最終更新日:2021/12/1

日本通信サービス(株)【丸紅グループ】

  • 正社員

業種

  • 通信・インフラ
  • 商社(通信)
  • 専門店(家電・OA機器)
  • 各種ビジネスサービス・BPO

基本情報

本社
福岡県
PHOTO

自分のファンをつくる接客を!

荒巻 慧
5年目
27歳
西南学院大学
営業部 auStyle
店長 後輩指導や店舗運営

携帯電話の販売・商品の管理

主に携帯電話の販売・プラン・サービスの案内、故障の受付などしています。それだけでなく今ではでんき、インターネット、ウォーターサーバーなど携帯電話以外のお客様の生活に携わるものも取り扱っています。機種変更にされるお客様は来店されるのも二年に一回という方が沢山いらっしゃいます。だからこそお客様が気持ちよく新しい携帯をお持ち帰りして頂けるように丁寧な接客を心がけています。また、沢山の商材を獲得できるようお客様とは沢山会話をして仲良くなり、名前も覚えてくださるよう、日々お客様と仲良くなることは常に意識してます!覚えることはたくさんありますがスムーズに対応出来た時、自分が提案した商材をお客様がとても気に入ってくださった時の喜びはとてもやりがいを感じます。


最初はご不満だったお客様が最後は喜んで笑顔で気持ち良く退店されたとき。

お客様の携帯が急に故障してしまい、「普通に使っていただけなのに電源がつかない!」と大変お怒りで来店されたことがありました。とにかく修理の提案の前に改善できないか、先輩スタッフに確認したり、専門の部署に聞いたりして色々試しましたが改善できませんでした。しかしお客様が少しずつ落ち着いていき、「自分が原因かもしれないのに必死に調べてくれて申し訳ない。今回はデータは消えてしまうけど修理に出すよ」と修理を受け入れてくれました。データもサーバーに預けていたので無事戻すことができ、お客様も私も大変安心しました。そこで今後も急に携帯が壊れた時のために自動でデータの保存ができるように設定の案内をしたところ、「こんなに詳しく説明してくれたのは初めてだよ」と喜んでくださりました。今でも忘れられない出来事です。


「自分のファンをつくる接客をする」という言葉に惹かれました。

学生時代、アルバイトをしていて店長によく「自分のファンを作るように頑張ってね。」と言われてました。常にその言葉を意識しながら沢山のお客様を顧客に出来る様に頑張っていました。卒業後、進路に迷っていましたが会社の説明会にいった際に、「自分のファンを作る接客をしてほしい。」と採用担当の方が話していてとても心打たれました。携帯はほとんどの皆さんが所持しているので携帯電話に携わることで多くのお客様に関わることもでき、きちんとした対応をすれば喜んでもらえる!そうすればファンも作ることができる!と思い働きたいと思いました。


トップへ