最終更新日:2021/5/13

JR九州電気システム(株)【JR九州グループ】

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 設備工事

基本情報

本社
福岡県
資本金
9,250万円
売上高
174億円(2020年3月実績)
従業員
599名(2020年10月1日現在)
募集人数
1~5名

人を尊重し、安全を最優先する意志と鉄道の安定輸送を支える高度な技術を持ち、常に挑み成長する企業としてお客さまの期待と信頼にお応えし、地域社会の発展に貢献します。

JR九州電気システムの企業画面へようこそ! (2021/05/13更新)

こんにちは!
JR九州電気システム採用担当の田川と申します。

この度は当社の企業画面へお越しいただきありがとうございます。
説明会や選考会など、採用に関する情報は、随時マイナビ上に公開してまいります。

なお、エントリーいただいた方には、メールにて説明会等のお知らせをお送りさせていただく予定ですので、まずはエントリーください!

皆様のエントリーを心よりお待ちしております。

会社紹介記事

PHOTO
在来線・新幹線の電車線路設備や信号設備、通信設備など列車のスムーズな運行を支える電気設備事業者。新設や改良工事など、24時間体制でサポートする。
PHOTO
駅や列車を安心して利用できるのも、同社の確かな技術力があるからこそ。地域・社会への貢献を実感しながら、日々の業務に取り組むことができる。

日々の業務を通して地域社会の発展に貢献できる!

PHOTO

20~30代の社員が多く、アットホームな社風が息づく同社。「若手社員も積極的に発言できる会社です」と、浜口さん(左)と石松さん(右)は口を揃える。

■営業本部 業務部 安全推進室 室長 浜口 宗一郎(1995年入社)

当社は鉄道電気設備と建築電気設備を中心に各種電気工事事業を展開しています。その中でも、建築電気設備部門の安全管理全般を担当。「安全は全ての基本」という共通認識のもと、工事現場の安全な環境づくりを整備するとともに、工事に携わっている方の安全管理も行なっています。管理というと社内業務のイメージがあるかもしれませんが、現場の状況は常に変わりますので、月に4、5回は現場を訪れ、安全な環境であるかの確認をしています。また、社員の安全意識の向上を図ることも大切な仕事の一つ。なかでも、若手社員の意識が向上しているのを実感できたときは嬉しいものですね。とはいえ、相手に何かを伝えるというのは、とても難しいもの。座学だけでなく、できるだけ現場に落とし込み、実務を通して理解してもらうよう心がけています。近年は働き方改革の取り組みが始まっていますが、現時点では現場への浸透がまだまだだと感じています。今後は、働き方改革に対応できる人材を育成し、社内環境も整備しながら、現場に即した働き方改革を進めていきたいと考えています。

■鉄道システム設計部 主席 石松 明(2010年入社)

人々の役に立ちたいという想いがあり、社会に貢献できる企業を探していたところ当社に出会いました。当社はJR九州の駅や線路沿線(踏切など)の設備を数多く手がけていますが、それらは、多くの人々が利用したり目にしたりするものです。私もJR九州を利用して通勤しており、多くのお客様が駅や鉄道を利用している光景を見ると、私たちの日々の業務が人々の支えになっていると、やりがいを感じます。私たちの部署では1人1現場を担当するのですが、あるとき、これまでに経験のない難しい工事を担当することになりました。1人で進めていたものの、工程的に厳しく行き詰まってしまいました。それを一人で抱え込んでしまい二進も三進もいかなくなっていたら、先輩が気づいてサポートしてくださって。無事に竣工を迎えることができたんです。この経験から報・連・相がいかに大切かを学ばせてもらいました。設計部で難易度の高い仕事をこなすことで、自身のレベルアップを実感しています。しばらくは設計部で技術や知識を重ね、現場に戻った際には、ここで学んだことを後輩に伝え、現場の技術力の底上げを図っていきたいと思います。

会社データ

プロフィール

鉄道電気工事で培った安心・安全な鉄道運行を確保する確かな技術力を基に、人に、街に、快適な環境を創造する建築設備工事をはじめ、”繋がる”を支えていく情報通信工事、発電事業等にも積極的に取り組んでいます。

事業内容
安全・正確・快適な列車運行を支えるため、鉄道の保守管理に関して先端技術を提供することが当社の事業の核です。その他、鉄道運行を支える電気設備の設計・施工を軸に、インテリジェントビルや駅のコンコースの設計・施工・メンテナンス等も行なっています。
また、太陽光発電・LED等のエコ・省エネ工事により、お客様のクリーンなエネルギーライフへの支援を行っています。

PHOTO

本社郵便番号 812-0039
本社所在地 福岡市博多区冷泉町4番17号 博多祇園NKビル
本社電話番号 092-291-8800
設立 1952年(昭和27年)3月
資本金 9,250万円
従業員 599名(2020年10月1日現在)
売上高 174億円(2020年3月実績)
事業所 ■本店    福岡市博多区冷泉町4番17号 博多祇園NKビル
■北九州支店 北九州市門司区小森江3丁目9番15号
■福岡支店  福岡市博多区竹下1丁目20番11号
■長崎支店・長崎新幹線建設支店  諫早市栄田町23番59号
■大分支店  大分市仲西町1丁目14番3号
■熊本支店・熊本新幹線支店 宇土市新松原町2番地1
■鹿児島支店 鹿児島市錦江町9番22号
■宮崎支店  宮崎市久恒南1丁目10番地10
■福岡営業支店・通信ネットワーク支店 福岡市博多区竹下1丁目20番17号
■東京営業所 東京都千代田区丸の内1丁目6-5丸の内北口ビル8階
経常利益 12億円(2020年3月実績)
株主構成 九州旅客鉄道(株)
主な取引先 九州旅客鉄道(株)、九州地方整備局、鉄道建設・運輸施設整備支援機構、福岡県、福岡市、北九州市、福岡市交通局
平均年齢 38.7歳
沿革
  • 1952年3月
    • ・小倉市(現北九州市小倉北区)に「大栄電業(株)」として営業を開始
  • 1989年
    • ・JR九州の出資を受け、子会社となる
      ・増資により資本金が9,250万円となる
      ・称号を「大栄電業(株)」から「九州電気システム(株)」に改称
      ・本店を北九州市小倉北区室町から小倉北区鍛冶町へ移転
  • 1990年
    • ・「電気設備検修工事一元化」に伴う営業開始
      ・北九州支店、大分支店、熊本支店、鹿児島支店を新設
      ・本店工事部及び保全事業部を廃止し、電力部信号通信部を設置
      ・経営企画室を設置
  • 1993年
    • ・九州電気システム安全協力会設立
      ・総務部システム開発課をシステム開発室に変更
  • 1995年
    • ・経理部を新設
      ・九州電気システム(株)本店北九州支店を新住所に移し、営業開始
      ・安全管理室を安全管理部に変更
      ・技術設計部を新設
      ・システム開発室を情報システム管理室に変更
  • 1997年
    • ・本社直轄営業所を新設
      ・長崎支店、宮崎支店を新設
  • 1998年
    • ・組織改正
      ・研修部品質保証部を新設
      ・研修センターを新設
  • 1999年
    • ・本店北九州支店福岡支店において「ISO9001」の認証取得
  • 2000年
    • ・業務移管推進担当部プロジェクト担当部を新設
      ・長崎・大分・熊本・鹿児島・宮崎支店において「ISO9001」の認証取得
  • 2001年
    • ・関東営業所を新設
      ・新幹線工事部を新設
      ・システム工事部を新設
      ・プロジェクト担当部を廃止
      ・八代新幹線支店を新設
      ・福岡本店を新設
  • 2003年
    • ・経営企画室を企画部に変更
      ・業務移管担当部を廃止
  • 2004年
    • ・鉄道技術本部を新設
      ・情報システム管理室・システム工事部を統合しシステム部を新設
      ・新幹線工事部を新幹線建設部に変更
      ・八代新幹線支店の廃止
  • 2005年
    • ・福岡支店に橋本地下鉄工事所を新設
  • 2006年
    • ・システム部の廃止
      ・情報システム室・ネットワーク部・鉄道システム部を新設
  • 2007年
    • ・安全管理部を安全推進部に変更
      ・新幹線建設部を新幹線工事部に変更
  • 2008年
    • ・熊本新幹線支店を新設
  • 2011年
    • ・大牟田新幹線支店を新設
      ・熊本新幹線支店の廃止
      ・研修部・ネットワーク部・鉄道システム部・技術設計部の廃止
      ・鉄道システム設計部・直轄工事支援プロジェクトの新設
  • 2012年
    • ・北海道新幹線支店の新設
      ・富山新幹線支店の新設
      ・メガソーラー事業開発部の新設
  • 2013年
    • ・北九州本店及び福岡本店を統合し、新社屋(福岡市博多区竹下)へ移転
  • 2014年
    • ・北九州支店を旧本店ビル(門司区小森江)へ移転
  • 2015年
    • ・長崎支店を新社屋(諫早市栄田町)へ移転
      ・大分支店を新社屋(大分市仲西町)へ移転
      ・富山新幹線支店及び北海道新幹線支店を廃止
      ・メガソーラー事業開発部を廃止
  • 2016年
    • ・営業部を営業本部に組織改正
      ・宮崎支店を新社屋(宮崎市恒久南)へ移転
      ・マンション事業開始(旧大分支店跡地)
  • 2017年
    • ・鹿児島支店を新社屋(鹿児島市錦江町)へ移転
  • 2019年
    • ・本店を博多祇園NKビル(福岡市博多区冷泉町)へ移転
  • 2020年
    • ・称号を「九州電気システム(株)」から「JR九州電気システム(株)」に改称

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11.2年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 26.0時間
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 JR九州電気システム(株) 本社
〒812-0039
福岡市博多区冷泉町4番17号 博多祇園NKビル6F
TEL:092-291-8800
人材コーディネート部

URL http://www.kdsnet.co.jp/company/
交通機関 JR博多駅より徒歩10分
地下鉄祇園駅より徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp235057/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
JR九州電気システム(株)【JR九州グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

JR九州電気システム(株)【JR九州グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
【有力企業グループ特集】JR九州グループ

トップへ