最終更新日:2021/6/14

湖北工業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • コンピュータ・通信機器
  • 精密機器
  • ガラス・セラミックス
  • その他電気・電子関連

基本情報

本社
滋賀県
本社資本金
3億5,000万円
グループ売上高
111億7,600万円(2020年)
グループ従業員数
1,613名(本社192名・海外子会社1,421名)
募集人数
若干名

クローバルニッチトップ!! 私たちは、世界に誇れるものづくりを展開しています。

説明会予約受付中です! (2021/06/14更新)

PHOTO

当社のページをご覧いただきありがとうございます。

湖北工業は滋賀県 長浜市に本社を構え、海外にも5つの事業拠点を有し、世界トップクラスのシェアを誇る電子部品の開発・製造・販売を行っている会社です。

2022年度卒の新卒採用を開始いたしました。

当社のホームページ https://www.kohokukogyo.co.jp/
こちらもぜひご覧ください。

会社紹介記事

PHOTO
アルミ電解コンデンサ用リード端子及び海底ケーブル用光アイソレータの世界シェアトップ。主な顧客は世界で事業展開するメーカーだ。
PHOTO
難易度の高い技術をいくつも保有し、オンリーワンの存在であり続ける湖北工業。「モノづくりが好き」というエンジニアたちが、新しい価値を作りだしている。

世界トップレベルの高い技術力を誇る、滋賀の老舗部品メーカーです

PHOTO

「湖北工業の魅力は、技術を磨きながら世界で通用するモノづくりができること。やりがいがたくさん感じられる会社です」と、研究開発部の木下祐輔さん。

【オンリーワンの技術は世界最高レベル。事業をグローバルに展開しています】
湖北工業は1959年創業、滋賀県長浜市に本社がある電子部品・デバイスのメーカーです。主要事業は2つあり、一つは電化製品や自動車に必要不可欠なコンデンサ部品であるアルミ電解コンデンサ用リード端子の製造販売で、独自技術を多数有しており、世界トップレベルのシェアを誇っています。もう一つはデータセンターや海底光ケーブルに使用される光通信用部品・デバイスの製造販売で、近年急速にニーズが高まっています。中でも海底光ケーブルの中継器に使用される「光アイソレータ」は世界トップレベルのシェアを誇っています。海外にグループ会社を有しているのに加え、主要顧客はグローバルに展開する国内外のメーカーばかりで、職種問わずアジアや欧米への出張があります。

【モノづくりに携わりながら研究・開発ができます】
私は大学の材料化学科で、ガラスの研究を行っていました。当社に入社を決めた理由は、モノづくりに関わり職人としての技術も磨きながら、成果を研究につなげられる環境に魅力を感じたからです。現在は、実際の開発工程を進めながら、ガラス素材の研究にも取り組んでいます。顧客企業から依頼を受けて特殊形状のガラスを開発することもあります。当社は歴史があることに加え、高い技術力と提案力がありますので、エンジニアとして成長したい私にはぴったりの仕事だと感じています。
私自身は入社当時からガラス素材の研究に携わっていますが、機械設計や生産技術など複数の部署で経験を積む技術者もいます。スペシャリストでありながらジェネラリストとしても通用する技術者を育てているのも、当社ならではの人材育成スタイルだといえます。

【個人を大切にする、フラットな雰囲気の職場です】
当社の方針は「豊かな個性を尊重する、全員参加型」。そのため、堅苦しい上下関係はないフラットな社風です。分からないことがあればすぐに先輩社員に聞けますし、逆に先輩からアドバイスを求められることもあります。お互いが自然と気を配りながら仕事を進めているという印象ですね。作業や研究に没頭する時もあり、別の部署の社員と連携をとりながら装置を作ったりと、バランス良く働いています。「モノづくりが好き」「一生ものの技術を身につけたい」という人に向いている仕事だと思います。
(研究開発部 木下祐輔/2012年入社)

会社データ

プロフィール

当社は「豊かな個性を尊重する全員参加型の経営を実践し、新しい価値の創造を通じてオンリーワン企業を目指す」を経営理念に掲げ、ワールドワイドで高いシェアと顧客からの信頼を戴いています。既存商品の強化・拡大とオンリーワンの固有技術を応用・駆使した新商品の開発を電子機器、通信機器の分野に展開しています。2020年6月には、経済産業省より「グローバルニッチトップ企業100選」に選定されました。

事業内容
・アルミ電解コンデンサ用リード端子の開発・製造・販売《世界シェア約40%》
・光通信用部品・デバイスの開発・製造・販売《海底ケーブル用「光アイソレータ」の世界シェア約60%》
・石英ガラスを材料とした精密部品の開発・製造・販売
・新製品の研究開発
本社郵便番号 529-0241
本社所在地 滋賀県長浜市高月町高月1623番地
本社電話番号 0749-85-3211
創立 1959年8月
本社資本金 3億5,000万円
グループ従業員数 1,613名(本社192名・海外子会社1,421名)
グループ売上高 111億7,600万円(2020年)
事業所 ・本社工場(KKJ)/滋賀県長浜市高月町高月1623番地

・東京支店/東京都港区港南2丁目11番1号品川シティビル3F
関連会社 KOHOKU ELECTRONICS SINGAPORE PTE.LTD.(シンガポール)
KOHOKU ELECTRONICS MALAYSIA SDN.BHD.(マレーシア)
DONGGUAN KOHOKU ELECTRONICS CO.,LTD.(中国・東莞)
SUZHOU KOHOKU OPTO-ELECTRONICS CO.,LTD.(中国・蘇州)
KOHOKU LANKA (PVT) LTD.(スリランカ)
平均年齢 45歳
沿革
  • 昭和34年8月
    • 高月町8番地の高月町旧庁舎で創業
  • 昭和36年5月
    • 国道8号線沿の現在地へ工場を新設移転
  • 昭和47年8月
    • 事務所を新設し事務部門を移転
  • 昭和49年8月
    • リード端子専用の製造工場を新設
  • 昭和57年3月
    • 全自動リード端子化成装置を完成
  • 昭和57年4月
    • 滋賀県から地域産業技術改善費用補助金を交付される
      全自動リード端子洗浄装置を完成
  • 昭和62年9月
    • リード端子製造機NTWMを開発
  • 昭和62年12月
    • シンガポールに子会社KOHOKU ELECTRONICS(S)PTE.LTDを設立
  • 昭和63年12月
    • 大阪通商産業局から「エネルギー管理優良事業」として表彰を受ける
  • 平成3年7月
    • 本社管理事務・研究開発棟が完成
  • 平成6年9月
    • マレーシアに子会社KOHOKU ELECTRONICS(M)SDN.BHD.を設立
  • 平成9年11月
    • ISO9001(財)日本規格協会に審査・登録
  • 平成10年5月
    • 本社工場増築完成
  • 平成12年9月
    • 光事業本部発足
  • 平成12年12月
    • 中国(東莞)に依託加工工場 KOHOKU ELECTRONICS(CD)を設立
  • 平成14年6月
    • 中国(蘇州)に子会社 KOHOKU OPTO-ELECTRONICS(KECS)を設立
  • 平成18年3月
    • 経済産業省より「元気なモノ作り中小企業300社」に選定され表彰を受ける
  • 平成25年4月
    • 日刊工業新聞社主催「第25回 中小企業優秀新技術・新製品賞」中小企業庁長官賞を受賞
  • 平成27年2月
    • FDK(株)から光部品事業および子会社(現 KOHOKU LANKA (PVT) LTD.)の譲渡を受ける
  • 平成27年6月
    • 資本金を3億5,000万円に増資
  • 平成27年12月
    • ISO/TS16949(現IATF16949)認証取得
  • 平成28年3月
    • 滋賀県低炭素社会づくり賞 低炭素化事業部門を受賞
  • 平成29年12月
    • 経済産業省「地域未来牽引企業」に選定
  • 令和2年6月
    • 経済産業省より「グローバルニッチトップ企業100選」に選定

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 16時間
    2020年度

先輩情報

海外工場の方たちと関われるグローバルな仕事
嶌津 美里
2018年4月入社
龍谷大学
国際文化学部国際文化学科
製造部 光部品・デバイス製造課
生産管理・売上集計(光部門)・輸出管理
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒529-0241
滋賀県長浜市高月町高月1623番地
TEL:0749-85-3211
FAX:0749-85-3217
採用担当:総務課 梅本
URL http://www.kohokukogyo.co.jp/index.html
E-mail soumu@kohokukogyo.co.jp
交通機関 本社工場(滋賀)/JR北陸本線 高月駅より徒歩10分
東京支店/JR各線 品川駅より徒歩15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp223820/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

トップへ