最終更新日:2021/5/28

(株)シンシ

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • その他メーカー

基本情報

本社
東京都
資本金
3,000万円
売上高
11億6,000万円
従業員
55名(2018年1月)
募集人数
1~5名

世界で3社の技術力!栃木から世界へ

世界で3社の技術力で、誰もが見たことのある製品を世の中へ! (2021/05/18更新)

********************
求む!世界で3社の技術力を受け継ぐ若者【生産技術職志望限定 説明選考会!】
2021/05/24(月) 10:30~12:00
2021/06/02(水) 10:30~12:00
2021/06/03(木) 16:00~17:30
********************

日常のあらゆる場所にあらゆるものを。
シンシはプラスチック板の総合加工メーカーです!

☆まずはエントリー!☆
エントリーしていただいた方より、
優先して説明会のアナウンスをさせていただいております。

就職活動は、世の中の様々な企業や仕事を知る絶好の機会。
・自分のつくったものが世に広まっていく姿を見たい
・自分たちにしかできない技術を磨きたい
私たちシンシは、そんな想いを持ったあなたとの出会いを待ち望んでいます。

それでは、みなさまのエントリーをお待ちしております!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
扱っている製品は多種多様。日常のあらゆるシーンで目にするものばかり。
PHOTO
高い技術力を誇るシンシ。先輩社員がしっかりと教えます!

「プラスチックの総合加工メーカー」という、希少価値の高い立ち位置

PHOTO

誇りある製品に囲まれる、社長の加納。技術を受け継ぎ、共に未来のシンシを創っていく人財と出会えることを楽しみにしています。

「プラスチックの総合加工メーカー」であること。
言葉で言うと簡単そうですが、これを実現できる会社はほとんどありません。
なぜなら、プラスチック加工はその技術の特殊性故に、
「成形を専門に行っている」「自動車関係の加工しかしない」など、
ごく一部の技術や業界に特化する会社が多いためです。

しかし、街で周りを見渡してみてください。
水族館の水槽や、新幹線などの照明カバー、ゲームセンターにあるゲーム機の筐体など、
あらゆる場所でプラスチック製品が使われていることでしょう。
今やプラスチックは、世の中のいたるところで使われる素材となりました。
そんな中で一部の技術や業界に特化していては、
世の中の幅広いニーズに応えることができなくなってしまいます。

シンシでは、プラスチック加工において、
「曲げる・切る・貼る・磨く」すべての技術に高いレベルで対応することが可能です。
だからこそ、お客様の「こういうことがしたい」というニーズに対して、
真摯に向き合うことができるのです。

その結果、水族館の水槽に用いられるアクリル板をはじめ、
航空機や新幹線の内装(照明カバー)、ガソリンスタンド店の看板、
建材や店舗ディスプレイなど、実に幅広い業界に対応することができています。
特に水族館の水槽については、メインとなる大型水槽用の巨大アクリル板を扱える会社は、
世界でも数社しかありません。この技術力により、一部のお客様に依存しない
安定した基盤を築くことができているのです。

会社データ

プロフィール

■自分のつくったものが世に広まる仕事!
シンシでつくっている製品は、街中で普段目にするものばかり。
そのため、「これをつくったのは自分なんだ」という誇りを持って仕事に打ち込むことができます。また、自分の目で直接見るだけでなく、テレビや雑誌、新聞で紹介されることも多々ありますよ!

■一人ひとりの自主性と意見を大切に!
当社では、一人ひとりの自主性を重んじ、個々の意見を大切にする文化・風土が根付いています。そのため、上司が絶対ということもなく、部下が思ったことを素直に伝えられる関係性を築いているのが特徴です。この特徴は、代々脈々と受け継がれてきたシンシの伝統といっても過言ではありません。
「自ら考えて動きたい」「自分の意見が言いやすい社風の会社で働きたい」と考えている方は、イキイキ働くことのできる会社です!

■匠の原石、シンシで磨き上げます!
高い技術力を誇るシンシの職人たちですが、誰しも最初からそのレベルだったわけではありません。技術は一人ひとりのレベルに合わせて、先輩たちが丁寧に教えます。「ものづくりが好き」、その気持ちさえあれば、楽しく働けること間違いなしです!

■求む!次世代を担うリーダー!
シンシでは、新しい事業の立上げや社内体制の革新、人材の育成など、さらなる成長発展へ向けた改革を進めています。その中でも、特に重きを置いているのが次世代リーダーの育成。
若手中心のプロジェクトチームをつくって会社としての取り組みを行うなど、全社をあげて次世代リーダーの育成へ乗り出しています。バトンを受け継がれた若手のリーダーたちと共に、未来のシンシを創っていく方のご応募をお待ちしております!

事業内容
■プラスチックの総合加工メーカー
シンシでは、100%受託加工、つまり、「既製品を売る」のではなく「お客様の要望をカタチにする」というスタイルをとっています。数多あるお客様の要望に応え続けることは容易ではありませんが、要望を聞く営業部とつくる製造部の連携、そして製造部の高い技術力があるからこそ、これが可能になっています。
国内だけでなく、海外への出荷も増えており、今後ますます活躍のフィールドが広がっていきます!

■製品例
1.水槽:水族館にある水槽のアクリルパネルなど
2.看板:高速道路用道路標識、駅構内案内板、店舗看板など
3.アミューズメント:ゲームセンター向けゲーム機筐体など
4.乗りもの関係:新幹線、航空機の内装備品など
5.医療機器:医療機器のハウジング、照明器具の成形など
6.建築・照明:トップライト、アクリル建材など
7.什器・内装備品:アクリルブロックを利用した店舗什器、アクリル家具など

PHOTO

数多あるシンシの製品の中でも、最大のものが水族館の水槽パネル。世界に求められる、シンシならではの技術の結晶です!

本社郵便番号 146-0092
本社所在地 東京都大田区下丸子2-17-4
本社電話番号 03-3759-7811
創業 1952年(昭和27年)
資本金 3,000万円
従業員 55名(2018年1月)
売上高 11億6,000万円
事業所 ■本社/東京工場
東京都大田区下丸子2-17-4

■北関東工場
栃木県佐野市山形町1193-1
沿革
  • 1952年11月
    • 会社設立(伸始工業(株))
  • 1952年11月
    • 東京工場設立 大田区羽田本町
  • 1953年10月
    • 東京工場移転 大田区下丸子2-17-4(現在本社/東京工場)
  • 1981年5月
    • 佐野工場設立 栃木県佐野市高萩町
  • 1984年9月
    • 佐野工場増設 第2工場
  • 1988年11月
    • 水槽工場設立 栃木県佐野市富岡町(重合接着専用工場)
  • 1992年11月
    • 北関東工場設立 栃木県安蘇郡田沼町(現在佐野市山形町)
      ※北関東工場設立に伴い、佐野工場などを閉鎖し移設統合
  • 2004年1月
    • 東京工場新館 新設

働き方データ

  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 9.1%
      (11名中1名)
    • 2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 東京都大田区下丸子2-17-4
総務部(益子):03-3759-7811
※問い合わせは本社宛にお願いいたします
URL http://www.shinshi-kk.com/recruit/
E-mail recruit@shinshi-kk.com
交通機関 北関東工場:東武佐野線 田沼駅から車で10分
本社:東急多摩川線 武蔵新田駅から徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp228156/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)シンシと業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ