

創業56年間成長を続けてきたという安定性と、積極果敢に事業を展開する2つの側面を持つギオン。

【 ギオンについて 】
ギオンは、7つの関連会社と共にビジネスを展開し、国内に71拠点、海外に1拠点、合計72の拠点を持つ創業56年の総合物流です。
“積極果敢”の社是の下、配送と物流倉庫での商品の管理・仕分けといったお客様の物流部門を丸ごと請け負う3PL(サードパーティーロジスティクス)事業を軸に、成長してまいりました。
また、環境保全及び地域社会貢献の観点から、生産者から消費者に繋げる動脈物流だけでなく、廃棄物がリサイクルされるための静脈物流も手がけるようになり、現在は「循環型総合物流」を行う企業に発展いたしました。


【 ギオンのチャレンジ 】
少子高齢化社会の到来やインターネットサービスの充実により、急激にニーズを増やしているのが個人宅へのデリバリーサービスです。これまでの企業間物流事業で培ったノウハウと高品質の物流を武器に「BtoC」と言われるラストワンマイルのデリバリー事業も拡大中です。
また、豊富な経験と情報を活かし、”全国でギオンのトラックを走らせること”を目標に、着実に拠点数を増やしています。そして、異なる事業を組み合わせたり、物流事業の強みを活かしお客様の間に立って結びつきをコーディネートすることも重要な役割と考えています。今までの枠組みにとらわれることなく、新しいチャレンジを続け、新たな価値を創造し続けます!


【 時代の変化に順応する企業であり続ける 】
「物流」というものは無くならなくとも、AI化、自動化が進むことで、物の移動・管理の手法は変化が生じます。そして、お客様のニーズも千差万別です。
そのため、ギオンは常に自らを変革し、ビジネスに必要とされる最先端の機能を追求してまいります。先見性と構想力、創意工夫を大切にし、新しい時代の物流を形にしていく企業であるために、前進を続けます。

会社データ

プロフィール

【 安定経営・成長企業 】
会社にとって安定経営は一番重要な指標です。
ギオンでは、従業員やその家族の生活を豊かにすることが何よりの社会貢献だと考えています。右肩上がりの経営ができているのは、健全な財務力と高いリスク管理機能を備えていることはもちろん、積極的なチャレンジと、常に時代の変化に順応する組織であり続けたからこそ。
ギオングループは今後もお取引企業様や地域の皆様と連携し「企業価値」、「物流の価値」を高め更なる発展を目指します。


【 物流にとどまらない働き方 】
ギオングループは「人間の生活になくてはならないもの」をコンセプトに、本業である「物流事業」の他にも「健康事業」、「環境事業」など幅広い分野で事業展開をしており、パートナー企業と共に様々な分野で開発や生産・製造などをサポートする役割も担っています。
また、公共施設の指定管理事業、廃棄物のリサイクル事業、フィットネスクラブの運営事業、警備事業など様々な職種が存在し、グループ内で違う職種にチャレンジする従業員もいます。


【 積極的な社会貢献活動 】
ギオングループでは、社会貢献の一環として、サッカーJ3のSC相模原のスポンサー、「相模原ギオンスタジアム」などの相模原・町田市内の3施設でのネーミングライツ、近隣の実業団チームとのランニング教室など、スポーツ振興に寄与する取り組みを多数行っているため、仕事をしながらスポーツを身近に感じることができます。


【 安全への配慮「事故撲滅」を全社一丸となって 】
ギオングループでは安全第一を社是に掲げ、全車両にドライブレコーダー及びデジタコを導入しています。
また、研修や講習会などを通して意識向上を図り、安全に仕事ができるよう全社一丸となって「事故の撲滅」に取り組んでいます。
その他にも、無事故無違反表彰やエコドライブ表彰などといった社内表彰制度があり、優秀なドライバーを毎年社内で表彰することで安全に関する意識を高め、無理な運行など規則に抵触する労働環境を作らないよう、労務管理を徹底し安全・安心に気持ちよく働ける環境づくりを推進しています。

事業内容
ギオンの物流事業は、トラックによる商品や製品の「輸配送業務」と物流センターで商品や製品の管理を行う「倉庫管理業務」の2つに分かれています。

■輸配送業務
ギオンの配送車輌は、冷蔵食品や冷凍食品など温度帯の異なる食品を同時に輸送することが可能です。皆さんが日々利用する小売店や飲食店、製品を生産する工場などに商品や材料を配送する【企業間物流】から、インターネット通販やスーパーマーケットなどで購入した商品を自宅までお届けする【個人宅配】などあらゆる物流ニーズに柔軟に対応しています。
輸配送エリアは首都圏を起点とし、日本各地にある約70の拠点と約1,500台の車両による幹線輸送ネットワークを活用するほか、全国の協力会社と共同運行・連携しながら全国をカバーしています。

■倉庫管理業務
物流センターには商品が生産者から消費者に届くまでの間の商品保管や、納品先別に商品を仕分けする機能などがあります。当社の物流センターでは、様々な温度帯の商品に対応するため常温の倉庫のほか冷蔵・冷凍商品を保管するための設備を備えています。また莫大な数の商品を取り扱うため、WMSという倉庫管理システムを利用しながら物流センターの業務の管理運営を行っています。当社は主に常温・冷蔵・冷凍といった3温度帯の食品物流に携わっており、その中でも厳格な温度管理が商品の鮮度や品質を左右する【コールドチェーン物流】と呼ばれる冷凍や冷蔵食品の物流を得意としています。
また、食品以外にも自動車部品や薬品といった工業製品や機密文書など様々な種類の商品を取り扱っており、それぞれの商品の特性に見合った物流サービスを提供しています。

ギオンでは持続可能な社会の形成に貢献するため、物を届ける動脈物流だけでなく、消費者や事業者から排出された廃棄物を収集・運搬する静脈物流も手掛けることで【循環型物流】を実現しています。また、グループ企業ではリサイクルの中間処理事業を行い地球環境の負荷の低減に努めています。
創業以来、低温度帯の食品・工業製品の企業間物流を主に行ってきましたが、社会や経済、商習慣の変化に順応する企業であり続けるため、2013年にグループ企業においてスーパーマーケットの個人宅配サービスを始めました。現在では個人宅配の需要の高まりとともに複数の大手通販サイトの宅配業務も行っており、宅配商材や配送エリアも年々増加しています。

PHOTO

新センターや新規お取引先も毎年のように増え、事業規模を拡大しています。車両台数1,500台をさらに増やし、全国でギオンのトラックを走らせることを目標に掲げています。

本社郵便番号 252-0253
本社所在地 神奈川県相模原市中央区南橋本1-5-1
本社電話番号(管理本部) 042-774-7777
創業 1965年(昭和40年)3月1日
資本金 4,672万円
従業員/車両台数 4,500名/1,500台
売上高 326億円(2020年4月現在)
事業所 第一ステーション/第二ステーション/相模ステーション/首都圏チルドセンター/愛川センター/仙台センター/蓮田センター/東部物流センター/群馬ステーション/静岡ステーション/浜松ステーション/相模原センター/茨城ステーション/北茨城ステーション/埼玉ステーション/小山センター/掛川ステーション/滋賀ステーション/府中ステーション/広島ステーション/国際物流業務室/首都圏西センター/神奈川第一センター/神奈川第二センター/大野台センター/大野台第二センター/横浜センター/小平センター/三郷センター/厚木センター/綾瀬センター/八王子センター/八王子南センター/西多摩センター/東京西センター/甲府センター/摂津センター/川崎扇町センター/川崎センター/川崎第二センター/川崎生鮮センター/川崎白石センター/京浜センター/印西センター/浦安センター/埼玉センター/伊奈第一センター/伊奈第二センター/草加センター/八潮センター/新潟センター/新潟江南センター/長岡センター/岡山ターミナル/岡山センター/岡山第二センター/早島センター/津山センター
関連会社 ・興亜商事(株)
・(株)ユニテックス
・新日本流通サービス(株)
・(株)ギオンリサイクル
・(株)ギオン環境サービス
・(株)ギオンデリバリーサービス
・ギオンタイランド
沿革
  • 1965年3月
    • 祇園興業発足
  • 1968年2月
    • 神奈川県綾瀬市に営業所新設
  • 1970年8月
    • (有)祇園興業設立、陸運局一般区域運送事業許可新事務所を相模原市清新に開設
  • 1971年4月
    • 興亜商事(株)設立
  • 1972年5月
    • 祇園興業(株)設立
  • 1975年8月
    • 相模原事務所同地において新築事務所完成
  • 1976年4月
    • ラクダマークの引越センター事業部 新規設立
  • 1977年4月
    • 東京雪印販売(株)と共同出資にて日本流通企画(株)設立
  • 1978年10月
    • 新日本流通サービス(株)設立
  • 1985年1月
    • 現在地に本社ビル完成移転
  • 1997年10月
    • (株)ユニテックス設立
  • 2000年8月
    • 創立30周年!
  • 2001年1月
    • 日本流通企画(株)と合併 (株)ギオン 発足
  • 2003年9月
    • 特別積合せ貨物運送事業認可
  • 2004年10月
    • (株)ギオンリサイクル設立
  • 2005年12月
    • 国際物流業務室開設
  • 2009年4月
    • 町田市指定管理者事業開始
  • 2010年4月
    • ギオン環境サービス(株)設立
  • 2012年4月
    • 相模原市指定管理者事業開始
  • 2013年12月
    • (株)ギオンデリバリーサービス設立
  • 2014年1月
    • 「相模原ギオンスタジアム・相模原ギオンフィールド」ネーミングライツ契約締結
  • 2015年3月
    • 創立50周年! 機密文書管理サービス開始
  • 2019年1月
    • ギオンタイランド設立
  • 2019年4月
    • 「ギオンアリーナ」ネーミングライツ契約締結
  • 2020年3月
    • 創立55周年!

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 16名 6名 22名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 5名 7名
    2020年度

取材情報

何よりも知りたいのは人柄と個性。ざっくばらんな雰囲気での面接が特徴的
昨年の選考傾向を伺いながら、求めている人材像を直撃!
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒252-0253
神奈川県相模原市中央区南橋本1-5-1
TEL:042-774-7777(管理本部新卒採用係)
URL http://www.kk-gion.co.jp/
E-mail recruit@kk-gion.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp217302/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ギオンと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ギオンを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ