最終更新日:2021/6/23

双日食料(株)【双日グループ】

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
東京都
資本金
4億1,200万円
売上高
単体1,562億円 連結1,571億円 2020年3月
従業員
259名 ( 男性158名、女性101名 ) ※2020年7月現在
募集人数
若干名

価値創造のチカラで、食の恵みを世界から。食のサプライチェーンの理想形をグローバルな視点で考え、創造していくこと。それが私たちの仕事です。

【エントリー者へ案内中】 エントリー受付中! (2021/03/23更新)

PHOTO

2022年度新卒採用のエントリーを受け付けております!

エントリーしていただいた方に今後のご案内を送付しますので、
少しでも興味を持った方は、まずはエントリーをお願いします。


皆様とお会いできることを楽しみにしております!
沢山のご応募をお待ちしております。

双日食料(株) 採用担当一同

会社紹介記事

PHOTO
食品ビジネスの新しい次元へ! 変革を求めて前に進むため、同社をけん引する若手社員。そのみずみずしい発想力が、令和にふさわしい双日食料を作り上げていく。
PHOTO
ミーティングの1コマ。カジュアルな雰囲気の中、それぞれが練り上げたアイデアを真剣に出し合う姿から、社風の良さがうかがえる。

変革の時代の中で好奇心旺盛に世界を駆け回る、バイタリティ溢れる人材を求む!

PHOTO

若い頃はサッカーに打ち込み、フォワードとして活躍していたという曾我社長。今もランニングで健康づくりに励んでいるようで、その健脚ぶりは健在だ。

学生の皆さんもニュースを見て気付いているかもしれませんが、食を取り巻く状況は大きな転換期を迎えつつあります。世界に目を向けても、人口増加による食料不足が深刻な問題となり、改善されていません。一方、国内においては人口減少と高齢者の増加、共働き世帯や単独世帯の増加を背景に、個食化や冷凍食品など、簡単で便利な食事を求める流れが加速しています。
さらに、私たちが手掛ける食料品貿易ではTPP11、日欧EPA、日米TAGの発効に伴い、対象となる国々から調達することが増えていくでしょう。また、デジタルエコノミーの伸展が食品流通にもたらす影響も見逃すことはできません。

このように、食料品ビジネスを取り巻く環境は、今まさに大きく変わろうとしているのです。従い、私たちは柔軟な対応力を持った人材を求めています。例えば、米国の大手量販店では、すでにeコマースを使った食料品の販売が拡大しています。この流れは、いずれ日本に波及してくることでしょう。そのとき私たちは、迅速な対応を図っていかなければならないのです。そこで何が求められているかを見極め、イノベーションを巻き起こしていくことが重要ですが、それは、決して大がかりなものでなくてもかまいません。新たなサプライヤーの開拓や物流の再検討、これまでにない加工方法の導入など、状況の変化に応じてやらなければならないことは、今後次々と出現してくるはずです。つまり、知恵を働かせ、これまでと違うものを作り上げていくという積み重ねが、ビジネスを進化させていきます。

「好奇心」と「海外志向」。この二つが、求める人材のキーワードです。商社の仕事で大切なことは、知りたいと思う気持ちだと考えています。なぜなら、「人はどうしてそうなる? 」「どんなことが起こっている?」 という疑問を持つことが、さまざまな知識や経験の吸収につながるからです。加えて、世界を飛び回りながらビジネスを動かしていくバイタリティも必要です。例えば、牛肉を扱うビジネスの場合、米国とオーストラリアにある当社の拠点を通して、当社の社員が現地サプライヤーと直接会って交渉にあたっているからです。

これから入社する皆さんも、ぜひ旺盛な好奇心を発揮しながら、世界を飛び回ってください。そして、これまでにない新しい風を吹き込んでほしいと考えています。

(代表取締役社長/曾我 英俊)"

会社データ

プロフィール

当社は畜産原料から食品・農水産原料、砂糖・基礎原料までを幅広く扱う
“食の総合商社”。

その総合性の強みを基盤に物流、品質管理、商品開発に関わる高い専門機能を
有機的に結び付けることで独自の価値を創造し、
世界の人々に安全・安心な食材をお届けしています。

 「畜産原料」「食料原料」「砂糖・基礎原料」
3つに大きく分類される当社の取扱商品は、食に関わるあらゆる領域に及んでおり、
この総合性が当社の大きな強みです。

事業内容
双日食料は、食のサプライチェーンの理想形をグローバルな視点で考え、創造していく会社です。さまざまな食料を世界から調達するばかりでなく、国産ならびに日本基準に適合した安全・安心な食料を、アジアを中心に世界に向けて供給しています。

★「食」の専門商社~無限の価値を創造する魅力ある企業へ~
普段何気なく口にしている食材は、どこから届けられるか知っていますか?

私たちの事業フィールドは、日常にあふれるあらゆる「食」です。
相場や市場動向からニーズを予測。
世界各国から商品を調達し、顧客にお届けするのが当社の仕事です。

この仕事の醍醐味は、先をよみ、ビジネスを拡大する努力を積み重ねること。

例えば、当社は牛肉の国内輸入シェアトップクラスを誇りますが、
少し前までは今ほど大きな実績はありませんでした。
試行錯誤を重ね、高品質かつ安価な商品を開発することで、
新しいマーケットを切り開き続けています。

★双日グループとしての強さ~原材料から加工品まで届ける総合力~
当社の事業は「畜産原料」「農水産原料」「基礎原料」「食品」
の4つに、大きく分類されます。

砂糖・小麦粉などの原材料からそのままお使い頂ける加工品まで、
幅広い総合性が、当社の強みです。

また、お客様のニーズに応える最適な商品開発をし、安全・安心を
担保しながら、お客様にまでお届けする仕組みづくりも重要な仕事のひとつ。

「品質管理」「商品開発」「物流事業」という3つの専門機能を
商品とかけあわせ、国境を越えて日本中に「食」をおとどけしています。

マーケティングだけでなく仕入、販売までを一貫して担当するため
幅広い知識が求められますが、その分やりがいも大きい仕事です。
本社郵便番号 106-0032
本社所在地 東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ 16F
本社電話番号 03-5574-3300
設立 1983年1月25日
資本金 4億1,200万円
従業員
259名 ( 男性158名、女性101名 ) ※2020年7月現在
売上高 単体1,562億円
連結1,571億円
2020年3月
事業所 ◆本社
  東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ16階

◆関西支社
  大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル 19階

◆名古屋支社
  愛知県名古屋市中区錦1-10-20 アーバンネット伏見ビル2階

◆北日本支社
  宮城県仙台市青葉区本町2-3-10 仙台本町ビル11階
株主構成 双日(株) 100%
関連会社 双日食料水産(株)
(株)エヌ・アイ・エフ
Japan Best Foods Co., Ltd.
(株)ミートワン
平均年齢 42歳(2020年7月1日時点)
平均勤続年数 11年(2019年度)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 14時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 1名 2名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 1名 2名
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒106-0032
東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ16階

TEL 03-5574-3313
FAX 03-6697-3080
人事総務部 採用担当
URL http://www.sojitz-foods.com/
E-mail saiyo@sojitz-foods.com
交通機関 東京メトロ南北線六本木一丁目駅1番出口より地下連結で徒歩2分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp243055/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
双日食料(株)【双日グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ