最終更新日:2021/6/1

スバル興産(株)【SUBARUグループ】

  • 正社員

業種

  • 不動産
  • 不動産(管理)
  • 旅行・観光

基本情報

本社
東京都
資本金
6億7,500万円
売上高
売上高  :70億5,784万円(2020年3月期)
従業員
99名
募集人数
1~5名

SUBARUの100%子会社として、不動産開発・管理や旅行業務を通してグループの成長を支えます。

  • My Career Box利用中

SUBARU100%子会社・きれいなオフィスでご一緒に働きましょう。 (2021/03/17更新)

PHOTO

皆様のご応募、心よりお待ち致しております。

会社紹介記事

PHOTO
SUBARUが保有する不動産管理を中心に、幅広い事業を展開。本社があるエビススバルビルやビル内のイベントスペース「EBiS303」も、スバル興産の保有管理物件だ。
PHOTO
全ての従業員が笑顔で生き生きと働ける会社でありたい―。企業理念に掲げた言葉は、飯田社長が何よりも大切にしている「想い」でもある。

不動産の管理・運営や旅行業を通じてSUBARUグループの成長を力強くサポート

PHOTO

「従業員が笑顔で働ける『生き生き職場』を目指しています」と飯田社長。その眼差しから、スバル興産で働く全ての従業員の幸せを願う熱い想いが伝わってきた。

スバル興産は、自動車メーカー「SUBARU」のグループ会社です。1965年、SUBARU本社ビルの管理会社として設立されました。以後、事業範囲を拡大していき、現在はSUBARUが保有する不動産の管理・運営を中心に、従業員が出張などをする際の旅行手配、イベントスペースや商業施設の運営など、幅広い事業を展開しています。

「事業を通じて社会とSUBARUグループに貢献し、企業として持続的に成長することで、従業員が生き生きと働ける会社を目指す」

これは当社の企業理念であり、私たちが大切にしている「想い」や「目的」が全て込められています。なかでも、理念の最後に掲げた「従業員が生き生きと働ける会社を目指す」は、社長である私自身、最も重視していることです。なぜなら、従業員が生き生きとやりがいをもって働くことでこそ、理念の冒頭に掲げた「社会とSUBARUグループへの貢献」が実現でき、その結果として「企業として持続的に成長すること」ができるからです。

では、従業員が生き生きと働ける会社とは、どのような会社を指すのでしょうか。それは、入社間もない新入社員も含めて、全ての従業員が自らの仕事に誇りを持ち、達成感や満足感を得ながら働ける会社だと考えています。

仲間や先輩、上司の協力を得て、一つの仕事を達成すること。社員一人ひとりが仕事に向き合う姿勢を上司がきちんと評価し、認めること。そして、仕事を通じて成長していける環境があること。当社には施設営業部や旅行部など、さまざまな部署がありますが、それぞれの部署やチームで、このような「達成」「承認」「成長」ができる職場環境を目指しています。

今後、スバル興産は不動産事業の規模を拡大し、SUBARUグループへのさらなる貢献を目指していきます。この目標を実現するには、これから入社する皆さんの力が不可欠です。好奇心旺盛で、いろいろなことに挑戦したいと思っている方なら、きっと当社で「生き生きと働くこと」ができるでしょう。当社の事業や考えに興味を持ってくださった学生の皆さんにお会いできるのを心から楽しみにしています。

<代表取締役社長/飯田 政巳さん>

会社データ

プロフィール

スバル興産はSUBARUの100%子会社として、
同社の保有する不動産の運用管理および旅行業を中心とした事業を展開しています。

当社における第一のミッションは、SUBARUの子会社として
グループの成長を根底で支えていくことにあります。

今後は、グループ各社で運用している不動産についても当社で一元管理し、
付加価値の最大化に取り組んでまいります。

事業内容
・不動産の売買、賃貸借、斡旋、管理、鑑定、売買の仲介並びに土木建築工事の設計、施工、管理および請負
・建物並びに工場施設の管理
・貸会議室、貸ホールの運営、管理並びに賃貸
・旅行業および各種催事の企画・斡旋
本社郵便番号 150-0013
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル5F
本社電話番号 03-6447-8900
設立 1965年12月1日
資本金 6億7,500万円
従業員 99名
売上高 売上高  :70億5,784万円(2020年3月期)
事業所 本社
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル5F

大宮事業部
〒331-0812
埼玉県さいたま市北区宮原町1-854-1 大宮スバルビル3F
〒364‐0011
埼玉県北本市朝日4-410

群馬事業部
〒373-8555
群馬県太田市スバル町1-1(株)SUBARU群馬製作所・本館1F
〒372-8508
群馬県伊勢崎市末広100
営業利益 経常利益 営業利益:16億168万円(2020年3月期)
経常利益:15億7,152万円(2020年3月期)
株主構成 (株)SUBARU100%子会社
沿革 1965年12月 設立
1969年 1月 保険代理店業開始
1970年 5月 不動産事業開始
1972年10月 旅行代理業開始
2000年 4月 スバル建物(株)がスバル興産(株)、
      スバルコーポレーション(株) を吸収合併し、
      社名をスバル興産(株)に変更。
2004年 4月 さいたま市に複合商業施設「ステラタウン」オープン
2014年 7月 エビススバルビル完成
2014年 8月 (株)SUBARUとともに新宿スバルビルからエビススバルビルに本社移転
2014年10月 イベントスペース「EBiS303」 ホール・カンファレンススペース開業 
2017年 4月 群馬事業本部 群馬事業部開設

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7.5年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 18時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 16日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2019年度

取材情報

不動産管理に関するあらゆる課題を受け止め、お客さまの期待を超える成果を出す仕事
3名の社員が「スバル興産でかなえた理想のキャリア」を語ります
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル5F
TEL:03-6447-8900

【お問い合わせ・ご連絡】
総務部 清水
E-mail:shimizu.takahiro@skc.subaru.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp232685/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
スバル興産(株)【SUBARUグループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
スバル興産(株)【SUBARUグループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ