最終更新日:2021/3/5

黒龍酒造(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 食品

基本情報

本社
福井県
PHOTO

黒龍のお酒が一番だ!

山岸 晶
2018年入社
山形大学
農学部食品生命環境科
企画営業部企画営業課

現在の仕事内容

今年度より醸造部から企画営業部へと異動になりました。異動後は主に特約店様とのやりとりや県外へ出荷する荷物のピッキングと積み込み、その他さまざまな仕事を行っています。
9月から担当エリアを任され、その地域の特約店様とやりとりを行っています。黒龍酒造の窓口として、月ごとの注文への対応や報告・連絡・相談、説明等が主な内容です。担当は広範囲にわたるため、その地域・お店の特性に沿った対応を行う様に心がけています。また、現在は出張やイベント参加を自粛しているため、直接お会いすることができませんが、電話やメールによる対応を密に行うなど工夫をしています。
また、毎日、県外へ商品を出荷しているため、その日の出荷内容に合わせて倉庫から商品のピッキングを行い、荷物の積み込みを行います。時間が限られ、力作業になることもありますが、お客様にお届けする最後の工程になるため、丁寧にかつスピーディーに行う事を心掛けています。


今の仕事のやりがい

担当の特約店様からのご要望やご意見を聞き、それについて対応し解決することは大きなやりがいです。当社と特約店様をつなぎ、両方が納得できる形のものを提案・解決することは簡単ではありませんが、お互いが納得いく形で解決できるときは非常にうれしいですし、大きなやりがいに感じます。
また、私は2年間醸造部に在籍していましたが、企画営業部では全く異なる刺激や学びがあると思います。例えば、当社の商品を扱っていただいている酒販店様と直接お話をすることはこの部署ならではの仕事であり、これらの言葉を聴けることは、大きなやりがいとなっています。


この会社に決めた理由

もともと日本酒を製造する仕事がしたいと思っており、当社の説明会に参加しました。それまで当社のお酒を飲んだことがなく、説明会終了後に個人的に購入し、帰宅後に初めて黒龍というお酒を味わいました。その時、今まで味わったことのない感動を覚えました。それまでにもいろいろなお酒を飲んだことがありましたが、このお酒が一番だと感じ、自分もこのお酒に携わりたいと思い、当社を選びました。


この会社で成し遂げたいこと

この会社の様々な仕事をマスターし、重要な一員になることです。2年間醸造部で酒造りに対して真摯に向き合い、酒造りについて学び知見を深めてきました。現在はその酒造りで培ったものを反復し、活かしながら、企画営業という新しい部署で挑戦しています。このような情勢の中で思うように仕事を行えないこともありますが、今だからこそできる仕事を見つけるようにしています。この積み重ねにより、様々な仕事をこなし、会社にとって重要な人材となるよう努力しています。


職場の雰囲気

企画営業部の事務所は、上司や先輩社員・同僚共に壁が無く、意見や質問がしやすい雰囲気です。仕事で気になることや困ったことなど、すぐに周りに聞ける雰囲気があるため、初めての仕事などでもスムーズに進められると思います。また醸造部もそうですが、フレンドリー過ぎずに締めるところはしっかり締めることができており、ここも良い所だと思います。


トップへ