最終更新日:2021/9/22

(株)山口製作所

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 金属製品
  • 非鉄金属
  • 自動車・自動車部品
  • ソフトウエア
  • 情報処理

基本情報

本社
静岡県
資本金
4,820万円
売上高
40億2,800万円(2019年12月実績)
従業員
102名
募集人数
1~5名

【静岡県で働きたい方へ】大小幅広い金属製品に対応し、社内で一貫製造できる技術力

  • 積極的に受付中

【秋採用】株式会社山口製作所へアクセス頂きありがとうございます!9月・10月WEB会社説明会ご予約受付中! (2021/09/22更新)

みなさんこんにちは!
株式会社山口製作所の採用担当です。
2022年卒の採用活動中です!

下記日程で、自宅からでも参加できるWEB会社説明会のご予約受付中です!

09月29日
10月06日、13日、20日、27日

ぜひご参加ください!

【新型コロナウイルス感染症への対策の実施について】
・会社説明会はWEBで実施いたします。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
技術力と品質を強みとして70年の実績を重ねてきた技術専門集団。静岡県沼津市を本拠にアジア諸国から米国まで生産・販売拠点をグローバル展開している。
PHOTO
経験豊富なベテラン社員にバックアップされ、若手社員が第一線で活躍。横のつながりも強く、有志で作るフットサル同好会もある。

自分が関わった新型車を街で見かけた時の達成感が次のモチベーションになります

PHOTO

技術開発部の長澤等さん(2003年入社)は鍛造と切削に分かれる技術開発部で切削のリーダーを担当。

当社は特殊ねじや精密金属加工品のメーカーとして、主に国内外の自動車メーカーに向けた部品の供給を行い、70年の歴史を重ねてきました。当社の技術の強みは、量産に必要な治具などを自社で設計することで、製造が難しい複雑な形状の製品でもスピーディに量産化を実現できることです。

その量産立ち上げを行っているのが私たち技術開発部です。私は切削加工を担当し、どの加工設備を使うかなどを検討して生産ラインの組み立てを行っています。自社の設備だけで足りなければ機械メーカーと打ち合わせて最適な設備を購入するのも私の仕事です。

自動車メーカーが新しい車種を出すたびに新しい部品が必要となるため、その都度新たに生産ラインを立ち上げますが、何度やっても一発で思った通りにできることはまずありません。「チャック」と呼ばれる素材を保持する軸をはじめとした生産設備の設計を行ったり、製品の材質に合わせて最適な工具を選んだりと、トライ&エラーを繰り返しながら量産可能な形に近づけていきます。試作した製品の出来をチェックするのはもちろん、生産ラインを担当する製造部門が効率良く作業できるような工夫も重要。立ち上げ間近になると生産現場に張り付いてあれこれ策を練っています。基本的に残業のない会社ですが、立ち上げ直前には遅くまで残ることもありますね。

苦労して生み出した製品が、今まで世の中になかった新しい車種に搭載されるのがこの仕事のやりがい。自分が関わった新型の車を街で見かけると、良かったなと思います。最初から部品づくりに興味がなくても、頭で想像したものが形になる達成感を味わうと、興味が高まりますね。
当社は社長や会長も技術系出身で現場をよく知っている分、理想とするものづくりのハードルが高いのが特徴です。たとえば不良品の発生率を1%以下に抑えるという目標があれば、1%を目指すのではなくゼロを目指さないと達成できません。理想を高く持つことが目標達成には大事だと、トップの姿勢から学びました。社長や会長と距離が近く、直接相談したり技術的なアドバイスをもらえるのは当社ならでは。各部署の先輩方との横のつながりも緊密で、何かトラブルが起こった時豊富な経験から相談に乗ってくれる方がたくさんいます。私も先輩方のように後輩の相談に乗ったり、「こうしたいんだけどどうかな?」と意見を聴くことを心がけています。

会社データ

プロフィール

設立   1950年10月
資本金  4,820万円
従業員数 102名
売上高  40億2,800万円(2019年12月実績)
連結売上 71憶7,200万円(2019年12月実績)
代表者  代表取締役社長 今井 康行

事業内容
各種特殊ねじ・各種精密金属加工品の製造
【主な生産品目】
 配管用継ぎ手・DI部品・ランプ部品(ヘッド/リアコンビ)
 ドアロック/シート部品・樹脂部品

PHOTO

本社郵便番号 410-0001
本社所在地 静岡県沼津市足高292-69
本社電話番号 055-925-2000
設立 1950年10月
資本金 4,820万円
従業員 102名
売上高 40億2,800万円(2019年12月実績)
事業所 長泉事業所:静岡県駿東郡長泉町南一色210
平均年齢 35歳
沿革
  • 1950年10月
    • 創業者山口貞造が個人企業として静岡県沼津市に山口製作所を設立
  • 1951年11月
    • すり割り付小ねじ生産販売開始
  • 1960年08月
    • 沼海市西間門に沼津工場完成
  • 1964年09月
    • 資本金200万円(株)山口製作所を設立
  • 1965年01月
    • 日本工業規格(JIS)の表示許可
  • 1968年10月
    • 本社工場を沼津市から長泉町ヘ移転
  • 1976年06月
    • 5D5Bパーツホーマ(ナショナルマシナリ一社製)を導入し自動車部品の生産開始
  • 1989年09月
    • (中国進出)中国大連市大連経済開発区に山口制作大連有限公司設立
  • 1989年03月
    • 沼津市工業団地内に本社工場を移転
  • 1990年03月
    • (本社)ISO9001認証取得
  • 1993年07月
    • 山口制作大連有限公司でサーミスタ生産開始
  • 1999年03月
    • ISO9002認証取得
  • 2001年09月
    • 山口制作大連有限公司を経済技術開発区から輸出加工区へ移転、ISO9001を同時に取得
  • 2002年10月
    • (中国進出)山口制作(珠海)機電有限公司を中国珠海市に設立
  • 2003年07月
    • (北米進出)YAMAGUCHI MFG USA,Inc. 米国インディアナ州リッチモンド市に設立
  • 2004年08月
    • (本社)本社新工場を新築移転(沼津工業団地内にて)
  • 2004年03月
    • (中国進出)山口制作(大連)鍛圧部件有限公司を大連海湾工業区(普蘭店)に設立
  • 2005年10月
    • (中国進出)山口制作(大連)模具有限公司を大連経済開発区に設立
  • 2011年10月
    • (タイ進出)YAMAGUCHI MFG THAILANDをタイバンコク市に設立
  • 2013年01月
    • (インドネシア進出)PT.YAMAGUCHI INDONESIAをインドネシア ブカシ県に設立
  • 2014年07月
    • ユーアイテクノロジ一社を事業継承し樹脂成形の生産拡大
  • 2018年06月
    • PT.YAMAGUCHI INDONESIA をインドネシア ブカシ県からインドネシア カラワン県に移転し、自社工場取得

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 2時間
    2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)山口製作所
〒410-0001
静岡県沼津市足高292-69
採用担当 総務部:高木
TEL:055-925-2000
URL http://www.yamaguchi-mfg.co.jp/
E-mail somu@yamaguchi-mfg.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp240592/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)山口製作所と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ