最終更新日:2021/10/4

(株)後藤回漕店

  • 正社員

業種

  • 海運
  • 物流・倉庫
  • 空輸
  • サービス(その他)

基本情報

本社
東京都、兵庫県
PHOTO

通関のエキスパートを目指して

小山 恭平
32歳
法学部法律学科
通関部

現在の仕事内容

【通関のエキスパートを目指して】
輸出・輸入の書類作成(データ作成)から通関申告まで業務内容は多岐にわたりますが、その中でも主に輸入の通関を担当しています。 
内容としては税関に申告するための書類作成が挙げられます。作成後、書類審査を行い問題が無ければ税関に輸入申告を行います。申告を行い許可が下りるまでの間に税関の貨物検査や、書類審査等がありその対応を行っています。


今の仕事のやりがい

【困難な案件が輸入許可となり、ありがとうと言われたとき】
通関士試験に合格し、初めて輸入申告し許可となった時には非常に嬉しかったです。また日々多くの貨物が外国から到着し通関手続きを経て市場に出て行きますが、その最終の申告を行うのが通関士です。
時には税関と統計品目番号の決定について、議論したり、冬の寒い日に、長時間の税関検査の立ち会いをするなど通関に苦労することもありますが無事に申請が許可となった時にはやりがいや達成感を感じます。


この会社に決めた理由

【伝統ある会社であること、面接時の雰囲気が良かった】
私が就職活動をしていた時は、就職氷河期で世界的に不況と呼ばれていたときでした。その為、重視していたのは安心して働ける会社に入ることで当社は140年以上の歴史があり、座談会や面接の際の社員の方の雰囲気も良くこの会社で働きたいと思いました。入社してからも、フォローアップ研修や、通関士研修、1年目研修等があり、社員がスキルアップ出来るような取り組みがあったり、クラブ活動などを通してたくさんの社員と関われる環境も整っており、社員を大切に考えている社風に惹かれました。


今後のキャリアビジョン

困難な案件に果敢に挑戦することでさらに知識を身につけ、一日も早く荷主様や営業担当から頼られる通関士に成長したいと思っています。そのために今は、これまで自分が手がけたことのない貨物の通関に積極的にチャレンジしています。まだまだ自分一人でやり切ることが難しい案件も多いですが、上司に協力していただきながら難易度の高い書類を作成することで経験を積み重ね、成長していきたいと思っています。


就職活動アドバイス

就職活動は、どうしても周りと比較してしまい、不安に押し潰されそうになることもあると思います。ただ、一人でやろうとすることは、あまりお勧めしません。就活中も友達に会ったり、アルバイトをしたり、適度に息抜きをすることも大切です。今まで自分がやってきたことに、無駄なことはありません。最後まで自分を信じて、納得のいく結果が出せるよう頑張ってください。


トップへ