最終更新日:2021/3/23

社会医療法人社団 健生会

  • 正社員

業種

  • 医療機関

基本情報

本社
東京都
資本金
431万円
売上高
年間売上高 158億円  (2020年3月末決算)
従業員数
全職種では1809名(常勤1099名) うち事務職員 常勤160名
募集人数
1~5名

多摩地域で無差別・平等の医療・介護のネットワークを展開

  • 積極的に受付中

健生会 医療経営マネジメントスタッフ募集! まずは説明会にご参加お願いします! (2021/03/09更新)

PHOTO

東京都・立川市を中心とした多摩地域に、「無差別・平等」の理念をかかげて70年、医療・介護のネットワークを展開しています。
一番の特徴は、差額室料をいただかないこと。個室の利用は療養上の必要度に応じて決めています。経済的な理由で受診をためらう方には、「無料低額診療制度」を活用しています。

超高齢少子化社会、貧困格差が大きな社会問題となっている今、私たちの病院では患者様・ご家族がかかえる困難に気づくためのアンテナを高く張り、情報共有し、解決の糸口を見出すことに力を注いでいます。病気を治すだけでなく、その人らしい人生、生き方を支援するのが、健生会の誇りです。

まずは説明会にご参加下さい。健生会のゆるぎないポリシー「無差別・平等」の医療がどのようなものか、見て聞いて、感じて頂きたいと思います。感染対策のため少人数定員での開催です。
3月25日(木)と4月16日(金)は対面で、定員12名。
4月27日(火)はZOOMによるWEB説明会。こちらも30名まで。

説明会への参加申込は健生会のエントリーシートにて受付けています。
各開催日の10日前までにメール、または郵送でお送りください。
多くのご参加を、心よりお待ちしております!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
立川相互病院は立川駅より徒歩8分、287床の急性期病院です。年間4,000台の救急車を受入れ、非営利・公益性の高い病院として地域の皆さまから高い信頼を得ています
PHOTO
医療費の支払いや入退院のご相談など、不安や疑問にお応えできるよう、声のかけやすい雰囲気づくりにつとめています

東京の三多摩地域で 無差別・平等の医療と介護のネットワークをひろげ68年!

PHOTO

健生会と地域のみなさんが一緒に活動する三多摩健康友の会は、2万6000名を超える組織。職員とともに保健予防・助け合い、安心してくらせるまちづくりにとりくんでいます

だれもが安心して医療・介護を受けられるように、地域の人々と力をあわせて医療・介護のネットワークをひろげています。
立川相互病院は救急、急性期医療を担い、健生会ふれあい相互病院(回復期リハビリ病床・地域包括ケア病床)とあきしま相互病院(療養型病床)が急性期から在宅までの医療、療養生活を支えています。
健康づくりと地域の支えあいは、三多摩健康友の会のみなさんと共同の営みとして、保健予防、認知症予防や高齢者を支える活動にもとりくんでいます。

会社データ

プロフィール

1951年、戦後の混乱が続く立川で、お金がなくて医療を受けられない人々が安心してかかれる医療機関がほしいと、お金を出し合い、医師・看護師など医療関係者と住民とが力を合わせて誕生した病院です。今では三多摩地域に3つの病院、10カ所の医科診療所、歯科診療所2カ所をもつ医療法人として発展しています。
いのちの重みは無差別・平等! 草創の精神を引き継ぎ、入院時の病室選択は医師・看護師が病状によって判断し、個室でも差額室料はいただいていません。お金がなくて受診できず困っている方には、職員が相談に応じ、無料低額診療制度の利用や、生活保護申請のお手伝いまでさせていただいております。

事業内容
急性期医療を担う立川相互病院(287床)と、回復期リハビリ病床と地域包括ケア病床をもつ健生会ふれあい相互病院(60床)、療養型のあきしま相互病院(110床)が入院治療をおこなっています。地域密着型の診療所(8カ所)、訪問看護ステーション、ケアプランセンターが、切れ目のない医療・介護のネットワークを展開しています。
病気の治療にとどまらず、よりよい医療・介護制度の拡充をもとめ、平和といのちを守る活動にも積極的です。職員と患者、地域住民が一緒につくっている「三多摩健康友の会」には、2万6,000人が加入。認知症予防教室やセラバンド体操など健康づくり、高齢者の見守り助け合い活動など、だれもが安心して住み続けられるまちづくりにとりくんでいます。

PHOTO

医療事務、病院組織の運営マネジメント、経営部門など、働き方は職場によっていろいろです

本社郵便番号 190-0022
本社所在地 東京都立川市錦町1-23-25
本社電話番号 042-523-2375
三多摩地域で70年の実績 差額室料のない親切で安心できる病院と、地域から厚い信頼を寄せて頂いています
開設 1951年 安心してかかれる病院をと、地域の人々がお金を出し合いつくられました
資本金 431万円
従業員数 全職種では1809名(常勤1099名) うち事務職員 常勤160名
売上高 年間売上高 158億円  (2020年3月末決算)
非営利共同の民主的経営 地域住民と医療専門職がお金を出し合い一緒につくった病院ですから、現在も地域住民代表含む理事会が、経営・管理・運営責任を担っています。得られた利益は将来の事業展開資金、職員の労働条件の向上、地域住民への保健予防活動に還元し、非営利・共同の民主的経営を貫いています。
事業所 病院3(立川相互病院・あきしま相互病院・健生会ふれあい相互病院)
医科診療所10、歯科診療所2、訪問看護ステーション8、地域包括支援センター2、ケアプランセンター5
平均年齢 全職種 42.1歳   事務職 46.3歳 (2020年度末)
平均勤続年数 全職種 10.3年  事務職 13.6年
看護師など退職率の高い職種でも、「職種間がフラットで職場の雰囲気が良い」、「患者さんへの目線が温かいから働きがいがある」と復職が多いことも健生会の特徴のひとつです 
沿革
  • 健生会 誕生
    • 1951年 立川診療所を開設。お戦後の混乱期、医療制度が未整備の時代。貧しい人は医療が受けられない時代に、地域の人たちがお金を出し合って自分たちの診療所をつくりました。
  • 診療所から病院へ
    • 1960年 24床のベッドをもつ立川相互病院へと発展。
  • 昭島相互病院 開設
    • 1976年 昭島市でも診療所から病院へと、28床で昭島相互病院オープン。
  • 地域の拠点病院へ
    • 1982年 立川相互病院は 地域の拠点となる222床の病院へと大きく発展しました。「差額室料のかからない、親切で頼れる病院」として、地域住民からの期待はますます高まりました。
  • 12万人の署名運動
    • 1987年 立川相互病院の増床計画に対し、東京都では病床を規制する方針から認められませんでした。差額料金のない立川相互病院の拡充を求める署名運動が、友の会から町内会、老人会へと広がり、12万6000人の署名が集まりました。その結果、東京都の許可がおりて345床の病院へとなりました。
  • BFH 認定
    • 立川相互病院の周産期医療(産婦人科) 2011年 WHO/ユニセフの 「赤ちゃんにやさしい病院」に認定されました。BFHとは Baby Friendly Hospital の略語です
  • 2016年 新病院
    • 2016年 立川駅北口に立川相互病院が新築移転し、新たな歴史を歩み始めています。
  • 2020年
    • 新型コロナ感染から患者様、地域住民のいのちを守る砦としてPCR検査、中等~重症患者の入院を受入れ、治療に挑んできました。その様子がTVでも報道され、全国各地から支援の輪が広がっています

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10.3年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 7.8時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.5日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 53名 21名 74名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 45名 4名 49名
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 49.7%
      (181名中90名)
    • 2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 問い合せ ・ 書類送付 先
〒190ー0022
東京都立川市錦町1-23-25
社会医療法人社団 健生会 育成課 岡崎いづみ
TEL:042-526-4136
メール ikuseika@t-kenseikai.jp

URL 社会医療法人社団 健生会  http://www.t-kenseikai.jp/
E-mail ikuseika@t-kenseikai.jp
交通機関 立川は新宿から中央線快速で35分、多摩地域の中核都市です。立川相互病院は立川駅北口から徒歩8分。他の病院・診療所もまた、立川駅を中心にして30分圏内にあり、通勤・生活にはたいへん便利で住みやすい地域です。
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp227491/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会医療法人社団 健生会と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

社会医療法人社団 健生会を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ