最終更新日:2021/6/9

(株)本間利雄設計事務所

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 建築設計
  • 建設コンサルタント

基本情報

本社
山形県
資本金
2,000万円
売上高
4億0,902万円(2021年03月実績)
従業員
29名(2020年12月現在)
募集人数
1~5名

山形県内の住宅から公共施設まで地域に根差した建築設計監理を行っております!やまぎん県民ホール、山形美術館、東北芸術工科大学、きらやかスタジアムなど。

  • エントリー者へ限定案内中
  • My Career Box利用中

【随時受付中】エントリー・WEB会社説明会受付中です! (2021/06/01更新)

当社のページにアクセスいただきありがとうございます。

私たちは山形県内を中心に建築設計監理を行っている会社です。
一般住宅から公共施設まで幅広い設計実績があります。

エントリー・WEB会社説明会受付中です!
エントリーシート提出期限は6月30日までとなっております。
選考詳細につきましてはエントリー者に対しご案内いたします。
ご検討中の方はエントリーをお願いいたします。

WEB会社説明会へのご参加は必須ではありませんが、当社をより知っていただく場としてご参加を推奨しております。ご無理のない範囲でのご参加をお待ちしております。

その他ご連絡・お問合せは、メール・お電話(採用担当宛)にて承ります。

また、新型コロナウイルスの感染状況に応じて、面接をWEB会議システム(ZOOM)を用いて実施する場合がございます。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
やまぎん県民ホールは2020年にグランドオープン。人々を招き入れるような軒下の豊かな空間をもつこの建築は、山形に数多く点在する蔵をモチーフとしている。
PHOTO
東北芸術工科大学は建築のかたち自体が周囲の山なみと呼応するように設計。甘えや媚びを排するデザインを徹底し、簡素で機能的な空間づくりをめざした。

建築設計監理を通して地域の自然や景観に相応しい風土性溢れる建築・文化づくりを実践

PHOTO

本間設計グループ代表 本間 弘

私どもの使命は「東北・山形の風土に根差した景観・文化・活力づくり」の実現です。それには新たな創造性や感性を磨きながら、現代から次の時代へと求められる建築をつくり続けることが重要です。
未来を切り開く最先端の建築をいかにつくるか、地域や企業のシンボルとしての建築はいかにあるべきか、地球環境負荷を低減するエネルギーの在り方とそのシステムをいかに構築するか、構造体の耐震性能や非常時の安全性の確保、それら総合的な面でのトータルコストプランニングなど、建築設計に求められる要件は多面的で広範囲であり、そのすべてが重要です。地域や企業の最も重要な財産として、時間に耐え長く使い続けられる建築づくりを目指しています。
さらに併設している地域環境計画研究室では、地域固有の歴史や文化の継承を探りながら、新たな価値やアイデンティティーを創出するための調査研究活動を続けています。

当社の強みは、経験豊富なベテラン社員が多く在籍していることです。建築設計には「先を読む力」・「構想+創造=構創する力」・「挑戦する強い意思」・「情熱」が必要です。新卒・若手社員はベテラン社員によるサポートのもと、自らの能力を存分に発揮することができます。

教育・研修制度は、新入社員研修をはじめ建築設計に必要な専門的知識を習得するために、定期的に外部研修受講の機会を設けて設計室のレベルアップに繋げています。

また働き方の多様性を踏まえて社員全員にノートPCを貸与して、VPNサーバーの構築により在宅リモートでの建築設計を可能としました。更に社員の健康のために、時間単位の年次有給休暇制度の導入・クラウド型勤怠管理システムによる労務管理を行い、有意義に業務以外の時間を活用しやすい体制としています。

建築設計は多くの方々と関わることができる遣り甲斐のある仕事です。新卒の皆様には常に謙虚な姿勢で相手を敬い、向上心をもって仕事に取り組んでいただくことを期待しています。一つの建築が完成するまでのプロセスは決して平坦なものではなくまるでドラマのようなものです、だからこそ成し遂げた時の達成感は他に比べようのないほどです。地域の自然や景観に相応しい風土性溢れる建築づくりに共に取り組む若い感性を求めています。

(株式会社本間利雄設計事務所 代表取締役 本間 弘)

会社データ

プロフィール

本間利雄設計事務所は創造的設計集団として、地域の環境・建築主や建築を利用する人々とのコミュニケーションに配慮しながら、住宅から公共建築まであらゆる建築の設計監理を担っております。建築設計を通し、地域の個性を活かした生活感に溢れた空間や施設づくりのお手伝いをしています。

一般住宅の他に病院や学校、文化ホールといった公共建築など、幅広いジャンルの建築の設計実績があります。やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)、東北芸術工科大学、山形県立東桜学館中学校・高等学校、山形美術館、水の町屋七日町御殿堰、きらやかスタジアムなど。詳しくは弊社ホームページにてご覧いただけます。

さらに、調査・計画部門として併設している地域環境計画研究室では、風土性や生態系などの研究を通じ、地域文化の「かたち」を建築設計に反映する活動を行っております。

私たちはこれからも豊かな自然と多様な文化に恵まれた山形県の風土性・場所性・地域性を尊重しながら、美しい山形県の景観づくり、文化づくりを建築設計・監理の分野から貢献して参ります。

事業内容
民間・公共各種建築の設計および工事監理
土地利用の企画・計画立案
リノベーション(復元・保存・再生計画)の企画・設計および工事監理
インテリアデザインの企画・設計および監修
エコロジカルプランニングの手法による地域計画・調査・研究
本社郵便番号 990-0021
本社所在地 山形県山形市小白川町4丁目13-12
本社電話番号 023-641-7711
設立 1962年
資本金 2,000万円
従業員 29名(2020年12月現在)
売上高 4億0,902万円(2021年03月実績)
先輩情報(1) Q1 出身大学・学部・学科を教えてください

仙台高等専門学校専攻科(生産システムデザイン工学専攻)です

Q2 入社何年目ですか

今年で入社8年目です

Q3 なぜ当社に入社したいと思ったのですか

東北・山形という固有の資質である風土性を生かし、育て、建築という形で地域に還元していくという、本間利雄所長の方針に共感したからです

Q4 現在の仕事内容を教えてください

設計監理をはじめ、デジタルデザインを行う専門チーム「DDL」に所属し、BIMやコンピュテーショナルデザインといった最新の設計手法に取り組んでいます

Q5 やりがいを感じるときはどんな時ですか

地域のたくさんの人々の力を借りながら、長い工程を経て建築が完成した時、大きな感動とともに、この仕事に就いてよかったと実感します
先輩情報(2) Q1 出身大学・学部・学科を教えてください

札幌市立大学デザイン学部デザイン学科(仙台高等専門学校より編入)です

Q2 入社何年目ですか

今年で入社8年目です

Q3 なぜ当社に入社したいと思ったのですか

自分の生まれ育った地域に建築の設計を通して恩返しが出来ると思ったからです

Q4 現在の仕事内容を教えてください

建築の設計・監理(オフィス系が多いです)/建築の調査/建築積算

Q5 やりがいを感じるときはどんな時ですか

完成後、実際に建築が使われているのを見た時
先輩情報(3) Q1 出身大学・学部・学科を教えてください

山形大学地域教育文化学部地域教育文化学科(現・工学部建築デザイン学科)です

Q2 入社何年目ですか

今年で入社6年目です

Q3 なぜ当社に入社したいと思ったのですか

地域環境計画研究室に興味があったから/山形の地域に根差した仕事ができるから/住宅から公共施設まで様々な設計に携われるから

Q4 現在の仕事内容を教えてください

個人住宅の設計/多目的ホール増築設計/土地利用計画策定業務/地域の歴史文化資源普及啓発業務/古民家改修計画

Q5 やりがいを感じるときはどんな時ですか

お施主様の夢やイメージを打合せで楽しそうにお話するのを聞いている時/設計から完成まで携わることができるので、完成した際にお施主様と喜びを共有できた時
先輩情報(4) Q1 出身大学・学部・学科を教えてください

東北芸術工科大学デザイン工学部建築・環境デザイン学科です

Q2 入社何年目ですか

今年で入社6年目です

Q3 なぜ当社に入社したいと思ったのですか

創業者 建築家本間所長の理念に惹かれました/オープンデスクやアルバイトを通して、先輩方の仕事に対する思いや設計された建築を拝見し、深く心を動かされました

Q4 現在の仕事内容を教えてください

店舗の設計/現場の監理

Q5 やりがいを感じるときはどんな時ですか

私が担当した建築で、お施主様や利用される方々の笑顔を見た時/上司や先輩、施工者、専門業者など様々な方と共に新しいことへ挑戦し、苦労を乗り越えた時
沿革
  • 1962年(昭和37年)
    • 本間利雄設計事務所創立
  • 1970年(昭和45年)
    • 山形市小白川に新築移転 株式会社に改組
  • 1975年(昭和50年)
    • 地域環境計画研究室を併設
  • 1981年(昭和56年)
    • 第24回山新3P賞(繁栄賞)受賞
  • 1988年(昭和63年)
    • 第8回日本建築学会東北建築賞(作品賞)受賞【小国町役場】
  • 1990年(平成2年)
    • 第31回BCS(社団法人建築業協会)賞受賞
      第10回日本建築学会東北建築賞(作品賞)受賞
      【山形市総合スポーツセンター】
  • 1991年(平成3年)
    • 第11回日本建築学会東北建築賞(作品賞)受賞【山寺風雅の国】
  • 1992年(平成4年)
    • 第12回日本建築学会東北建築賞(作品賞)受賞【小国町立伊佐領小学校】
  • 1993年(平成5年)
    • 第13回日本建築学会東北建築賞(作品賞)受賞【東北芸術工科大学】
  • 1995年(平成7年)
    • 第36回BCS(一般社団法人日本建築業協会)賞受賞
      【川西町フレンドリープラザ】
  • 1999年(平成11年)
    • ISO9001認証取得(本間設計グループ BCJ-QS-0298)
      (~2006年)
  • 2011年(平成23年)
    • 第32回日本建築学会東北建築賞(作品賞)受賞【水の町屋七日町御殿堰】
  • 2015年(平成27年)
    • 平成27年度山形県産業賞受賞ー本間設計グループ
  • 2015年(平成27年)
    • 資本金2000万円に増資
  • 2021年(令和3年)
    • 私募債発行(発行手数料優遇分を公益社団法人山形交響楽協会へ寄付)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 21.1年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.9日
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 16.7%
      (6名中1名)
    • 2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒990-0021
山形県山形市小白川町4丁目13-12
TEL:023-641-7711
株式会社 本間利雄設計事務所 採用担当 総務部・佐藤 宛
URL https://www.thaa.co.jp/
E-mail ysato@thaa.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp254572/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)本間利雄設計事務所と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ