最終更新日:2021/5/26

東北東ソー化学(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 化学

基本情報

本社
山形県
資本金
20億円(全額 東ソー(株) 出資)
売上高
68億9,200万円(2019年度)
従業員
本社・酒田工場:137名、能代工場:3名、仙台営業所:3名(2020年4月1日現在)
募集人数
若干名

住み良い環境を未来に残す それが私達の願いです

担当者からの伝言板 (2021/04/28更新)

PHOTO

2021年度(2022卒)の採用試験がスケジュールが決まりました。
詳細は募集要項・採用フローをご覧ください。

応募方法は下記の通りです。
1.マイナビよりエントリー
2.メールより応募(keikan-soumu-zm@tosoh.co.jp)
3.電話で応募(0234-33-6111)

多数の方のご応募をお待ちしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
本社・酒田工場。東京ドーム約10個分もの広大な敷地には、大規模な電解工場や電解槽、原料となる大量の塩があり、職場見学ではスケール感に圧倒される学生も多いそう。
PHOTO
長年培ってきた食塩電解技術を基盤に、種々の製品を安定的に供給。「高度さらし粉」は、海外にある一流ホテルの屋上プールでも使用されている。

目には見えないけれど、大切なもの。人々の生活の基盤を支える製品をつくっています

PHOTO

「覚悟を持って挑戦する人にこそ道は開ける」。ぜひ、就職活動をいい経験にしてください。当社が皆さんの挑戦を受け止める良い受け皿になれれば、と願っています。

東北東ソー化学株式会社の歴史は古く、前身は1925年創業の鐵興社(てっこうしゃ)になります。1975年に現在の親会社である東ソー株式会社と合併。1983年に分離独立して今に至っています。長く東北地方、酒田という土地に根を下ろし、化学品メーカーとして日々の生活を支える基礎化学製品の提供に努めてきました。

私たちの主要製品は塩を原料にした液体苛性ソーダ、塩素、水素などで、一般に「クロル・アルカリ製品」と呼ばれます。いずれも工業薬品としてさまざまな分野で利用されていますが、身近なところだと上下水道水の浄化、殺菌、消毒。紙などの漂白にも使われています。最近では新型コロナ関連で、次亜塩素酸ソーダという名前を聞かれることがあるかもしれませんが、これは苛性ソーダに塩素を吹き込んでつくられるもので、これも当社の製品です。私たちは直接目に触れることはありませんが、幅広い産業分野で日々の生活を支える重要な役割を担う製品を提供しています。

東北東ソー化学は今、事業拡大に向け積極的な手を打っていく時期に来ています。例えばプールや浄化槽などの消毒剤や漂白剤として使われる「高度さらし粉」という当社の製品は、特に中国や東南アジアを中心に海外の需要が大きく伸びています。このグローバル展開を図る戦略商品の製造に最新のプロセスを取り入れ、さらに競争力のある新プラントを建てようというプロジェクトが2018年から始まっています。今年度はまさにプラントが実際に稼働を始めるタイミングになります。また、2023年からは、次のプロジェクトとして工場の製造インフラの整備や大型更新、設備増強が計画されています。今は会社が成長に向けて大きく動きだす変革期にあります。その起点をつくっていくのが若い皆さんたちです。「このプラントが…」「このプロジェクトが…」若い人がイニシアチブを取って仕上げる仕事が、自分の足跡をしっかり残せる仕事がすでに始まっています。

実は、私は2020年の9月に着任して半年強しか経っていないのですが、目の前で自分たちの事業が大きく変わり成長していく姿に、またこれから変化を続ける会社の未来に、私自身ワクワクしているんです。会社が成長にむけ大きく変わっていくために、今こそいろんな活力が必要となる時期です。このワクワクする気持ちを共有してくれる方と一緒に働ければと思っています。
(代表取締役社長 松村 光三良)

会社データ

プロフィール

鉄興社酒田大浜工場として開設。1983年、東ソー(株)より分離独立。製品は東北を主体に販売され、地元企業として一層の飛躍を図っております。

事業内容
化学製品(苛性ソーダ・塩酸・次亜塩素酸ソーダ等)の製造
本社郵便番号 998-0064
本社所在地 山形県酒田市大浜一丁目4-16
本社電話番号 0234-33-6111
設立 1983年3月1日
資本金 20億円(全額 東ソー(株) 出資)
従業員 本社・酒田工場:137名、能代工場:3名、仙台営業所:3名(2020年4月1日現在)
売上高 68億9,200万円(2019年度)
平均年齢 36.9歳(2019年度実績)
沿革
  • 1937年
    • 旧(株)鐵興社酒田大浜工場として開設
  • 1938年
    • 苛性ソーダ、塩酸、さらし粉製造開始
  • 1939年
    • 自家用水力発電所操業開始
  • 1949年
    • 液化塩素、塩化ビニル製造開始
  • 1967年
    • フェロアロイ部門分離(現 日本重化学工業(株))
  • 1968年
    • 石巻工場を開設、熔成燐肥製造開始
  • 1971年
    • 塩化ビニルを現 東ソー(株)四日市工場へ移管
  • 1975年
    • 東洋曹達工業(株)(現 東ソー(株))と合併
  • 1983年
    • 東北東ソー化学(株) 設立
  • 1988年
    • 日新電化(株)より営業譲受(高度さらし粉の事業継承)
  • 1989年
    • 自家発電所操業開始(2006年操業停止)
  • 1994年
    • 能代工場を開設、微粉炭酸カルシウム製造開始
  • 2011年
    • 東日本大震災により石巻工場の操業を停止

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 13.1時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.6日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 10名 11名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 998-0064
山形県酒田市大浜一丁目4-16
経営管理部 経営管理グループ
0234-33-6111
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp252913/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東北東ソー化学(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ