最終更新日:2021/6/2

富士食品工業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 食品

基本情報

本社
神奈川県
資本金
3億35万8,000円
売上高
非公開
従業員
455名(2020年10月1日時点)
募集人数
6~10名

「食べ歩き大好き」「ラーメン大好き」という食への想いを持った方、大歓迎です。天然調味料で「おいしさ」を提供し、世界中の人々を笑顔にする仕事です。

  • My Career Box利用中

調味料メーカーの富士食品工業です! (2021/03/18更新)

PHOTO

★☆エントリーされた方に会社説明会をご案内中!☆★

当社は、世界レベルの天然調味料メーカーとして各国の食文化に貢献することを目指しています。
みなさんからのエントリーをお持ちしています!

会社紹介記事

PHOTO
若手社員が活躍しています。
PHOTO
和洋中の幅広い調味料を製造・販売しています。

会社データ

プロフィール


富士食品工業は、JTグループの食品事業における調味料事業の中核会社で、
調味料の製造・販売を行っています。

本社を横浜市に置き、営業部門、サポート・管理部門、商品開発の部署があります。また、羽田食品開発センターには、酵母等を研究・開発する部署があります。
さらに販売拠点は本社のほかに、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡の5支店があります。
製造拠点は、静岡県島田市に液体調味料と粉体調味料を製造する静岡金谷工場があります。

当社は、1958年に横浜市において創業しました。その後、2008年4月に日本たばこ産業株式会社(JT)と資本業務提携を行い、JTグループの一員となりました。翌2009年にグループ内の調味料事業を統合し、現在の姿になりました。

1952年に国産初の固形コンソメスープを開発。また、1958年には麺用粉末スープ、1975年に日本初の家庭用オイスターソースの販売を開始するなど、国内マーケットにおける先駆者的な存在です。

海外への進出は、1982年に米国ノースカロライナ州グリーンズボロにFuji Foods Inc.を設立。1996年にはバーリントン工場(同州)、2002年中国蘇州市に富士食品工業(蘇州)有限公司を設立しました。さらに2018年には、インドネシア国ジャカルタ州にPT.Sekar Fuji Foodsを設立、2019年にThai Foods International Co.,Ltd.を子会社としました。

アジアでは、イスラム教の「ハラール」の認定を受けた調味料を、アメリカでは、ユダヤ教の「コーシャ」の認定を受けた付加価値の高い調味料の展開を始めるなど、海外展開を積極的に行い、ワールドワイドに成長を続けています。

これら生産・販売の拠点がネットワークを形成し、シナジーを発揮しながら現地の外食企業や加工食品メーカーに向け、共同開発、技術支援を重ね事業成長してきました。

今後さらに原料調達から販売開拓までのネットワークを強化し、世界レベルの天然調味料メーカーとして各国の食文化に貢献していく方針です。

事業内容

企業向けの商品を取扱うB to Bの企業で、主に業務用調味料・加工原料調味料という分野の商品を扱っています。

業務用調味料は、産業給食、サービスエリアなどのフードコート、牛丼やハンバーガーなどのファストフードチェーン店や、ラーメンチェーン店などの外食産業で使われる調味料です。

加工原料調味料は、冷凍食品、ハム・ソーセージなどの畜肉加工食品、水産加工食品などのメーカーに販売する和洋中の調味料です。

お客様の求める加工度に応じた幅広い調味料を扱っており、この事業領域の幅広さも、富士食品工業の魅力と考えています。
本社郵便番号 222-8624
本社所在地 神奈川県横浜市港北区大豆戸町94
本社電話番号 045-542-4121
設立 1958年8月1日
資本金 3億35万8,000円
従業員 455名(2020年10月1日時点)
売上高 非公開
事業所 本社/横浜
支店/仙台、名古屋、大阪、広島、福岡
工場/島田(静岡)
研究所/羽田
関連会社 Fuji Foods Inc. (アメリカ)
富士食品工業(蘇州)有限公司 (中国)
PT.SEKAR FUJI FOODS (インドネシア)
Thai Foods International Co.,Ltd (タイ)
平均年齢 42歳(2020年10月1日時点)
平均勤続年数 15年(2020年10月1日時点)
沿革
  • 1938年
    • 東京都鎌田にて粉末醤油・粉末味噌の非常用食品の製造を開始する
  • 1952年
    • 国産初の「固形コンソメスープ」を開発
  • 1958年
    • 富士食品工業(株)設立
      オイスターソース、粉末そばつゆ、コンソメスープ発売
      世界で初めて麺用粉末スープを開発
  • 1961年
    • 即席ラーメン用別添スープを開発
      国内メーカーへ技術援助開始
  • 1966年
    • 本社工場新設、粉末スープの増産をはかる
  • 1969年
    • エチオピア・マダカスカルに現地政府合弁による肉エキス工場設立
      酵素分解型ビーフエキスの開発に成功し販売開始
  • 1971年
    • 新羽工場設立(2010年 静岡金谷工場に統合)
  • 1972年
    • 牛肉エキス調味料「ビーフェックス」発売
  • 1975年
    • 日本メーカーで初の家庭用オイスターソース発売
  • 1977年
    • ジェントリースープ発売
  • 1980年
    • 酵素分解型チキンエキスの開発に成功し販売開始
  • 1982年
    • 米国ノースカロライナ州グリーンズボロにFuji Foods Inc.設立
  • 1990年
    • 静岡金谷工場新設
  • 1996年
    • 米国ノースカロライナ州にバーリントン工場新設
  • 2000年
    • 日本初 粗挽きトウガラシ「OHot.」発売
  • 2002年
    • 中国蘇州市に富士食品工業(蘇州)有限公司設立
  • 2008年
    • 日本たばこ産業(株)と資本・業務提携
      テーブルマーク(株)と資本・業務提携
  • 2009年
    • ジェイティフーズ(株)の調味料部門を当社に統合
      ISO22000取得
  • 2010年
    • 静岡金谷工場内に粉末顆粒調味料工場新設(生産機能集約)
      金谷物流センター新設
  • 2012年
    • FSSC22000取得
  • 2015年
    • 資本金3,3735万円から3億35万8,000円に増資
  • 2018年
    • インドネシア国ジャカルタ州にPT.Sekar Fuji Foods設立
  • 2019年
    • タイ国ナコンパトム県のThai Foods International Co.,Ltdを子会社化
      日本たばこ産業(株)の完全子会社となる

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.3年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 21時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 10名 5名 15名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 10名 0名 10名
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 5.5%
      (91名中5名)
    • 2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒222-8624
神奈川県横浜市港北区大豆戸町94
総務部 人事グループ 採用担当
TEL:045-542-4122(直通)
URL https://www.fuji-foods.co.jp/corporate/information/02.html
E-mail f.jinji@fuji-foods.co.jp
交通機関 東急東横線、JR横浜線 菊名駅下車徒歩13分
東急東横線 大倉山駅下車徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp241811/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
富士食品工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
富士食品工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ