最終更新日:2021/6/24

宮城十條林産グループ【宮城十條林産(株)、(株)宮城環境保全研究所、宮十造園土木(株)】[グループ募集]

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 農林・水産
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 建設
  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
宮城県
資本金
1億8千万円(グループ連結)
売上高
26億7百万円(2019年6月1日)
従業員
106名(グループ連結)
募集人数
1~5名

山のこと、森のこと、生き物のこと。私たちは考えています。~宮城十條林産グループ~

  • My Career Box利用中

採用担当者からの伝言板 (2021/05/18更新)

こんにちは。宮城十條林産グループ採用担当です。
この度は当グループのページにアクセスいただき、ありがとうございます。
当グループではグループ募集を行っておりますので、学生の皆様の興味のある職種へ採用応募をすることができます。
まずはグループ合同開催の会社説明会のご参加をお願いいたします!
グループ合同会社説明会の日程はセミナー画面から、ご確認いただき、ご予約ください。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
わたしたちは、「豊かな生活空間・街づくり」を目指します。
PHOTO
わたしたちは、「山林所有者様の財産である山林価値の最大化」を目指します。

わたしたちは、「持続可能な自然と社会」を創造します!

PHOTO

わたしたちは、「自然と人間が共生できる環境」を目指します。

 近年では、地球温暖化や森林伐採といった、環境に関する話題を耳にすることが増えてきました。当グループでは、そういった環境問題を打破すべく、事業に取り組んでいます。私たちが目指す「持続可能な自然と社会」とは、社会生活に必要な資源を自然から調達しつつ、自然環境を破壊しないように持続・促進させていくことです。森林や木材を積極的に利用しながら、森林資源の循環活用を図り、より豊かな地域内森林の造成・維持・発展を目指しています。事業を推進することで、「森林・所有者様・地域」をつなぎ、「山林価値の最大化」に努めております。現在、所有者や境界データが入った森林GISを基に、航空レーザーやドローン等の最新計測技術で得たデータを組み合わせ、伐採計画等を作成しスマート林業による「森林の見える化」を進め、林業イノベーションの推進、作業の効率化に取り組んでいます。これからも30年後の新たな森林づくりに挑戦し「持続可能な自然と社会」を創造して参ります。
 そのために、私たちはグループ全体として自然環境の調査、伐採、加工、物流まで一貫して行っております。一貫して取り組むことにより、豊かな自然を保つために持続可能な森林の管理・保全をすることができます。環境調査や保全など、森林などの自然環境に興味のある方と「持続可能な自然と社会」を創造していくこと楽しみにしています!

会社データ

プロフィール

当社は昭和22年、宮城県石巻市で事業を開始し、社訓の『和親・礼節・熟慮・断行・失敗をかくすな』の姿勢を常に持ち、社会に貢献する為、お客様の為に『山林の価値を最大化』させる事ができますよう日々努力いたしております。森林は個人の財産であるとともに、再生可能な資源として、地球温暖化防止、二酸化炭素の吸収源として、環境に貢献し社会から注目されております。地域と共に「持続可能な自然と社会」をわたしたちと一緒に創造しませんか?30年後の未来へ。「SDGs持続可能な開発目標」を推進しております。


事業内容
<宮城十條林産>
山林立木の調査、買入、丸太の生産販売、植林及び造林事業請負、一般建築用製材の販売、製紙原料用木材チップ製造・販売

<宮城環境保全研究所>
自然環境調査、環境アセスメント、環境保全・緑化計画、森林調査、測量設計、樹木診断・治療、地理情報解析(GIS・GPS)、ドローン


<宮十造園土木>
造園工事、法面工事、土木工事、屋上緑化や壁面緑化の設計施工

PHOTO

森を守り、木を育て、環境に貢献する山のプロフェッショナル

本社郵便番号 980-0871
本社所在地 仙台市青葉区八幡3丁目2-7
本社電話番号 022-261-2151
創業 1947年
設立 1960年
資本金 1億8千万円(グループ連結)
従業員 106名(グループ連結)
売上高 26億7百万円(2019年6月1日)
グループ会社 【宮城十條林産グループ】
1、宮城十條林産(株)
2、宮十運輸(株)
3、宮十造園土木(株)
4、(株)宮城環境保全研究所
募集会社 1、宮城十條林産(株)
2、宮十造園土木(株)
3、(株)宮城環境保全研究所
宮城十條林産(株) 【設  立】1960年
【代 表 者】 亀山 武弘
【資 本 金】 1億円
【従業員数】72名
【本社所在地】
宮城県仙台市青葉区八幡三丁目2番7号
Tel.022-261-2151 Fax.022-261-2150
【事業内容】
林業・木材製材業

宮十造園土木(株) 【設  立】1987年
【代 表 者】 亀山 武弘
【資 本 金】4千万円
【従業員数】12名
【本社所在地】
宮城県仙台市青葉区八幡三丁目2番7号
Tel.022-225-4002 Fax.022-225-6155
【事業内容】
造園土木業
(株)宮城環境保全研究所 【設  立】1995年
【代 表 者】亀山 武弘
【資 本 金】 3千万円
【従業員数】12名
【本社所在地】
宮城県仙台市青葉区八幡三丁目2番7号
Tel.022-211-7336 Fax.022-211-7782
【事業内容】
自然環境調査
沿革
  • 1947年
    • ・創業者 亀山幸太郎が宮城県桃生郡河北町(現石巻市)で木材業を開始
  • 1960年
    • ・東光林業株式会社設立
  • 1968年
    • ・大和町吉岡に第1チップ工場新設
  • 1969年
    • ・宮城十條林産株式会社設立 亀山幸太郎代表就任
      (東光林業、橋本林業、佐山木材3社合併)
      ・本社を仙台市へ移転
      ・気仙沼市・石巻市・古川市・大和町・仙台市・河北町に営業所新設
  • 1974年
    • ・宮十運輸株式会社設立
  • 1987年
    • ・宮十造園土木株式会社設立
  • 1990年
    • ・本社新社屋建設 現住所へ本社移転
  • 1995年
    • ・株式会社宮城環境保全研究所設立
  • 2016年
    • ・白石第2製材工場竣工(年間消費原木量24,000m3)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13.2年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 8.9時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.2日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒981-0904
宮城県仙台市青葉区八幡三丁目2番7号
連絡先:022-261-2151
担当:採用係
URL https://miyaju.co.jp
E-mail miyaju@miyaju.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp219600/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
宮城十條林産グループ【宮城十條林産(株)、(株)宮城環境保全研究所、宮十造園土木(株)】と業種や本社が同じ企業を探す。
宮城十條林産グループ【宮城十條林産(株)、(株)宮城環境保全研究所、宮十造園土木(株)】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
宮城十條林産グループ【宮城十條林産(株)、(株)宮城環境保全研究所、宮十造園土木(株)】と特徴・特色が同じ企業を探す。

トップへ