最終更新日:2021/5/27

小野(株)【手芸センタードリーム】

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 専門店(その他小売)

基本情報

本社
香川県
PHOTO

お客さんの「作ってみたい」をサポート!

建石 良介
2012年入社
大東文化大学
外国語学部日本語学科
フレルさぎ沼店店長(兼)ブロック長

小野株式会社(手芸センタードリーム)ってどんな会社?

やりたいことを実現できる!若い力を存分に発揮できる会社。

年に一回、手芸業界最大のイベント「日本ホビーショー」に3年前よりドリームも出展しています。
このイベントの来場者数は約14万人です。
このイベントでの企画コンセプト立案から当日の運営まで自分たちの力ですべて形にします。
今年はこの手芸が流行っている。この商品はこういった魅せ方が良い。当日はゲストを呼ぼう!等々。
日常の業務であっても自分の考えを形にしやすい会社ではありますが、イベントでも同じです。
考えるのは自分!実行するのも自分!すごくやりがいがあります。
もちろん一人で実現はできません。先輩・同期・後輩みんなでアイデアを出して協力して実現を目指します。それは新入社員でも5年目の社員もみんな一緒です。良いと思ったらどんどん取り入れていきます。

みなさんの若いパワーで会社を盛り上げていきましょう!


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

別業種ではありますが、学生時代に販売員のアルバイトをしてました。
お客様と接する中で、お悩みを解決できたり、探していたものが見つかって喜んでいただけることに、
すごくやりがいを感じていました。
接客応対で喜んでいただくだけではなく、ニーズにあった商品を自身で仕入れたり開発することでよりお客様の満足度を向上できるのではないかと考えていました。
単純に商品開発という言葉への憧れもありました。

そこで、就職活動をしている中で下記の点を重視していました。
・お客様と直接接することで自分の考えを店舗へ反映できる
・商品の開発や仕入れに携わることができる
・年齢が若い人が活躍している

ドリームでは上記3点すべて当てはまります。
ズバリ、私がドリームを選んだ理由はここにあります。


だからこの仕事が好き!一番うれしかったエピソード

初めて店長として配属された店舗での出来事です。

ドリームでは毎年夏休みに「子ども店長」という企画を実施しています。
お子さまに店舗のお仕事を体験してもらう人気企画です。
そこで当時小学校3年生の女の子が弟と一緒に参加してくれました。
その時の体験が楽しかったのか
その後も講習会に継続的に参加してくれるようになり、
会うたびに「てんちょー、てんちょー」と慕ってくれて作ったものを嬉しそうに見せてくれてました。
こちらとしてももっと喜んでもらえるような講習会を企画しよう!という気持ちになりますよね。

企画や講習会を通じて手芸の楽しさを知ってもらえるきっかけを作れたこと、すごく嬉しかったです。


これが私の休日の過ごし方!

現在、私は子供2人と奥さんの4人家族です。
休日は近くのショッピングセンターへ買い物へ出かけることが多いです。
特に子どもの服を見たり、雑貨屋さんに行ったりする機会が増えました。
娘がちょうど4歳になり、なんにでも興味をもつようになりました。
雑貨屋さんて誘惑が多いんですよね。
キラキラしたもの、かわいい形のビーズなど見つけると片っ端から「欲しい」を連発です。

せっかく手芸店に勤めているのですから、そこは娘と一緒に手作りですよね。
もともとはあまり手芸をする方ではなかったのですが、子供と一緒に遊びながら
簡単なアクセサリーをつくったりしています。自身の知識にもつながるなんて一石二鳥です。
なので、今では家に作ったものがあふれかえっています。(笑)

手芸だけではなく、料理であったり・DIYなど自分でなにかを作ることが基本的に好きです。
手作りという点では、この仕事があっているように思います。


トップへ