最終更新日:2021/6/10

(株)建設プロジェクトセンター

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 建設コンサルタント
  • 建設

基本情報

本社
熊本県
資本金
1,000万円
売上高
1億8,000万円(2020年5月 実績)
従業員
16名
募集人数
1~5名

次代を設計し未来を描く

  • 積極的に受付中

6月28日会社説明会実施します★(株)建設プロジェクトセンター (2021/06/10更新)

学生の皆さんこんにちは。建設プロジェクトセンターの採用担当です!
この度は数ある企業の中から弊社のページをご覧いただき誠にありがとうございます!
弊社では3月より会社説明会/選考会を実施いたします。
少しでも関心をお持ちいただきましたら是非セミナー予約画面よりご予約をお願いいたします。

皆様のご参加一同楽しみにお待ちしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
2次元CADのほか、ドローンや3次元CADを使った設計など、新しい技術の導入にも積極的に取り組んでいる。
PHOTO
オフィス内に経験豊富な先輩やスペシャリストがいるので、若手でも直接学べる場がたくさんある。資格取得の際にも、積極的に指導・サポートしてくれるというから心強い。

道路や橋梁、河川の設計・維持で地域社会に貢献する総合設計コンサルタントです

PHOTO

「会社が発展し続けるためにも、人材育成に力を入れていきたいと思っています」(佐々木常務)。「先輩方が側にいるので、分からないことは気軽に相談できます(桐原さん)

弊社は1989年の設立以来、総合建設コンサルタントとして数多くの道路や橋梁、河川・堤防などの設計やメンテナンスに携わってきました。“先人の知恵や教えを学び、新しい発想でものづくりを行う”という「学而創新」の言葉を経営理念とし地域社会に貢献しています。今でこそ新規の橋の建設は少なくなりましたが、高度成長時代に数多くの道路や橋などの設計を手掛けたスペシャリストが在籍。その豊富な経験をもとに、建築物の維持管理だけでなく、地質を踏まえた土木設計、石橋など文化財のメンテナンスも得意としていることが、弊社の強みとなっています。今後地域社会に貢献するためにも100年継続していける企業を目指して、技術力の向上はもちろん社員の団結力、若手人材の育成に力を注いでいきます。技術士など資格取得を目指したい人には、費用面含め会社が全面的に応援します。求めるのは、前向きな気持ちを持って何事にも熱心に取り組むことのできる人です。一生懸命取り組んだことが、後に残っていくやりがいのある仕事です。100年続く企業を社員一丸となって創っていきたいと思います。
(常務取締役/佐々木憲幸)

高校の土木科を卒業後、自分の頭で思い描いた設計が提案に生かされる土木設計という仕事に魅力を感じて入社しました。道路を設計する上では、いくつもの基準をクリアしながら設計する必要があるので、先輩方から指導をしていただきながら取り組んでいるところです。先輩方はみなさん熱意ある方ばかりなので、こちらから向かっていけば真摯に対応してくださいます。特に今担当しているのは災害現場の道路復旧の仕事なので、測量のために現場を目の当たりにした時にはその被害の甚大さに愕然としました。同時に、道路を必要としている地域住民のみなさんのためにも、一刻も早く現場の道路を復旧させなければと思いましたね。土木の仕事は社会に不可欠なやりがいのある仕事です。実際にやってみないとその魅力は伝わりづらいかと思いますが、橋や道路に少しでも興味がある人は、一度は土木の世界に触れてみることをおすすめします。私も今は目の前の仕事に集中したいと思っていますが、一通り仕事を覚えたら、技術士の資格を取るのが目標です。
(桐原辰佳/技術部/2020年1月入社)

会社データ

プロフィール

私共は、21世紀の現状と自然現象と向かい合いながら、「安全・安心」な暮らしの実現に地道な諸活動を継続しながら社会インフラを次世代へ引き継ぐ責務も感じています。
その傍で社会貢献の必要性から地域住民等と共同で農業を中心とした農園運営や熊本の歴史街道を地域活性化に活かすシンポジウム開催等に事務局として参画し、地域の歴史や文化そして生業を生かす諸活動にも係っております。
私たちが土木技術の、ものづくりの原点と考える、古きを学び新しきを創るという『学而創新』の実践を通じて、心豊かに会社と社会の繁栄に寄与するよう技術の研鑚に務めております。

事業内容
 当社は、1989年8月の創立以来、高速道路の調査・計画・設計を皮切りに、橋梁の計画から補修設計、長寿命化修繕計画から土砂防災に関連した砂防施設等の設計や維持管理事業に数多く関わり、お陰様で四半世紀を迎えることができました。これもひとえにお客様のご支援のたまものと厚く感謝しているところです。
現在、少子高齢化社会に直面し、今後30年には総人口が一億人を切るとの報道もあり、税収減や労働力不足が危惧される一方で、東日本大震災や九州北部災害等の苦い経験から未曾有の風水害に対し、強くしなやかな国土の強靭化が求められています。
 当社も国土交通省や自治体と災害協定を締結するなど万一の事態に備え、協力体制を構築しております。
 私共は、21世紀の現状と自然現象と向かい合いながら、「安全・安心」な暮らしの実現に地道な諸活動を継続しながら社会インフラを次世代へ引き継ぐ責務も感じています。その傍で社会貢献の必要性から地域住民等と共同で農業を中心とした農園運営や熊本の歴史街道を地域活性化に活かすシンポジウム開催等に事務局として参画し、地域の歴史や文化そして生業を生かす諸活動にも係っております。
 私たちが土木技術の、ものづくりの原点と考える、古きを学び新しきを創るという『学而創新』の実践を通じて、心豊かに会社と社会の繁栄に寄与するよう技術の研鑚に務めております。

PHOTO

技術研究所敷地内には、古民家風のKURAを新築し、社員の勉強の場や地域の方々の憩いの場として活用しています。

本社郵便番号 861-8002
本社所在地 熊本県熊本市北区弓削4丁目18-1-802号
本社電話番号 (096)348-7800
技術研究所社郵便番号 869-1234
技術研究所所在地 熊本県菊池郡大津町引水215-1
技術研究所電話番号 096-293-4400
設立 1989年8月
資本金 1,000万円
従業員 16名
売上高 1億8,000万円(2020年5月 実績)
事業所 ■技術研究所
■八代支店
■合志営業所
■菊陽営業所
主な取引先 ■国土交通省 九州地方整備局
■熊本県
■熊本県内市町村
■その他官公庁
平均年齢 41歳
平均勤続年数 13年

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 37.0時間
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒  869-1234
住所 熊本県菊池郡大津町引水215-1
部署 採用課
TEL 096-293-4400
URL https://kenpro.me/
交通機関 JR肥後大津駅より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp249902/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)建設プロジェクトセンターと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)建設プロジェクトセンターを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
(株)建設プロジェクトセンターと特徴・特色が同じ企業を探す。

トップへ