最終更新日:2021/3/29

(株)シオノ鋳工

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 金属製品
  • 外食・レストラン
  • レジャーサービス

基本情報

本社
京都府
資本金
1,000万円
売上高
5億8,000万円(2019年度実績)
従業員
40名
募集人数
11~15名

鋳物と成幸をつくる、モノづくりとヒトづくりの会社

  • 積極的に受付中

2022卒エントリ―受付開始! (2021/02/15更新)

当社のページにアクセスして頂きありがとうございます!
1830年(天保年間)から続く”シオノ鋳工”の採用担当です。
エントリー・説明会予約受け付けております。
本社でのセミナー開催を予定しております。
皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

★News‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
〇2019年11月/
京都府より、京都中小企業優良企業(ものづくり部門)の表彰を受けました。

◯2017年6月/
京都府知事、丹後広域振興局長、与謝野町長に来社いただきました。


◯2015年4月/
約80名の方々をお招きし、弊社の経営理念発表会を行いました。

◯2015年5月/
北近畿経済新聞に上記経営理念発表会の記事が掲載されました。

◯2014年10月/
京都産業21発行「クリエイティブ京都」に弊社の記事が紹介されました。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
組織力を高める力の源は「楽しく仕事をする」そして「意識を高める」こと。シオノ鋳工では働く意味や会社の存在意義を、経営陣と社員が一体となって追求しています。
PHOTO
《手作りの給食》 社員が健康でいられるよう食材の品目を多く摂れるような工夫もしています。昼には暖かい食事をみんなで一緒に食べています。

成長が幸せとなるヒトづくり

PHOTO

《代表 塩野浩士》 人間にとっての幸せは、成長できること。シオノは成幸=成長が幸せ、をキーワードに、ワクワクしながらチャレンジする人を徹底的に応援します。

■ビジョンは「100年後も成幸であり続けること」
弊社は京都府北部の与謝野町の地で多品種小ロットの受注生産で機械部品となる鋳物を製造しているモノづくりの会社です。もちろん生業のモノづくりの鋳造業に対しても誇りと自信を持っておりますが、それよりも「成幸」(成長こそ人の幸せ)という考えを社員全員で共有しており社員が仕事のスキルだけではなく人としても成長していくヒトづくりの会社であるということに最大の誇りと自信を持っています。

現在シオノ鋳工で働く社員が成幸であり、成幸の考えを持っていることはもちろん、100年後も同じ考えを持った社員達で経営し続けていくことビジョンとしており、そのために、日々「成幸に繋がる行動」を経営陣はもちろん社員全員が考え選択しています。会社としても「今よりもさらに社員が成長できる環境作り」を最重要の命題とし、そのために数多くの取り組みを実施しております。


■丹後地域で前例のないビッグプロジェクトとなる新事業へのチャレンジ
社員の成長を追求するシオノ鋳工ですが、現在の鋳物業のみでは会社としての成長に限界が見えてきており、せっかくの社員の成長の可能性を制限してしまうかもしれない状況です。そこで、シオノ鋳工は2022年より新しい事業にチャレンジし、本業の鋳物業のさらなる発展、新たな雇用の創造、社員の新しい成長の可能性を生み出す計画をしています。さらに、その新事業はシオノ鋳工と社員たちの成長のみではなく、丹後地域の成長の要にもしたいという思いがあります。


■3つの新事業と新しい施設
・鋳物製造の次工程となる機械加工をそのまま自社で行えるようにする機械加工事業
・鋳物の認知度向上と丹後地域の新たな観光スポットとなる場所を目指す鋳造体験事業
・シオノ鋳工自慢の手作り給食と手作りスイーツを地域の方々や丹後を訪れた方々にも提供するカフェ事業

これらの事業を行うために、現在の工場とは少し離れた与謝野町の中心地といえる場所に新たな施設ZiP SQUAREを建設します。この場所が地域の要となり、この場所から地域が元気になっていってほしいという思いを込めています。

会社データ

プロフィール

■時代が変わっても、変わらないもの「幸せになるために仕事をする」

弊社は1830年(天保元年)より、京都府北部の与謝野町の地で鋳造業を営んできました。
時代の変化とともに作る製品も変わり、鍋や釜からポンプ部品などの精度を必要とされる産業機械へと変化してきました。職人の経験や勘、そして過酷な肉体労働で手作りしていた製造プロセスも、機械化やIT活用など近代的なシステムへと移行し、現在では経験や体力がなくとも仕事ができる環境へと変化しています。

しかし、どんなに時代が変わろうとも変わらないものがあるとするならば、それは仕事をする目的、誰もが幸せになるために仕事をすることなのだと思います。幸せとは、安定した給料をもらって安定した生活を営むことでしょうか?他の人よりも高い地位へ登りつめることでしょうか?それらも、間違いではないと思います。

弊社では「幸せ」について1年間考えました。私だけでなく社員とともに考え、議論した答えが「成幸」(成長こそ人の幸せ)です。仕事のスキルだけでなく、人として成長するということです。弊社ビジョンである「100年後も成幸であり続ける」を実現するために、社員一同、人との関わりを大切にしながら、新しいことにチャレンジし続ける所存であります。そして、弊社の成幸がお客様の要望に応える製品とサービスの提供につながると確信しています。

事業内容
シオノ鋳工(シオノちゅうこう)は現在は鋳造業のみを営んでおりますが、2022年9月より新たに機械加工事業、鋳造体験事業、カフェ事業を始めます。

■鋳造業
鋳造とは、型に溶かした鉄を流し込み様々な形状を創り出す仕事で、水道やエレベーター、建設重機等、社会のものづくりを支える機械部品等を製造しています。

■機械加工事業
鋳物製造の次工程となる機械加工をする事業です。現在はお客様がシオノ鋳工への鋳物製造の注文とは別に別途機械加工を手配されておりますが、自社で鋳物製造から機械加工までもできるようにすることでお客様のご負担を大幅に軽減します。シオノ鋳工としても納品した鋳物製品が、他社での加工後に不良が発覚して返品されるケースを失くすことができるため大きなメリットがあります。この事業を行うために建設するZiPファクトリーには5軸加工機や自動倉庫といった最新の機器とテクノロジーを盛り込む計画です。

■鋳造体験事業
一般の方に来ていただいて、お好きな鋳物製品をご自分で鋳造する体験をしていただく事業です。主にはダッチオーブンやステーキプレートといった、自宅やアウトドアでご利用いただける調理器具などを作っていただく想定ですが、他にも様々なものを体験で作っていただけるようするために社内でアイデアを出し合っています。また、この鋳造体験事業を行うために建設するZiPラボには鋳造を行うために必要な設備を一通りそろえますので、ここで本業の鋳物業の更なる発展のため新素材や現在は取り扱っていない他材質の研究・開発・試作品の製作などを行う予定です。

■カフェ事業
シオノ鋳工自慢の手作り給食と手作りスイーツを一般の方にも食べていただけるカフェを経営する事業です。開放的で落ち着いた雰囲気のZiPカフェを建設し、そこに地域の皆様の憩いの場、地域の皆様との関わりの場を創造いたします。また、このカフェや、建物の前に作る芝生公園で様々なイベントを開催し、地域を盛り上げていきたいと思っています。

PHOTO

強度を保ちながら複雑な形状を創り出すことができるのが「鋳物」の特徴です。エレベーター、水道管、建設重機など社会インフラに必須の製品です。

本社郵便番号 629-2421
本社所在地 京都府与謝郡与謝野町字金屋1917-1
本社電話番号 0772-42-6288
創業 1830年(天保年間)
設立 1971年1月
資本金 1,000万円
従業員 40名
売上高 5億8,000万円(2019年度実績)
事業所 新事業所(2022年9月竣工予定):京都府与謝郡与謝野町字明石
売上高推移 2019年度 5億7,900万円
2018年度 5億800万円
2017年度 3億6,000万円
主な取引先 (株)荏原製作所
三精テクノロジーズ(株)
三和ハイドロテック(株)
(株)シンコー
(株)トミナガ
(株)日進製作所
日東精工(株)
日本冶金工業(株)
(株)日本製鋼所
(50音順)
平均年齢 36.5歳
沿革
  • 沿革
    • 1830年(天保年間) 与謝野町加悦にて創業
      1971年01月    資本金800万円
      1996年02月    資本金1,000万円に増資
      2000年05月    与謝野町金屋へ工場移転
      2015年04月    経営理念発表会開催

働き方データ

  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 20.0%
      (5名中1名)
    • 2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)シオノ鋳工 採用担当 池本裕子 
〒629-2421
京都府与謝郡与謝野町字金屋1917-1
TEL 0772-42-6288
ikemoto@almond.ocn.ne.jp
URL http://shiono-cast.com/
E-mail info@shiono-cast.com
交通機関 ◯最寄り駅:京都丹後鉄道 与謝野駅
  駅からバス・タクシー(最寄りバス停より400m)
  事前連絡をいただければ駅送迎可能です。
◯マイカーでお越しの方は、弊社ホームページに目印看板の案内がございます。
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp226213/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)シオノ鋳工と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

(株)シオノ鋳工を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ