最終更新日:2021/4/27

岩機ダイカスト工業(株)

  • 正社員

業種

  • 非鉄金属
  • 金属製品
  • 自動車・自動車部品

基本情報

本社
宮城県
PHOTO

宮城県内から、全国へ。

阿部 恭佑
2014年
27歳
東北職業能力開発大学校
生産機械システム技術科 卒業
生産技術科
生産・製造技術開発

現在の仕事内容

設計の人が描いた図面に基づいて、機械を立ち上げるのに必要なものを注文、加工、配線するといった立ち上げ作業をしています。
主に設計担当者とやり取りをしながら、良質な製品を作るためには機械をこうしたらどうか、配線はこう変えた方がいいのでは?と打ち合わせ、提案することもあります。そういった立ち上げを複数担当しながら、その他に突発的に起こる機械の不調などへ修理全般も対応しています。
製造現場で働く人が少しでもスムーズな作業ができるよう心がけ、機械の面からサポートしています。


今の仕事のやりがい

入社後最初に配属された鋳造現場では、ダイカスト製品をいかに納期に間に合うよう作れるか、チームで連携して作業することがメインでした。今は、生産技術科に移り、鋳造などの現場で働く人がいかにスムーズに作業ができるか、どうしたら良質なダイカスト製品を製造する機械となるのか考え、形にしていきます。異動したばかりの頃は、新しい業務への挑戦に行き詰ることも多くありましたが、先輩から「数をこなすことで自分の引き出しを増やすことが大事」とアドバイスをもらいました。そこからはまずは自分の引き出しとなる知識を増やすことを心がけ、疑問点は自分なりの考えや結論を出してから、先輩へ相談するようにしています。知識の吸収だけでなく、それを活かして自分の中で対応策や新しい提案などがまとまったとき、自分の成長を実感します。


この会社に決めた理由

就職活動では、学生時代に学んだことを活かせて、かつ、自動車に関わる仕事がしたいと思い活動をしていました。父がものづくりの仕事に携わっていることや、私自身、自動車が好きで、自分が作ったものが全国にある自動車の一部として動くことに、ものづくりの影響力の大きさを感じていたからです。岩機ダイカストを知ったきっかけは自動車のCMでしたが、そこからネットだけでなく、地元に住む友人などからも評判を聞き、ここなら安心して自分が実現したいことに取り組めそうだと感じ、入社を決意しました。


トップへ