最終更新日:2021/10/24

(株)エヌティーコンサルタント

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 建設コンサルタント
  • サービス(その他)

基本情報

本社
岩手県
PHOTO

入社6年目が語る!

田中 達也
2015年
盛岡工業高校
土木科
地理空間情報室
N+(エヌタス)でICT土工

現在の仕事内容は?

測量業務を経て、今はICT土工という業務を担当しています。
業務においては「UAVを用いた公共測量マニュアル (案)」「電子納品要領」「3次元設計データ交換標準」に基づき、測量から3次元設計データ作成、そして出来形管理までの一連の流れを行います。
従来は建設会社が自社で行っていた事を、新技術を取り入れながら当社で行っているというとわかりやすいかもしれません。
最近よく話題になるドローンを使った空撮、3Dスキャナを使った計測を行い、3次元データを作ります。
その後、さらに当社の設計部隊が手を加えた3次元設計データを建設会社に売っているというわけです。
現場に出る日も多く、現場とのコミュニケーションを大事に考えて日々仕事をしています。


一番うれしかったエピソードは?

他の方々も仰ってますが、2016年の岩泉の豪雨災害は本当に大変でした。
当時は測量部だったのですが、近くのホテルに泊まり込んで現場作業をする日が1か月続きました。週1度は帰って洗濯をして、少し休んでまた現場。
身体的にもメンタル的にも疲れていたことを覚えています。
ただ、この件を経て成長したな、と思えたのも覚えています。
岩泉の件は落ち着いてきていますが、当時は急な災害だったので例外的な状況だったわけですから。
その後部署異動がありましたが、民間企業相手の仕事になったので、お役所を相手にしている時よりずっとスピードが求められたりします。
そんな時は深夜まで残業が続くこともあります。
しかし岩泉の時を乗り越えられたからこそ、今は頑張れている気がします。


この会社に決めた理由は?

高校時代、技術職の求人を探していた時、先生から教えていただきました。
家から通える距離ということもあり、受けてみようと思い立ちました。
元々は測量より建設関係の仕事に就きたかったんですが、現在の部署で行っているICTの仕事では建築会社の方とお会いすることが多く、同級生との再会もあったりして、元々やりたかったことに近づいているような気がします。


就活生に一言!

高校の時に測量士補の資格を取ることができておらず、働きながら7~8回受けて合格しました。
社会人になると、とにかく時間があっという間に過ぎていくため、時間がないと感じています。
なので今学校でできることは、会社に入ってでもできるだろうとは考えない方がいいです。
ほしい資格があれば取った方がいいですし、時間があるうちにトライできるようなことがあれば挑戦してほしいです。
その中で当社に興味を持ってくれる人はいつでも大歓迎です!


トップへ