最終更新日:2022/1/6

中央建材工業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 建設
  • 設備工事
  • 住宅
  • 住宅(リフォーム)

基本情報

本社
愛知県
PHOTO

実はすごい会社なんです

藤井一徳
2017年入社
26歳
尾道市立大学
経済情報学部
本社第二工事G
営業及び現場施工管理

入社を決めた理由は?

入社を決めた理由は中央建材工業の施工実績の濃さです愛知県内の防水工事業界ではトップの実績を持っていると感じました。防水工事においてスーパーゼネコンと言われる大手建設会社や愛知県の誇る企業であるトヨタ自動車との70年に渡る信頼と実績を得るまでの歴史を知った時、まだこの業界のことを何も知らなかった当時の私でさえ驚きと敬意の念があふれたことを覚えています。私もこんなプロフェッショナルな会社の一員になって、いつか愛知県や日本が誇れる建物の建設工事に少しでも携わってみたいと思い、入社を決めました。


仕事をしていて嬉しい瞬間は?

無事に防水工事を終えて、お客様に感謝の言葉をもらった時です。防水工事は工事の工期、種類、施工環境等、各工事現場によって全然違います。さらに同じ現場でも日が変わるごとに状況は簡単に変化します。そんな中でどうしても工期が短かったり、施工がうまく進まなかったり、思わぬトラブルが発生したりします。そのような問題を元請業者や現場の職人さんと何度も話し合い、工夫して施工します。そういった紆余曲折を経て、無事に工期通りに施工が完了したときのお客様からの感謝のお言葉や「よくやってくれた」とお褒めの言葉をいただいた時はとてもうれしいです。


印象的なエピソードはありますか?

私が入社して一年目のころ、初めて担当させてもらった現場でのことです。そこは岡崎市の都会から少し離れた住宅地の老夫婦が住んでいる一軒家でした。その家のベランダと屋上の防水改修工事を担当することになりました。防水工事に関してまだまだ分からないことばかりの不安から、二週間の工期の中で材料の発注ミス、計算ミス、段取りのミス等かなりたくさんの失敗をしてしまいました。ですが防水施工をしてくれていた職人さんはどんなミスをしてもやさしくフォローしてくれて、一緒に家主の方に謝罪もしてくれました。おかげで工期に遅れることもなく、防水工事を終えることができました。その際に現場の職人さんが「よく頑張った。初めての現場でわからないことばかりだったのにな。お疲れさん。」と言ってくれました。この言葉のおかげでとても救われた気持ちになりました。


現在の仕事観を教えてください。

どんな仕事をするにしても最後には結局、「人対人」の信頼関係が一番大事だと思っています。「またあの人と一緒に仕事をしたい」、「防水工事をお願いするならあの人がいる会社がいいな」と思っていただけるように、5年先、10年先、それ以上先の仕事をもらっていく気持ちでコミュニケーションをとても大事に思っています。あとは、好奇心と探究心を持つことです。わからないこと、疑問に思ったことをそのままにせずにその日のうちに不明点、疑問点を解消することが大事だと考えています。自分で調べたり先輩方や職人さんや防水材料メーカーに質問してすぐに解消することでスキルアップが最速でできるとともにそれがコミュニケーションにもなるので先輩方との絆も深めることができます。わかることが増えればできることが増え、仕事が面白くなると思っています。


会社の仕事環境はどうですか?

会社の先輩方も協力会社の職人さんもみんな優しく楽しい人ばかりです。それに、わからないことがあれば丁寧に教えてくれるのでとても恵まれた環境だと思っています。基本的に工事現場での施工管理が主な仕事なのでハードな状況も少なくないですが、先輩方や職人さんたちは必ず助けてくれるので安心して仕事を続けることができています。


トップへ