最終更新日:2021/8/23

群馬県農業協同組合中央会(JA群馬中央会)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)

基本情報

本社
群馬県
PHOTO

幅広い業務で様々な経験を積める

Y.F
2014年入会
30歳
明治大学
農学部農学科
JA経営支援部

現在の仕事内容

 コンプライアンスや資産査定について担当しています。具体的には、JAの方を対象にした研修会の開催や、JAの役職員が、組合員・利用者の方により良い対応ができるよう、JA向けの事務手続きの改定などをしています。
 JAからの問い合わせに適切にお答えできるよう心掛けています。

 今の部署に異動する前は広報について携わっており、地元新聞に掲載する広告を作成したり、「日本農業新聞」という農業者向けの新聞記事を書いたりしていました。

 本会は幅広い業務に取り組んでいるため、いろいろな経験ができると思います。


入会を決めた理由

 農業に携わる仕事がしたいと考え、就職活動をしていました。私は埼玉県出身ですが、群馬県は農業が盛んで、自然豊かなこともあり、Iターンでの就職を決めました。
 大きな転勤がないことや、遠方から就職する人には家賃補助が出る制度も魅力的でした。
 今の業務でも農業に対する基礎知識があると理解しやすいことがあり、間接的ですが農業に携わっていると感じられています。入会して良かったと考えています。


職場の雰囲気について

 1人1人がいくつかの業務を担当しており、それぞれ責任を持って業務に当たっています。落ち着いた雰囲気で、業務の中で分からないことは上司・先輩に聞くと丁寧に教えてもらえるので働きやすいと思います。

 また、各種研修制度が充実しており、JA・協同組合についての基礎知識から学ぶことができます。入会してから安心して働ける環境が整っていると感じます。


学生の皆さんへメッセージ

 本会はJAグループ群馬の結集軸としての役割があり、JA・連合会などからの期待が大きく、その分仕事としてもやりがいがあると思います。

 JAの監査をするため「農業協同組合監査士」という資格取得が必要になりますが、その資格に含まれる簿記や会計の知識はどのような仕事でも活用できます。イチから勉強しても取得できましたので、ご安心ください(笑)

 本会の業務として、具体的にどのようなことをしているのかわかりにくい点があるかもしれません。ぜひご質問等いただき、悩みを解消した上で仲間になっていただけたらと思います。ご応募お待ちしております。


トップへ