最終更新日:2021/7/29

愛知西農業協同組合(JA愛知西)

  • 正社員

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 共済

基本情報

本社
愛知県
出資金
16億円(2020年〈令和2年〉3月)
貯金残高
5,820億円(2020年〈令和2年〉3月)
従業員
650人(2020年〈令和2年〉3月)
募集人数
16~20名

金融(貯金や融資)、共済(保険)などの取り扱いを通じ、一宮市・稲沢市で暮らすお客様のお役に立ち、地域社会に貢献できる仕事です。

JA愛知西へアクセスいただきありがとうございます!! (2021/07/29更新)

PHOTO

みなさんこんにちは!
JA愛知西の採用担当です。

一次募集のエントリーの受付は終了いたしました。
今後の採用活動については決定次第、ご案内いたします。

よろしくお願いいたします。

会社紹介記事

PHOTO
開放感あふれる尾西支店の店内。愛知西農業協同組合では、信用事業(金融)、共済事業(保険)、指導事業(営農指導)、販売事業(農産物など)、幅広い事業を展開しています。
PHOTO
JA愛知グループのマスコット「ちょリス」と共に笑顔を見せる尾西支店の皆さん。20代の職員も多く、抜群のチームワークを発揮しながら地域のお客様のために頑張っています。

【4年目の先輩が語ります】地域のお客さまの信頼に応えるJAの仕事。

PHOTO

ともに入組4年目の松永さん(写真右)と古市さん(写真左)。それぞれ担当は違いますが、同期として切磋琢磨し、ステップアップしてきました。

私は金融共済課の渉外担当をしています。日々の主な業務は、担当するエリアのお客さまへの集金業務や金融商品の推進、共済商品のニーズがないか訪問することです。例えば、「今度ね息子が家を建てるんだよ。住宅ローンについて聞かせてもらおうかな」といったお話があれば、じっくりとヒアリングをして最適な商品をご提案させていただきます。お客さまのライフサイクルに合わせて、お役に立てる仕事です。また、いざという時の備えである共済も扱っているので、災害時にも頼りにしていただけます。「松永さんにお勧めしてもらった共済のおかげで助かったよ」と喜んでいただけた時は、自分のことのように嬉しかったです。入組して、最初の2年間は金融窓口を担当し、3年目から渉外担当としてお客さま宅を訪問するようになりました。金融や共済商品のご提案だけでなく、農産物や肥料などの経済商品に関する相談もあり、取扱う商品は幅広いです。これから勉強しなければならない分野もたくさんあるので、ひとつずつ知識を身につけ、お客さまへの柔軟かつ的確なご提案ができるようになりたいと思っています。

(尾西支店金融共済課 渉外担当/松永康平 2017年入組)

私は金融共済課に所属し窓口でお客さま対応をしています。入出金や定期貯金、振込や相続のご相談など、業務はさまざまです。仕事をはじめたばかりの頃は、先輩の仕事を見たり、窓口で横についてもらったり、窓口対応の仕方を教えてもらいました。金融に携わる仕事なので、各種の細かなルールなど専門知識も必要です。1年目には、1年間かけて業務に必要な基礎知識をマニュアルに沿って学びました。JA全体での教育制度がしっかり整っているので、安心して働ける環境だと思います。
窓口業務を続けていていつも感じることは、JAブランドへの大きな信頼感です。実際に窓口で多くのお客さまから「JAさんなら安心だわ」という声をいただいてます。だからこそ仕事のやりやすさにもつながっていて、とてもありがたいことだと思います。4年目になり経験も積んできているので、これからはお客さまからの信頼はもちろん、仲間の職員からも頼りにしてもらえる存在でありたいと思います。

(尾西支店金融共済課/古市桃子 2017年入組)

会社データ

プロフィール

当JAでは、経営理念「食と農を通じて地域に根ざすJAづくり」のもと、健全性・安全性を重視した事業・組織活動を進め、地域農業の振興と地域社会の発展に貢献する多様な活動を展開しています。
管内は、愛知県北西部の豊かに広がる濃尾平野の中央に位置し、都市近郊農業が古くから盛んな地域です。木曽三川がつくった肥沃な土地と温暖な気候を生かし、米や施設野菜、露地野菜を中心に花き、植木など、幅広い農業が展開されています。
JAの一職員として働くことで、地域社会の発展に貢献することができるため、現職員も、誇りと自信を持って仕事をしております。
皆さんも、私たちとともに働いてみませんか?

事業内容
◆信用事業
信用事業は、貯金、貸出、為替など、いわゆる金融業務といわれる業務を行っています。この信用事業は、市町村段階の「JA」、都道府県段階の「信連」および全国段階の「農林中金」の3段階の組織が有機的に結びつき、JAバンクグループとして、資金の調達・運用などにおいて実質的に一つの金融機関として機能しています。

◆共済事業
共済事業は、生命・医療・建物・自動車などのいわゆる保険業務を行っています。JA共済は、農業協同組合が理念とする「相互扶助」を事業活動の原点とし、常に組合員・利用者の信頼と期待に応え、「安心」と「満足」を提供します。

◆指導事業
指導事業は、組合員農家が農産物の生産性や品質を上げるための営農指導、女性部活動を通じて健康で豊かな生活を支援する生活指導、広報誌の発行や様々な相談活動を行う教育広報などの業務を行っています。

◆販売事業
販売事業は、組合員農家の生産する農産物を効率的に集荷・選別し、市場・小売店等に対し計画的に出荷・販売する業務を行っています。

◆利用事業
組合員農家の生産活動を応援するため、カントリーエレベーター、育苗センターなどの施設運営を行っています。

◆購買事業
購買事業は、農家の生産活動に必要な肥料・農薬・農機具などの資材と、暮らしに必要な生活物資を「安全・安心・高品質」で供給する業務を行っています。

◆宅地等供給事業
宅地等供給事業は、優良農地を確保しつつ、組合員の農地などの資産管理、有効活用についての指導・支援を行う事業です。近年の組合員の高齢化・後継者不足や土地に対する税金の増大に伴い、農地の維持管理が困難になっていることから、住宅建設等の土地活用を図りながら組合員の生活基盤を確保しています。地域のみなさまに対しては、良好な環境を備えた質の高い賃貸住宅を提供するなど、「農と住の調和したまちづくり」を進めており、豊かな地域社会づくりに貢献しています。

◆旅行事業
旅行事業は、組合員・地域のみなさまの旅行を取り扱う事業です。みなさまに充実した余暇を過ごしていただくために、各種旅行の企画・募集、グループ旅行の相談等、身近な旅行センターとしての役割を果たしています。また、各社の個人・家族向けの国内・海外旅行の予約、ホテル・旅館の宿泊券、JR券、航空券といった各種切符の手配など、きめ細かいサービスを提供しています。

本社郵便番号 491-0013
本社所在地 愛知県一宮市北小渕字道上15番地1
本社電話番号 0586-71-6811
設立 2002年(平成14年)4月1日
出資金 16億円(2020年〈令和2年〉3月)
従業員 650人(2020年〈令和2年〉3月)
貯金残高 5,820億円(2020年〈令和2年〉3月)

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 5時間
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 5名 0名 5名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 5名 0名 5名
    2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒491-0013 愛知県一宮市北小渕字道上15番地1
愛知西農業協同組合 総務部 人事課
TEL 0586-71-6811 FAX 0586-71-5431
E-Mail jinji@ja-aichinishi.or.jp
URL http://www.ja-aichinishi.or.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp225609/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
愛知西農業協同組合(JA愛知西)と業種や本社が同じ企業を探す。
愛知西農業協同組合(JA愛知西)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ