最終更新日:2021/4/23

(株)アスクテクニカ

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 自動車・自動車部品
  • 輸送用機器
  • タイヤ・ゴム製品
  • 非鉄金属

基本情報

本社
山梨県
資本金
4億円
売上高
39億円(2019年3月実績)
従業員
187名(2019年3月31日現在)
募集人数
1~5名

『快適な未来へ日々 前進』に基づき、高品質なシール材、断熱材、ブレーキ部品などを生産しています。

★【新型コロナウイルス対応中】自動車部品の開発・設計・製造を手掛けられるアスクテクニカ説明会実施中★ (2021/02/15更新)

PHOTO

アクセスありがとうございます。
アスクテクニカ 採用担当です。

当社は、国内主要メーカーのさまざまな車種に用いられていている
自動車部品の中で、ブレーキやエンジンに欠かせない製品を提供しております。

近年、海外マーケットへの進出も試みており、
国内だけでなく海外にまで幅広くビジネスを展開しております。

≪新型コロナウイルス対応≫
説明会を少人数にて開催いたします。
説明会参加時にはマスクの着用をお願いいたします。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
長年の経験から得た技術力や知見が大きな強みであり、これらを最大限に活かし、国内の自動車・産業機器メーカーの高い品質水準に応える製品づくりに取り組んでいる。
PHOTO
最新の電気自動車にもシール材が用いられるなど、研究開発の社員が素材や製品の分析・評価を重ね、顧客企業の要望を上回る製品づくりに挑んでいる。

私たちと一緒にチャレンジでき、何事にも興味を持って挑む若い才能を求めています。

PHOTO

「当社の摩擦材は、リニアのブレーキにも用いられるなど、当社が取り扱うのは、古くて新しい技術。柔軟な感性で、ぜひ私たちと一緒に挑戦してほしい」と語る金井社長。

当社は1944年の創業以来、エンジンのシール材や二輪車ブレーキの摩擦材などの製品を世に送り出してきました。これら製品の開発・設計・製造、販売まで一貫して提供しています。

当社の製品は、自家用車やバイク、バス、トラックと、国内主要メーカーのさまざまな車種に用いられています。当社の社名は知らなくても、私たちの製品がどう使われているかを知っていただければ、多くの方が身近に感じていただけると思います。

当社は素材開発の段階から社内で手がけています。自動車や産業機械に使用されるブレーキ用摩擦材は重要保安部品として基本性能を支える重要な役割を果たしており、世の中に広く貢献したい、モノづくりに興味がある仕事がしたい人には、魅力的な職場です。

最近では、技術とノウハウを活かして新材料開発にも注力しており、大学に社員を派遣して産学官共同の技術支援に取り組んだり、耐久性・耐熱性技術を活かして防火扉の膨張断熱材も製品化を果たしたりと、多岐にわたるビジネスに関わることができる面白さもあります。

海外マーケットも重視しており、インドネシアに生産拠点を有し、成長目覚しいインドなど新興国にも製品を提供しています。なお、開発した新素材について国際学会で発表する機会もあることから、3カ月間に及ぶ海外語学研修を用意するなど、教育・研修制度も充実しています。

「とめる・つなぐ・ふさぐ」製品開発を通じて蓄積してきた技術力や知見と、これから入ってくる若い感性が組み合わさることで、まだ誰も見たことがないような製品や技術が生まれると確信しています。そんな新しいことをめざして、ぜひ私たちと一緒にチャレンジしてほしい。何事にも興味を持ってアグレッシブに挑む若い才能を私たちは求めています。
(代表取締役社長 金井 徹)

会社データ

プロフィール

笛吹川沿いにある2つの工場で生産活動を行っています。第一工場では主にシール材、第二工場では主に摩擦材を生産しております。それぞれの工場に研究開発施設があり設計から手掛けております。また、営業所が横浜市、浜松市、大阪市にあり、全国で当社の製品を販売しております。さらに、海外においてはインドネシアに生産拠点をもつなど、積極的に事業を展開しております。

事業内容
シール材(ジョイントシート、ガスケットシート)高機能断熱材、ブレーキライニング(四輪、二輪)、産業機械用摩擦材等の開発、製造加工、販売

PHOTO

本社郵便番号 409-3606
本社所在地 山梨県西八代郡市川三郷町高田610
本社電話番号 055-272-1151
設立 1991年5月
資本金 4億円
従業員 187名(2019年3月31日現在)
売上高 39億円(2019年3月実績)
事業所 【本社・第二工場】
アスクテクニカ第二工場〒409-3606
山梨県西八代郡市川三郷町高田610

【第一工場】
〒409-3601
山梨県西八代郡市川三郷町市川大門1488

【東京営業所】
〒230-0051
横浜市鶴見区鶴見中央2-5-5 エーアンドエーマテリアルビル1F

【浜松営業所】
〒430-0928
浜松市中区板屋町110-5 浜松第一生命日通ビル8F

【大阪営業所】
〒540-000
大阪市中央区城見2-2-22マルイトOBPビル8F
株主構成 (株)エーアンドーエーマテリアル
沿革
  • 1944年
    • (旧)朝日石綿工業(株)山梨工場を新設し摩擦材、シール材の製造を開始
  • 1957年
    • 接着ライニング生産開始
  • 1966年
    • ガスケット生産開始
  • 1967年
    • クラッチフェーシング東京工場を移転増設
  • 1969年
    • ビーターシート、ミルボード生産開始
  • 1983年
    • クラッチフェーシング第二製造設備新設
  • 1987年
    • 企業体質の変革と新しい時代への挑戦を理念に社名を(株)アスクへ変更
  • 1989年
    • ジョイントシート第二製造設備を新設
  • 1990年
    • 接着ライニング工場新設
  • 1991年
    • (株)アスクテクニカとして事業開始
  • 1992年
    • 配合工場を新設
  • 2003年
    • ISO9001(2000)、ISO14001認証登録
  • 2005年
    • 明鴻アスクテクニカ(インドネシア)事業開始
  • 2007年
    • サトナスウタマ(インドネシア)事業開始
  • 2013年
    • サトナスウタマの社名をアスクテクニカインドネシアに変更
  • 2014年
    • アスクテクニカインドネシアは明鴻アスクテクニカを吸収合併
  • 2015年
    • (株)甲斐エンジニアリングを吸収合併

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.5年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 8.6時間
    2018年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.6日
    2018年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 4名 4名
    2018年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 0名 0名
    2018年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 0.0%
      (23名中0名)
    • 2018年度

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)アスクテクニカ
409-3606
山梨県西八代郡市川三郷町高田610
TEL 055-272-1151
採用担当 宛
URL http://www.asktechnica.co.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp223154/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)アスクテクニカと業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

(株)アスクテクニカを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ