最終更新日:2021/4/5

(株)紀伊國屋書店

  • 正社員

業種

  • 専門店(書籍・音楽・インテリア)
  • 出版

基本情報

本社
東京都
資本金
3,600万円
売上高
972億円(2020年8月期)
従業員
5,000名
募集人数
16~20名

店舗での販売、法人への営業、海外での展開を「三本の柱」としている紀伊國屋書店。あなたも日本の学術文化の発展に貢献してみませんか。

エントリーお待ちしております! (2021/04/05更新)

2022新卒採用エントリー再開いたしました。

エントリー期間
2021年4月5日(月)~2021年4月26日(月)

エントリーいただいた方には、数日中にMy CareerBoxへエントリーシートを
お送りいたします。
エントリーシートをご提出いただいた方を対象に選考を進めさせていただきます。
(エントリーシート締め切り:2021年4月27日(火))
なお、4月中旬にはオンライン会社説明会の開催も予定しております。

皆様のエントリー、お待ちしております!!

株式会社紀伊國屋書店 人事部 2022新卒採用担当

会社紹介記事

PHOTO
店舗販売のほか、企業や官公庁、大学などへの法人営業も手がけている同社。入社6年目のT.Mさんは、大手製薬会社を多数担当している。
PHOTO
入社3年目のO.Sさんは、都内の6つの大学を担当。図書館の運営サポートや教科書販売に携わるなど、実は学生たちの身近なところで活躍している。

店舗販売だけでなく、法人営業も展開。若手が安心して、自分らしく輝ける社風が自慢!

PHOTO

お客様は大学や官公庁、企業など、図書予算を持った法人。書籍だけではない幅広い商材で、お客様が抱える課題を解決へと導くこと、それも法人営業の重要な仕事だ。

◎新薬の開発や臨床の最前線を支える営業!

現在は、大手製薬会社や病院に向けた、学術書や電子書籍システムなどの提案営業に携わっています。全国で開催される医学学会で、書籍を販売することも。新薬の開発や臨床の現場に貢献できることが私の原動力です。

当社は、部署間の壁がないフラットな職場です。例えば、医学学会で書籍を販売する際に、店舗部門から展示方法について助言をもらうことがあります。また、若手社員に寄り添う社風も魅力のひとつ。失敗をしても責めるのではなく、次に生かせるアドバイスがもらえるので、萎縮することなく頑張れます。失敗を素直に報告できる環境は、こういった社風からきているのでしょう。

この仕事に向いているのは、コミュニケーションスキルが高い方。単なる会話力ではなく、ニーズを引き出す力やそれに的確に応える力が求められます。また、切り口を変えて何度も挑戦する姿勢など、粘り強さも大切です。そういった地道な努力の積み重ねが、成功につながると考えています。〈T.Mさん/2014年入社〉

◎自分の存在価値を実感できる!

入社以来、大学へのルート営業を担当しています。教授に学術書や、図書館へ雑誌や書籍、データベース商材などを提案。書架や本の盗難防止用ゲートをはじめ、図書館の備品も扱っています。また、学内書店の管理も担当。学校で使用される教科書の販売を支えています。

社員の主体性を尊重する当社では、営業手法の工夫は自分次第の面が大きいと感じます。
もちろん一定のルールのなか、上長の判断を仰ぐ場面もありますが、個人の裁量が大きく、自身の存在価値を実感できるシーンが多数あります。
一番嬉しかったのは、「Oさんに任せるから、図書館におすすめの本を提案してほしい」と言われたときです。信頼していただけているんだ、と嬉しい気持ちになりました。チームプレーを大切にする社風も、当社の魅力。学内書店での教科書販売で多忙を極める4月は、先輩のサポートで助けられました。

営業活動をする上で必要なのは、傾聴力。たとえ口ベタな方であっても、聞く力があればきっと活躍できます。また、すぐに結果を求めるのではなく、コツコツ頑張る忍耐力も必要です。図書館運営の効率化を実現するデータベース商材などは数年単位の商談になりますが、数千万円規模の取引に発展したときは大きな達成感を味わえるでしょう。〈O.Sさん/2017年入社〉

会社データ

プロフィール

紀伊國屋書店は、新宿本店・梅田本店など日本を代表する大型店を展開する他、大学や官公庁・企業などへの法人営業では、和洋書籍・雑誌をはじめ、各種データベース商品、教育設備まで多岐に亘る商材を取り扱い、時に図書館や大学経営のコンサルタント的な仕事を行い、日本の学術文化の発展を根底から支えています。
また紀伊國屋書店は、他の書店にはないユニークな書店です。劇場を運営し、良書の出版を行い、数々の名画を紀伊國屋レーベルとしてDVD・ブルーレイで販売しています。
海外に30店舗以上出店している点もユニークです。海外勤務の可能性も高い会社です。

事業内容
私たち紀伊國屋書店では店舗における書籍販売と並び、大学や官公庁・企業などへの法人営業が基幹事業となっています。
以下のようなさまざまな商材を取り扱い、人と本との出会いをプロデュースしています。

[取扱商材]
和洋書籍・雑誌/事務機器/情報文献/電子書籍/教育設備

その他事業として、出版、映像商品・書誌データベース制作、ホールの経営なども行っています。
本社郵便番号 153-8504
本社所在地 東京都目黒区下目黒3-7-10
本社電話番号 03-6910-0504(人事部)
創業 1927(昭和2)年1月22日
設立 1946(昭和21)年1月16日
資本金 3,600万円
従業員 5,000名
売上高 972億円(2020年8月期)
事業所 国内/新宿本店をはじめ全国主要都市に69店舗、7営業(本)部(28営業所)
海外/38店舗、6営業所、3事務所
沿革
  • 創業当時
    • 弊社の創業は昭和2年。現在の東京・新宿三丁目に、当時21歳だった田辺茂一が、江戸時代から続く家業の薪炭問屋に替えて、書店を創業いたしました。田辺は、書店の経営にとどまらず文化人と広く交流し、数々の文芸雑誌や美術評論雑誌を創刊するなど、文化・芸術に対する情熱をいかんなく発揮しました。
  • 当時の新宿本店
    • 昭和20年には空襲を受け、店舗を焼失したものの、昭和22年には日本を代表する建築家・前川國男氏の設計で新店舗を竣工し、その建物は「戦後書店建築の白眉」と高く評価されました。
  • 紀伊國屋ビルディング
    • 昭和39年には前川氏が設計を担当し、新宿本店・紀伊國屋ホールが入る紀伊國屋ビルディングが竣工しました。紀伊國屋ビルディングは、地域のランドマークとしての役割を果たしているなど東京都の景観づくりにおいて重要であるとの評価を受け、東京都選定歴史的建造物に選んでいただきました。
  • 店舗での展開
    • 昭和39年の紀伊國屋ビルディング竣工時に、新宿本店を480坪でスタートしたことは書店の大型化の先駆けとなり、昭和44年に開店した梅田本店の成功は、全国に店舗を展開する契機となりました。その後も積極的な展開は続いており、弊社の店舗網は現在、北海道から鹿児島県まで69店に上っております。
  • 法人営業での展開
    • 昭和25年から洋書の輸入を開始し、全国の大学や図書館・研究機関とのお取引に尽力して参りました。和洋書籍・雑誌の販売、データベースや設備・システム、さらには各種業務の受託まで、提供する商品サービスの幅を広げ、学術情報の円滑な流通、学術研究への支援に貢献できるよう努力を続けております。
  • 海外での展開
    • 海外展開は、昭和44年のサンフランシスコ店に始まり、シンガポールなどアジア太平洋地域と展開して参りました。日本語書籍から、現地のお客様向けの洋書販売など、粘り強く経営を続けて参りました。その結果、現在では9か国、40店近くの店舗網を構築し、好業績を上げるまでに成長しております。
  • 文化的事業の取組み
    • 出版部による良書の刊行、紀伊國屋ホールの運営、新しい芸術創造の進展への寄与を目的とした紀伊國屋演劇賞、紀伊國屋寄席の開催など、文化的事業にも力を注いでいます。創業当時から綿々と続く、このような取組が多くの方々に「紀伊國屋書店ブランド」を評価いただいている現在につながっています。

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 82名 4名 86名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 82名 1名 83名
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 03-6910-0504
URL http://www.kinokuniya.co.jp/c/company/recruit/shinsotsu.html
E-mail saiyo@kinokuniya.co.jp
交通機関 <本社最寄駅>
東急目黒線「不動前駅」より徒歩5分もしくはJR山手線「目黒駅」より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp229576/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)紀伊國屋書店と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

(株)紀伊國屋書店を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ