最終更新日:2021/8/24

(株)丸金

  • 正社員

業種

  • 食品
  • 農林・水産

基本情報

本社
長野県
資本金
3,000万円
売上高
15億5,000万円 (2019年実績)
従業員
220名(パート、実習生含む 2020年11月現在)
募集人数
若干名

本当のエノキタケの美味しさを、日本中に届けよう!

【8/31今期最後の説明会!】エントリーをお願い致します! (2021/08/24更新)

PHOTO

みなさん、こんにちは!
(株)丸金/採用担当です。

現在、Webセミナーを開催しております。
ぜひお気軽にご予約ください!

会社紹介記事

PHOTO
自然豊かな善光寺平が丸金エノキダケのふるさと。篠ノ井・小松原の両工場と本社・培養センターを設け、種菌管理から栽培、包装、販売まで自社一貫で行っている。
PHOTO
50年近いノウハウとこだわりで育てられるエノキダケ。天然キノコに劣らない味わい深さは、都内有名レストランでも使われるなど、全国から高い評価を得ている。

国産木培地による循環型のエノキづくりで、食卓に健康とおいしさを届けます

PHOTO

型にはまった製品でないからこそ気をつける点も多い。「お客様がイメージされる姿形で提供するため、1つひとつ大きさを揃えながらパッケージしています」と笹岡さん

長野県は全国的に知られるキノコの一大産地。私たちはその中で、国産の培地に徹底してこだわり、安心・安全かつ味わい深いエノキダケを栽培・販売しています。

当社はエノキダケを育む命の源、培地にこだわっています。培地とは、きのこを育てるための土壌や環境のことです。安価な外国産コーンコブ(トウモロコシの芯)の培地が主流となる中、当社では樹齢約30年の国産木の間伐材を砕き、1年以上熟成させて培地に利用します。育てる水は信州戸隠の天然湧水で、自然界の厳しい環境に近づけた育成環境も、天然エノキに近いおいしさを引き出します。近年では、収穫が終わった培地を天然の肥料として、近隣の農家さんに活用いただくようになりました。森から畑へ、循環する取組みは環境面からも高く評価され、信州ブランドアワード大賞(しあわせ健康部門)や環境省グッドライフアワード(環境社会イノベーション賞)も受賞しています。

私が入社したのは1995年、まだ工場も培養センターも1棟しかない頃です。市場ルートの確保や運送会社さんの手配、新しいパッケージの企画など、社長と一緒に色々な仕事を一から手がけてきました。2010年には生産ラインの管理を行う生産部の部長へ。生産部スタッフの9割近くは女性で、もう1人の生産部長も女性なので、管理職だからといってあまり気負わずに、皆さんとコミュニケーションを図っています。「働く時間の相談に乗ってもらえる」「産休明け後、子育てしながら働いている」という話を聞くと嬉しいですし、今後も働きやすい環境をつくって、ライフステージを問わず長く働けるようなサポートをしていきたいと思います。

気をつけているのは、受注と生産量のバランスを取ること。生き物が相手なので、注文が殺到するとどうしても対応できないことがあります。出荷前の段階から予想を立て、うまく調整するのも生産部の仕事ですが、なかなか難しいですね。

エノキダケの栄養価の高さやダイエット効果が知られるようになり、レシピの幅も増えて、当社の知名度は年々高まっています。各地の有名レストランやホテルで使われるほか、食にこだわるお客様から直接お問合せをいただくことも。今後はいっそう手軽に使える商品を増やし、多くの方の日々の食卓に役立ててほしいですね。さらに環境面からも、当社の循環型の育成方法を多くの方に知っていただけたら嬉しいです。(取締役生産部長/笹岡智奈美さん)

会社データ

プロフィール

栽培が難しいとされる完全木質培地にこだわり、美味しさと安全性を追求したエノキタケを独自のノウハウで一貫生産。全国のスーパーや生協などで、その品質は高く評価されています。また、エノキタケの機能性に注目、加工品などの開発を通し、「美味しくて体に良い」エノキタケの召し上がり方を提案しています。

事業内容
エノキタケ及びエノキタケ加工品の生産・販売
本社郵便番号 381-2235
本社所在地 長野県長野市篠ノ井小松原2367-1
本社電話番号 026-293-2177
創業 1953年
資本金 3,000万円
従業員 220名(パート、実習生含む 2020年11月現在)
売上高 15億5,000万円 (2019年実績)
事業所 本社工場 小松原工場 篠ノ井工場
沿革
  • 1953年4月
    • 青果物移出業として、丸金青果(株)創業
  • 1972年
    • エノキタケ生産・販売に取り組む
  • 1992年
    • 小松原第1工場落成
  • 1995年
    • 本社培養センター落成
  • 1997年
    • (株)丸金に改称
      小松原第2工場落成
  • 2004年
    • 篠ノ井第1工場落成
  • 2005年
    • 篠ノ井第2工場落成
  • 2018年
    • えのき健康研究室開設

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10.3年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 9.5時間
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒381-2235
住所:長野県長野市篠ノ井小松原字前河原2367-1
番号:026-293-2177
担当:採用担当
URL http://www.marukin.jp/
E-mail saiyou@marukin.jp
交通機関 本社:信越本線・篠ノ井線 今井駅 徒歩20分
小松原工場:同線 川中島駅 徒歩20分
篠ノ井工場:同線 篠ノ井駅 徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp233393/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)丸金と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ