最終更新日:2021/9/3

沖縄県花卉園芸農業協同組合【太陽の花】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)

基本情報

本社
沖縄県
出資金
11億5,251万円
売上高
64億3,616万円(2019年)
従業員
正職員:52名
募集人数
若干名

【営農指導員を追加採用しています!】~Life with Flower~ 沖縄から全国に花卉(かき)を届けています!! (内々定までの所用日数:約1ヶ月)

【営農指導員】追加採用を行います!!(文理不問です) 内定まで1カ月程度! (2021/09/03更新)

PHOTO

こんにちは。採用担当の新門です。
新卒採用を今年度から本格的に始めます。

沖縄のお花を全国に届けていきませんか??

皆様とお会いできる事を楽しみにしております♪

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
任意組合として創設してから45年、農協認可を1981年に受けてから40年になる花の専門農協です。「太陽の花」ブランドとして地域の花農家の方々を支える事業を行っています。
PHOTO
「太陽の花」では、全国トップクラスの花卉生産を支え、小さな花の一つ一つ真心を込めて大事に育てていくために、様々な部署と各方面にわたって花卉農業をお手伝いします。

会社データ

プロフィール

【営農指導員の追加採用が決まりました!!】

沖縄県花卉園芸農業協同組合は、昭和51年11月、「沖縄から全国の皆さまにフレッシュな花をお届けしたい」-この願いから発足し、昭和56年9月、花の専門農協として認可されました。
「花」という見向きもされなかった分野に挑み「花」を沖縄県の一次産業の中で重要な地位を占めるまでの産業にまで成しらめた起業家集団です。
全国の花市場・仲卸・量販店・花屋が安心して買える品質と希望する物量が確保できるという、安心と信用を仕事としております。
沖縄ならではの個性的な・花物・葉物・実物といった花卉類を市場・花屋・デザイナーさんへ紹介・販売しています。

新たに農業を始めたい新規就農者が就農しやすいように限られた面積でも高収入が見込める花草の栽培を確立して、魅力ある農業実現のお手伝いを一緒にしていきませんか?

オリジナル品種で新たな菊の世界を一緒に創り上げてみませんか?

新人、先輩関係なく意見を言え、チームワークで仕事ができ、自身のアイデアを活かすことができる職場環境をご用意しています。

事業内容
【営農指導事業】生産技術の普及指導や、農業経営の相談など
【販売事業】農業生産物(花卉)を全国の市場へ向けて販売
【購買事業】農業生産資材の販売
【融資事業】組合員へ農業活動に必要な営農資金の貸付や、代行業務
【企画開発事業】新規作目開発や苗の育種

当農協が扱う花卉(かき)は、ほとんどが切り花です。
うち93%がキク類です。主力は小ギクと大ギクです。組合員の農家から受託集荷した花卉は、北海道から九州まで約70市場に出荷しています。
県外事業が正月と春の彼岸に集中するため、12月から3月にかけて集荷作業、出荷作業がピークを迎えます。
栽培は電照ギクが主体です。
キクは日照時間が短くなると開花する性質があるため、それを利用して人工的に光を当て開花時期を調整します。

PHOTO

沖縄はキクの三大産地の一つです。冬場の12月から3月は、国内で消費される小ギクの9割以上が沖縄産といわれます!!

本所郵便番号 901-2569
本所所在地 沖縄県 浦添市 伊奈武瀬 一丁目10番1号
本所電話番号 098-860-2269
設立 昭和51年(1976年)11月11日
出資金 11億5,251万円
従業員 正職員:52名
売上高 64億3,616万円(2019年)
花卉(かき)とは? 観賞用になるような美しい花をつける植物の総称のことを言います。
事業所 【本所】浦添市伊奈武瀬1丁目10番1号
【北部センター】名護市字屋部1713-2
【中部センター】沖縄市字池原2837-2
【企画開発部】沖縄県名護市字豊原224-1
沖縄はキクの三大産地! 沖縄はキクの三大産地の一つです。冬場の12月から3月は、国内で消費される小ギクの9割以上が沖縄産と言われます。
もともと本土は、冬場のキクを主に台湾から輸入していました。それが1980年代になって、沖縄が徐々に台湾にとってかわったのです。
沖縄は温暖な気候のため、本土の産地に比べて冬場の生産コストを低く抑えられます。
そうした中で、開花の調整技術の向上や郵送の大量化によって安定供給が実現した結果、一大産地に成長しました!!
組合員 710名
平均年齢 45.3歳
子会社 (株)沖縄県花卉卸売市場
(株)トランスプランツインドネシア
沿革
  • 1976年 11月11日
    • 沖縄県花卉園芸協同組合(任意組合)創設。
      (組合員62名からのスタートでした)
  • 1977年 11月1日
    • (株)沖縄県花卉卸売市場設立。
      (那覇市松山に事務所を設立しました)
  • 1980年 5月30日
    • 「太陽の花」を商標登録
      沖縄の豊かな太陽と若いエネルギーを象徴してつけられました。
  • 1980年 6月25日
    • 沖縄県へ花卉専門農協移行について要請。
  • 1981年 12月1日
    • 沖縄県花卉園芸農業協同組合設立
      花の専門農協として第一歩を踏み出しました。

      ちなみに、農協にはJAのように共済や貯金など金融商品を扱う「総合農協」と、花や農作物のみを扱う「専門農協」の2種類があります。
  • 1983年 1月25日
    • 中・北部集出荷センター開所。
  • 1983年 3月16日
    • 県外出荷に航空輸送機のチャーター機利用開始。
  • 1984年 9月29日
    • 共選共販体制の導入。
  • 1987年 4月9日
    • 浦添市に本所移転。
  • 1989年 3月16日
    • 花卉集配センター完成。
  • 1989年 5月24日
    • 真空予冷機、冷蔵保管庫等の施設整備。
      出荷量の急速な伸びに対応する大型施設の整備を行うとともに、品質鮮度保持にも県内でいち早く取り組み市場の信頼を得ました。
  • 1991年 12月6日
    • 浦添市に沖縄県花卉卸売市場移転。
  • 1996年 11月26日
    • 組合創設20周年記念式典実施!
  • 1997年 2月6日
    • 朝日農業賞受賞
      「きめ細かい営農指導と優れた販売戦略により離島からの遠隔地出荷という厳しい条件にもかかわらず、全国有数の菊産地を形成した」が認められ賞を頂きました!
  • 2004年 11月30日
    • 花卉集配センター増築、および真空予冷機の増設!

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 21.8年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 9時間
    2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 総務部 管理課 課長 新門(しんもん)
TEL:098-860-2269
FAX:098-860-2270
e-mail:t-shin@t-flower.or.jp
URL http://www.taiyo-hana2.jp/enterprise/recruit
E-mail t-shin@t-flower.or.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp256625/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
沖縄県花卉園芸農業協同組合【太陽の花】と業種や本社が同じ企業を探す。
沖縄県花卉園芸農業協同組合【太陽の花】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ