最終更新日:2021/9/30

三井住友トラスト・パナソニックファイナンス(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • リース・レンタル
  • クレジット・信販
  • その他金融

基本情報

本社
東京都
資本金
255億8,400万円
売上高
2,557億4,300万円(2020年3月期)
従業員
951名(2020年4月1日現在)
募集人数
21~25名

「銀行」×「メーカー」ONLY ONE企業。業界でも数少ない存在として、金融サービスをご提供している総合ファイナンス業。

2022採用スタートしました! (2021/09/30更新)

PHOTO

皆さんこんにちは。
三井住友トラスト・パナソニックファイナンス(株)採用担当です。

まずはマイナビからエントリーをしてお待ちください。
エントリー後、当社「マイページ」案内をお送りさせていただきます。

会社紹介記事

PHOTO
多様な金融サービスでお客様を支える当社。お客様のビジネスにおいて、何が必要なのかを一緒になって考えることが大きなやりがいとなっている。
PHOTO
若手のうちからレベルの高い仕事にチャレンジできることも魅力の一つ。社員一人ひとりの個性を生かした活躍が、社会への貢献に繋がっている。

多岐に渡る事業領域を通して、お客様のビジネスに貢献する。

PHOTO

「お客様と直接お話することで課題解決への手がかりを見出すことができるのが仕事の醍醐味です。」(不動産金融ソリューション部 副主任 芹澤駿佑さん:入社7年目)

私は2014年に入社し、それ以来、ホールセール事業の営業職として働いてきました。ホールセール事業では、法人のお客様に対してビジネスに必要な製品をリースし、設備投資のお手伝いをしています。そのためお客様のビジネスに大きく貢献し、深く感謝されることも多い仕事なのです。
かくいう私も、そうした経験をしたことがあります。入社2年目、当時所属していた部署で、建設機械を取り扱うとある個人事業主のお客様を担当したときのことです。そのお客様は個人事業主として独立されたばかり。需要は増えつつありましたが、仕事に対応するための重機が不足していました。しかし、新しい重機を購入するにあたって、少し資金に不安を抱えていました。建設業の請負はスピーディーな対応が迫られます。このまま需要を見過ごし続けるとお客様が離れ、事業が先細る恐れもありました。そこで私は当社のリースプランをご提案。購入よりも少ない初期費用で重機を導入できる旨をお伝えすると、お客様は大変喜ばれ、提案を快諾してくださいました。
その後、契約の際にご自宅にお伺いすると、お客様はとても丁寧なお礼とともに、自宅の畑で栽培している玉ネギを両手いっぱいに手渡してくださいました。お客様の暖かいお心遣いに思わず感動し、自分の仕事の重要性に気づかされた瞬間でした。

また、そうした中小規模の事業主の方だけでなく、従業員が数万人所属する大企業のお客様ともお取引できるのが当社の魅力でもあります。私の場合は、とある日本を代表する建設系企業に従業員の方向けの自動車のローンサービスをご提案したことがあります。その企業にはもともと従業員の方向けのローン制度が設けられていましたが、利用制限や申込みの複雑さなどが理由で、利用率は芳しくないとのことでした。そこでより利用しやすく、さらに費用も格安に抑えることができる当社の自動車ローンをご提案することになったのです。その結果、ローンの利用率は急増。従業員の方にもご好評いただき、お客様から大変な感謝をいただくことになりました。

このように、金融サービスの力で法人や個人のお客様に貢献するのが当社の役目です。やりがいがある仕事だと、私は確信しています。是非当社にご興味を持っていただければ幸いです。

会社データ

プロフィール

三井住友トラスト・グループのリース会社と、パナソニック・グループのクレジット会社。この両者が2010年に合併され、当社は誕生しました。
当社は三井住友トラスト・グループが有する資金調達力、金融商品開発力、そしてパナソニック・グループが有する広範な分野に渡る商品力を活用し、「(1)ホールセール(2)ベンダーリース(3)クレジット(4)ファイナンス」の4つの事業を展開しています。
こうした多種多様な事業展開は、当社の強みでもあります。法人・個人問わず、ニーズが多様化している現代。ファイナンスにも様々なかたちが求められています。当社はファイナンス分野における「総合力」を生かして、今後も法人のお客様の経営課題や個人のお客様の暮らしに貢献していきます。

多種多様な事業を展開する当社ですが、今後はさらに可能性を追求し、お客様のニーズに合わせた最適なサービスを提供していきます。そうした環境で、チャレンジ精神を持って、会社とともに成長できるような人材を求めています。

事業内容
銀行をルーツに持つ三井住友トラスト・グループの企業と、メーカーをルーツに持つパナソニック・グループの企業が一つになり、業界でも数少ない存在として、優良かつ質の高い金融ソリューションをご提供しています。当社が展開しているのは「(1)ホールセール(2)ベンダーリース(3)クレジット(4)ファイナンス」という4つのファイナンス事業。
(1)ホールセール(2)ベンダーリースは、法人向けの金融サービスです。(1)ホールセールでは、不動産、建設機械、車両、事務機器、医療機器などの様々な「モノ」を、リース他様々なファイナンス商品を提供することで、法人のお客様の経営課題解決に貢献。(2)ベンダーリースでは、事務機器などのメーカー・ベンダー(販売会社)と提携して、企業の設備投資を資金面からサポートしています。
(3)クレジット(4)ファイナンスは、個人向けの金融サービス。(3)クレジットでは「パナカード」という専用カードや長期クレジット商品を通して、お客様の電化製品の購入をサポート。(4)ファイナンスでは、大手ハウスメーカーなどと連携し、住宅リフォームに関するローンサービスを提供することで、お客様の住環境づくりを支援しています。

PHOTO

現在、当社内では「チャレンジ」がホットワード。安定した基盤を有しながらも、さらなる市場の開拓に意欲的な人物が求められています。

本社郵便番号 105-0023
本社所在地 東京都港区芝浦1-2-3 シーバンスS館
本社電話番号 03-6858-9208
創業 1951年10月
資本金 255億8,400万円
従業員 951名(2020年4月1日現在)
売上高 2,557億4,300万円(2020年3月期)
事業所 東京・札幌・仙台・さいたま・名古屋・大阪・広島・福岡他全国の拠点
株主構成 三井住友信託銀行(株):84.9%
パナソニック(株):15.1%
業界でも数少ない存在 当社は、法人向けのホールセール事業・ベンダーリース事業及び個人向けのクレジット事業、ファイナンス事業という4つの事業を展開しており、業界でも数少ない総合ファイナンス会社です。お客様のニーズが多様化しているこの時代において、当社が展開する事業の深さ・広さが大きな強みです。実際、当社ではお客様から寄せられるご要望に対して、あらゆる部署・グループ会社の協力を得ながら対応することが可能です。法人のお客様の経営課題の解決のためのソリューション提供や、個人のお客様の豊かな暮らしのサポートを目指しています。
リースとは? お客様が希望する物件を、当社がお客様に代わって購入し、賃貸するサービスです。お客様は、購入時の一時的な多額の資金を必要としません。またコストの把握が容易で、税務上のメリット等を享受することができます。技術革新の進展が著しく、スピードが求められる世の中において、設備の陳腐化を回避できるリースは、大企業から中小・零細企業まで多くの企業を支えています。
ホールセール事業(リース) 三井住友信託銀行とパナソニックの両株主基盤の主要法人取引先様などに対して、リースを中心としたさまざまなファイナンスソリューションを提供しています。
三井住友トラスト・グループとパナソニックグループのそれぞれ違った分野でのノウハウや技術を活かし、お客様の経営課題の解決や財務戦略を実現させるための高付加価値ソリューションを提案します。
ベンダーリース事業 情報通信機器、事務機器などを販売するメーカー・販売会社(ベンダー)様と業務提携を行い、機器を新規導入するお客様に対し、資金面のサポートをします。
また、ベンダー様の販売活動を支援するため、審査申込から契約までWebで手続きが完結できる専用のサービス「Direct Partner」を提供しています。
クレジット事業 全国各地に展開している地域密着型の「あなたの街のでんきやさん(パナソニックショップ)」専用のクレジットカード「パナカード」を発行しています。個人のお客様が電化製品を購入される際に資金面のサポートをします。
また、当社のクレジット・割賦などを個人のお客様にご利用いただくことで「パナソニックショップ」の販売活動を支援しています。
ファイナンス事業 三井住友信託銀行の取引先やパナソニックグループのリフォーム会社、大手ハウスメーカーなどの販売会社様と業務提携を行い、個人のお客様の快適な住環境づくりのため、住宅リフォームに関するさまざまなソリューション(リフォームローン等)を提供し、資金面のサポートをします。
また、個人のお客様の利便性向上のため、申込みから契約までWebで手続きが完結できるサービス「Living partner」を提供しています。
三井住友信託銀行との連携 三井住友信託銀行と連携し、法人のお客様に対しグループ力を駆使したファイナンスソリューションの提案を行っています。三井住友信託銀行と協働で、お客様の抱える課題・問題を把握し解決策をお客様に提案します。グループ内の金融ノウハウを融合することで、多様かつ高度な提案が可能になります。
パナソニックとの連携 法人向け事業では、パナソニックグループの設備投資等に対する金融サービスの提供だけではなく、パナソニックグループ各社が商品を販売する法人のお客様に対しても金融サービス提供を行います。
個人向け事業では、「パナソニックショップ」が個人のお客様にパナソニック製品を販売する際に当社のクレジット・ファイナンス商品を提供しています。
将来価値を計るノウハウ リース期間が終わればそのリース物件はリース会社に返却されます。当社は動産(モノ)の将来価値を計るノウハウを蓄積し、中古市場も熟知している業界有数の子会社を有しており、お客様に対し将来価値を見込んだソリューション提案が可能です。
当社は返却されたリース物件の将来価値を算定し、中古市場に再販することが出来るノウハウがあります。
海外での取組み 三井住友トラスト・グループでは、高成長が見込まれるアジア地域の事業拡大に向け、海外戦略を加速させています。
多くの日系企業が進出しているASEAN 諸国を中心に、お客様の幅広い金融ニーズにお応えし、お客様のグローバル展開をサポートしています。
環境への取り組み 三井住友トラスト・グループでは環境に配慮した活動を行なっています。当社も事業を通じて活動を続けていますが、特に特徴的である「パソコンのリユース・リサイクルの促進による廃棄物の削減(リデュース)」についてご紹介します。
.リースにてお客様が使用され不要となったパソコンは、全国各地より当社子会社である日本機械リース販売(株)のリースアップマシナリーセンターに集め、修復して再販売できるもの(リユース品)と、できないものに選別します。
.リユース可能なパソコンは、一切のデータを復元できないよう完全消去し、検査員が機能検査を一台ずつ丁寧に行い、動作可能な状態に修復して中古パソコンとして販売しています。
一方、そのままでは再利用できないパソコンは、データ消去処理後、再利用可能なパーツの取り外し作業を行い、そのパーツを部品業者に販売しています。
残った再利用不可能なパーツのみを日本機械リース販売(株)が提携している「産業廃棄物処理業者(有資格)」に依頼し適切に処理しています。

不要品を捨てるのではなく、【リユース・リサイクル・リデュース】をすることで、環境保全に貢献できる点も、当社の魅力の1つです。
沿革
  •  
    • <住信・松下フィナンシャルサービス(株)>
  • 1951年
    • ナショナルラジオ月販設立
  • 1970年
    • ナショナルクレジットに社名変更
  • 1993年
    • 松下クレジットサービスに社名変更
  • 1997年
    • 松下クレジット(株)に社名変更
  • 2001年
    • 松下リース(株)と合併
      松下リース・クレジット(株)として新会社発足
  • 2005年
    • 住友信託銀行(株)が資本参加
      住信・松下フィナンシャルサービス(株)に社名変更
  •  
    • <住信リース(株)>
  • 1985年
    • 住信リース(株) 設立
  • 2001年
    • 日本機械リース販売(株)を子会社化
  • 2004年
    • 住友生命保険相互会社より株式を取得し、スミセイ・リース(株)を子会社化
  • 2007年
    • 株式交換により住友信託銀行(株)の完全子会社となる
      スミセイ・リース(株)を吸収合併
      日本機械リース販売(株)の一部を統合
  • 2008年
    • 持株会社方式により両社が経営統合
  • 2010年
    • 両社合併 住信・パナソニックフィナンシャルサービス(株)として発足
  • 2012年
    • 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス(株)へ社名変更
  • 2013年
    • 三井住友トラスト・リーシング・シンガポール設立
  • 2015年
    • アルヒリース(株)を子会社化
  • 2016年
    • Midwest Railcar Corporationを持分法適用関連会社化
      アルヒリース(株)がFAリーシング(株)へ社名変更
  • 2017年
    • BIDV-SuMi TRUST Leasing company,Ltd.を持分法適用関連会社化
  • 2019年
    • FAリーシング(株)を吸収合併

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.5年
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 19名 20名 39名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 19名 3名 22名
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス(株)
人事部 新卒採用担当
○〒105-0023
  東京都港区芝浦1-2-3 シーバンスS館

○TEL:03-6858-9208
○採用メールアドレス:recruitment-2022@smtpfc.jp
 受付/9:00~17:20(月曜日~金曜日)
URL ●会社HPアドレス:https://www.smtpfc.jp/
●採用HPアドレス:https://mypage.plus.i-web.jpn.com/smtpfc/
E-mail ○採用メールアドレス:recruitment-2022@smtpfc.jp
交通機関 JR山手線、京浜東北線、東京モノレール「浜松町駅」下車徒歩約7分
都営地下鉄三田線、浅草線「三田駅」下車徒歩約8分
都営地下鉄浅草線、大江戸線「大門駅」下車徒歩約10分
ゆりかもめ「日の出駅」下車徒歩約3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp243968/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
三井住友トラスト・パナソニックファイナンス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】三井住友トラスト・グループ

トップへ