最終更新日:2021/4/8

(株)コングレ

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 専門コンサルティング
  • 各種ビジネスサービス・BPO
  • イベント・興行
  • サービス(その他)

基本情報

本社
東京都
資本金
9,900万円
年商
192億円 (2020年3月実績)
従業員
350名 (2020年3月期)
募集人数
若干名

~ 未来が生まれる、「場」をつくる。 ~

株式会社コングレ 2022年度新卒採用 選考受付を終了しました (2021/04/08更新)

PHOTO

たくさんのご応募をいただきありがとうございました。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
G7伊勢志摩サミット 首脳会議(出典:外務省ウェブサイト)
PHOTO
自社MICE施設「ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター」

~ 未来が生まれる、「場」をつくる。 ~

PHOTO

華々しい国際会議の成功を支える企画・運営のプロフェッショナルが会議運営ディレクターです

当社はコンベンション(国際会議・学術会議)の運営を主力事業として、1990年に設立されました。2012年のIMF世銀年次総会、2016年の伊勢志摩サミットなど「国際会議のコングレ」として歴史と記憶に残るコンベンションの企画・運営を数多く手掛け、成功に導いてきました。大型学術会議(学会)の運営にも数多く取り組んでおり、新しい知が生まれる場を支えることで、日本の学術の発展にも貢献しています。

コンベンションのオンライン開催が急速に進むなか、「次世代型コンベンション」を提案し、ITソリューションを活用した新しいコミュニケーションや価値を生み出しています。

さらにそのクオリティとホスピタリティを活かし、全国90ヵ所の文化・観光施設の管理と運営を基幹事業に加え、成長を続けています。
民間企業としては初となる自社MICE施設(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター)の経営をはじめ、2020年に開業した「コングレスクエア羽田」を含め、全国に3カ所の直営MICE施設を所有し、コンベンションを起点としたビジネスを幅広く展開しています。

会社データ

プロフィール

私たちコングレは、コンベンションをビジネスのコアとして、様々な形でコミュニケーションの場を創造してきました。

G7サミットのような首脳会議から、医学・医療、エネルギー、環境、科学技術、金融、男女協働参画、文化・スポーツなど、その分野は多岐にわたり、社会の関心が集まるところには、必ずコングレの仕事があります。

コンベンションから派生した施設運営の事業領域も拡大し、さらにMICE施設の経営や、自主事業として展示会やイベントの主催も行っています。

事業内容

ニュースのヘッドラインを飾る「サミット」や「APEC」等の国際閣僚級会議や、最先端医学の発表の場である学術会議などの企画・演出・運営を行い、その成功を縁の下から支えてきたのがコングレです。

最近では、WEBシステムを活用したオンライン開催、感染対策を施した会場でのリアル開催、さらにそのふたつを組み合わせたハイブリッド開催と、時代のニーズに応えた「次世代型コンベンション」のノウハウを早期に確立し、新たな出会いや研究のきっかけの「場」として、会議の魅力を高めていくチャレンジを続けています。

会議運営で培ったノウハウは「渋谷スクランブルスクエア展望施設『SHIBUYA SKY』」「六本木ヒルズ東京シティービュー」「名古屋国際会議場」、2021年11月に開業する大型MICE施設「出島メッセ長崎」等、全国の著名な文化・観光施設や会議施設の運営にも活かされています。

コングレは、最新の情報が集まる「場」をつくり、新たなコミュニケーションを創造する、MICEのトータルビジネスを展開しています。


<当社の事業内訳>
■コンベンション
 <サミットなどの国際会議、学会、企業セミナーの誘致・企画・運営>

■展示会・イベント
 <展示会、見本市、博覧会、スポーツイベント、企業イベントなどの企画・運営・主催>

■MICE施設・まちづくり
 <国際会議場、国際展示場などのMICE施設のコンサルティング・運営・経営、まちづくり支援>

■文化・観光施設
 <展望施設、水族館、科学館などの文化・観光施設の運営>

■人材サービス
 <人材派遣、人材紹介、アウトソーシング>

 
本社郵便番号 103-8276
本社所在地 東京都中央区日本橋3-10-5 オンワードパークビルディング
本社電話番号 03-3510-3715
第二本社郵便番号 541-0047
第二本社所在地 大阪市中央区淡路町3-6-13 コングレビルディング
設立 1990年6月
資本金 9,900万円
従業員 350名 (2020年3月期)
年商 192億円 (2020年3月実績)
事業所 ●東京本社
東京都中央区日本橋3-10-5 オンワードパークビルディング

●大阪本社
大阪市中央区淡路町3-6-13 コングレビルディング

●大阪本社(うめきたオフィス)
大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル

●中部支社
名古屋市中区新栄町2-13 栄第一生命ビルディング

●九州支社
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル

●北海道支社
札幌市中央区北5条西5-2-12 住友生命札幌ビル

●東北支社
仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービルディング 

●京都支店
京都市中京区梅忠町 24 三条COHJU ビル

●長崎営業所
長崎市元船町6-2 瀬川ビル
主な取引先 国際機関、中央省庁 (財務省、外務省、国交省、経済産業省、環境省、等)、地方自治体、主要大学(東京大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、東北大学、北海道大学、九州大学、慶応大学等)、学術団体、民間企業 (製薬、IT、不動産、マスコミ、広告代理店等) 等
関連会社 (株)沖縄コングレ
沖縄初のコンベンションオーガナイザー 

(株) マイス・ワン
最先端のIT技術でコンベンションや展示会の運営をサポート 

(株)コングレ・グローバルコミュニケーションズ
通訳、翻訳、海外ビジネスサポート

一般社団法人 MICE総研
MICEに特化した日本初のシンクタンク 

康格会展(上海)有限公司 (通称:コングレ上海)  
日中の企業を対象に、コンベンション・イベント・施設サービスを提供
沿革
  •  1990年
    • 株式会社コングレ 設立
      大阪本社・中部支社・京都支店開設
  •  1991年
    • 東京支社(現・東京本社)開設
  •  1994年
    • 九州支社開設
  •  1995年
    • 「アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議(大阪)」の運営を担当
  •  1997年
    • 「地球温暖化防止京都会議」の運営を担当
  •  2000年
    • 東京・大阪の両本社体制に移行
  •  2006年
    • 北海道支社開設
  •  2010年
    • 「名古屋国際会議場」指定管理業務受託
  •  2011年
    • 「はまぎんこども宇宙科学館(横浜)」指定管理業務受託
  •  2012年
    • 東北支社開設
  •  2012年
    • 「IMF・世界銀行年次総会(東京)」の運営を担当
  •  2013年
    • 大阪駅直結・グランフロント大阪に民間企業初の自社MICE施設
      「ナレッジキャピタル・コングレコンベンションセンター」開設
  •  2016年
    • 「伊勢志摩サミット」の運営を担当
  •  2019年
    • 「G20財務大臣・中央銀行総裁会議(福岡)」などの運営を担当
  •  2020年
    • 中央区日本橋へ東京本社移転
      「コングレスクエア羽田(東京)」開設

働き方データ

  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 39.0%
      (59名中23名)
    • 2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)コングレ 人事部
 〒103-8276
 東京都中央区日本橋3-10-5 オンワードパークビルディング
 TEL:03-3510-3715(受付時間:平日9:30~17:30)
URL https://www.congre.com/
E-mail tokyo-saiyou@congre.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp242878/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

トップへ