最終更新日:2021/5/14

社会福祉法人くりのみ園

  • 正社員

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
長野県
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
社会福祉法人のためなし
従業員
70人
募集人数
1~5名

オーガニックの福祉農園で自立と暮らしを支えます。平飼い養鶏と自然循環農法で地域農業に貢献 <エリア:長野県・小布施町>

  • 積極的に受付中

いのちはめぐる。~福祉農園で、自立と暮らしを支えます~ (2021/05/13更新)

PHOTO

ごあいさつ

「平飼い養鶏と自然循環農法で地域農業に貢献」

施設支援は、命を育てる営みです。
自然農法もまた、命の手入れの営みです。

こうして、彼らが育ち、田畑が手入れされることにより、
この里山は、かかわる人々をやさしく包み込むイヤシロチ(心地良い場所) になる。
この大自然の恵みあふれる福祉農園から
ほんものの「食」の提供を通じて地域の健康づくりと
農業振興に貢献していきたいと願っています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
良質の鶏糞発酵堆肥を土作りに使い、育った野菜・野草を餌として鶏舎へ。利用者の方の自立・暮らしを支える循環農業は、地域の健康づくりや農業振興も担っている。
PHOTO
地域内外で人気のくりのみブランド商品。「おぶせのたまご」は2018年、「くりのみの米こうじ味噌」は2020年に、それぞれ食品関連の賞を受賞した実績がある。

自然循環農法の福祉農園。めぐる自然と命のもとで、イキイキとした暮らしを支えます。

PHOTO

「農福連携は、社会福祉の原点」と話す理事長の島津さん。豊かな自然のもと、地域に根ざした自然循環農業を行うことで、地域に開かれた福祉の実現を目指している。

近年広がりを見せる「農福連携」の取組みは、農業・福祉両面の課題解決につながると同時に、福祉のベースとなる考え方だと、私たちはとらえています。生活に困窮する人、社会から弾き出されてしまった人に、どうやって食べることを確保するか。それが明治以降の、日本の社会福祉の原点でした。私たち「くりのみ園」も20年前、「食」に重点を置いて、自給農園からスタート。平飼い養鶏や自然循環農法での米・野菜作り、施設内の設備を使った独自の有機給食提供など、「福祉農園」としてのあり方を、徐々にかたち作ってきました。
現在は、拠点となる小布施町と長野市の2ヶ所に農園を設け、障がい者の方と支援員が一緒になって、農業に取り組んでいます。農園に通い汗を流す利用者の方は40名ほど。いわば、「地域で一番大きな農家」のようなイメージなのかもしれません。有機JAS認証や6次産業化の認定も受けており、スイーツ工房併設の直営店では、自然有精卵を使ったカステラやマフィン、天然醸造の米こうじ味噌などを販売。地域のお客様の笑顔や「おいしかったよ」の声が、やりがいにつながっています。今後は小布施町や長野市の小・中学校、特別支援学校に、当園と同じ有機農産物を使った給食を届けることも、大きな目標の1つです。農産物を通して地域に溶け込み、地域と共に成長していく──多くの人と関わり合いながら、地域を元気にしていけることも、農福連携の強みだと思います。農業支援や営業・販売支援において、社会福祉の特別な資格は必要としていません。大切なのは、利用者の方たちに寄り添い、一緒にやっていこうという思い。もちろん農業の技術も一朝一夕に身につくものではないので、まずは知らないこと、分からないことを素直に面白いと感じ、長い目で経験を積める方に来ていただきたいですね。
2021年6月には新たにグループホームを立ち上げ、本格的に利用者の方の生活を支える体制づくりを進めています。さらに当園は、地域の皆様の福祉に関わる悩みに、広く応える相談支援事業所としての役割も果たしています。農福連携の担い手としてはもちろん、障がい者福祉の専門家として成長したいという方にも、幅広いキャリアアップや働き方を選べる環境です。「食に興味がある」「自然と共に働きたい」という、核となる感覚がある人なら、きっと私たちと一緒に当園で、大きなやりがいを感じられるでしょう。(理事長/島津 隆雄さん)

会社データ

プロフィール

ごあいさつ

平飼い養鶏と自然循環農法で地域農業に貢献

施設支援は、命を育てる営みです。
自然農法もまた、命の手入れの営みです。

こうして、彼らが育ち、田畑が手入れされることにより、
この里山は、かかわる人々をやさしく包み込むイヤシロチ(心地良い場所) になる。
この大自然の恵みあふれる福祉農園から
ほんものの「食」の提供を通じて地域の健康づくりと
農業振興に貢献していきたいと願っています。

事業内容
■くりのみ園では、持続可能な有機農業に取り組み、アトピー、化学物質過敏症等の人でも食べられる平飼い「おぶせの卵」、有機JAS米、有機「米こうじ味噌」等の生産普及に努力し、「食」からの障害の 克服を目指し、有機自園給食に取り組んでいます。
■くりのみ園で働く皆さんへのお願い
できる、できないはあまり問いません!地道にコツコツ働けるようにお願いします。
本社郵便番号 381-0208
本社所在地 長野県上高井郡小布施町都住1238-2
本社電話番号 026-247-6330
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 70人
売上高 社会福祉法人のためなし

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 3.5時間
    2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 社会福祉法人 くりのみ園
〒381-0208 
長野県上高井郡小布施町大字都住1238-2
採用担当:関根
TEL:026-213-7744
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp255648/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人くりのみ園と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人くりのみ園を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ