最終更新日:2021/3/4

三和建設(株)・(株)コアー建築工房[グループ募集]

  • 正社員

業種

  • 建設
  • 住宅
  • 建築設計
  • 住宅(リフォーム)
  • 設備工事

基本情報

本社
大阪府

予約した会社説明会の日程を振り替えることはできる?

直前の日程変更やキャンセルは、必ず担当者に連絡!誠実な対応を心掛けましょう(2021年3月5日)

PHOTO

【キャンセルや変更時の印象】
日程変更をしたからといって、印象が悪くなることはありませんし、選考に不利になることもありません。ただし、何度も日程変更をしたり、直前での変更やキャンセルはできるだけ控えたほうが良いでしょう。企業の担当者は、数日前から準備を進めているかもしれません。とはいえ、どうしても直前にキャンセルしないといけなくなった場合は、必ず、直接連絡をいれてください。自身のスケジュールミスであっても、緊急の用事であっても、企業側からすれば「キャンセル」という事実だけが残ります。「大勢いる予約者の1人でしょ?キャンセルしてもわからないのでは?」と思うかもしれませんが、学生1人1人と向き合う企業であればあるほど、良くも悪くも印象に残ります。(ちなみに弊社システムはキャンセル履歴も残ります)
だからこそ、キャンセルという事実を残すのではなく、連絡をいれて誠実に対応することで「相手の立場になって考えられるんだな」「誠実だな」といった印象を残すことが重要です。
特に今は通年採用が広まり、何度も選考にチャレンジできる企業が増えてきているので、連絡をしたか否か、で再度予約した際の印象が全く違います。
【日程変更連絡の仕方】
直前での変更でない限りメールなどでメッセージを送りましょう。前日や当日の連絡は、電話で行いましょう。日程変更の理由や内容よりも、その際の対応の仕方で印象は大きく変わります。理由は明確に伝え、代替え日を複数提示するなど、配慮があると担当者も調整がしやすいですよね。また、変更後のお礼メールや、参加当日に一言お礼を伝えるということも工夫の一つではないでしょうか。
*キャンセル期限に注意
日程変更や、事前キャンセルをする際は”キャンセル期限”にもお気を付けください。予約をする際も期限があるように、キャンセル期限も決まっている場合があります。キャンセル期限が過ぎている場合は、採用担当者に確実に連絡しましょう。
弊社も説明会の日程は複数選択できるようになっています。参加日程を変更したい場合は、ご自身でLINEの予約フォームからご変更いただくことが可能です。日程変更のご連絡をいただいた際は、弊社で対応させていただきます。キャンセルは、開催2日前までとさせていただいていますのでご注意ください。それ以降の日程変更やキャンセルのご連絡は、LINEもしくはメールにて受け付けております。

企業説明会はどんな服装で参加すべき?

清潔感は大事!好印象(イメージ)を意識した服装を。(2021年3月1日)

PHOTO

近年、企業説明会にはスーツではなく私服で来るように指定する企業も増えています。
企業でも大手・中小に限らず、社員に対し原則スーツ着用のルールを見直し、服装を自由にする企業が増えてきています。
説明会で企業側は、服装、センスで皆さんを判断する訳ではありません(一部、アパレル業界などを除いて)。
できるだけ普段通りのあなたを見せてほしいので、私服を推奨したり、服装指定をしていないのです。
とは言え、普段の私服はカジュアル過ぎて着ていけない・・・という方もいるかもしれません。
強いて言うなら、企業側は社会人としてTPOをわきまえた服装を見ている可能性があります。

例えば、「本選考会では建築途中の作業所見学があります」と説明を受けたのに、スカートや裾の長い衣服を着ていくのはTPOに合っていませんよね。裾が長すぎず広がりすぎないパンツのような服装が良いでしょうし、分からない場合は事前に確認しておくことも大事です。

ちなみに、TPOについて少しお話すると、
”「TPO」とは、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場面)の頭文字を取った略語であり、時と場所、場合に合わせて行動や言動をわきまえることの意味で、ビジネスマンとして身につけておきたい概念です。”
とあるように、TPOとは服装だけでなく立ち居振る舞いなどの要素も含めた言葉だということを理解しておくことが重要です。

当社の企業説明会は、3月5日東京、3月9日大阪と両日程共に新型コロナ感染症対策を徹底しオフライン(対面)で開催します。
弊社代表のTOPLIVEを聞き、会社の雰囲気や価値観をリアルで感じていただきたいと思います。
当日の服装は自由です。前後の予定に問題が無ければ、ぜひリラックスできる服装でお越しください。
みなさんからのエントリーお待ちしています。

これから就活を始めるには何から手をつければいい?

準備は「自己理解」と「判断軸」。まず「1社と向き合うこと」から。(2021年3月1日)

PHOTO

就活前の準備として「自己理解を深めること」と「判断軸の明確化」をおすすめします。
一般的には自己分析などと言われますが、分析を通して理解を深めることが目的なので、あえて「自己理解」とお伝えします。ご自身の強み・弱み、得意・苦手、好き・嫌い、などから、大切にしてきた価値観や考え方を知り、言語化します。そうすることで自己理解がより深まります。
判断軸の明確化については前述のように自己理解を深めることで、自然と見えてくるものがあります。
ご自身の価値観や考え方から、人生の軸や就活に置ける判断軸をより明確にしていく作業を行います。
ここで大切なのは、その判断軸に優先順位をつけることです。判断軸は1つではなく複数あることが多いです。そのすべての項目を横並びにしてしまいがちですが、実はひとつひとつに優先順位があり、それは人によって様々です。優先順位付けをしていないと、あれもこれも譲れない!100点満点でないと内定はいらない!というように自分の作った価値観に捉われてしまいます。完璧な人がいないのと同様に、完璧な会社もありません。100点を探すのではなく、優先順位の高い判断軸が会社の価値観と合っているかどうかを見て、共に100点を目指すビジョンが描けるなら、その会社は本当にご自身に合っている会社だと思います。
就活の進め方は「複数社の情報を得るより、知っている1社とじっくり向き合うこと」をおすすめします。
せっかく時間をかけて準備してきた判断軸と会社の価値観が合っているかを確認するには、会社の基本情報だけでは難しいです。人事担当者だけでなく、実際に働いている社員に良いところも伸びしろも聞いた上で、納得のできる選択をしてほしいと思います。
就活時期は忙しいですが、ここで労力をかけておくとその後の就活で見るべきポイントが明確になります。就活で自ら納得解を導き出せれば、入社してから迷いなく成長していけるはずです。
三和建設では、学生さん1人ひとりと向き合うために、書類選考や面接は一切行っていません。
説明会で社長のメッセ―ジを直接聞いていただき、興味があれば、2日かけて行う1次選考会にぜひ予約してください。
弊社は、70年以上の歴史を持つ老舗ゼネコンではありますが、常に変化と成長を求めるベンチャー気質を持ち合わせています。だからこそ、誠実でありながら変化を恐れずチャレンジしていける人材を求めています。

トップへ