最終更新日:2021/9/6

東京航空計器(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 精密機器
  • 半導体・電子・電気機器
  • その他電気・電子関連

基本情報

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
86億3千万円(2021年3月31日決算)
従業員
545名(2021年3月31日現在)
募集人数
11~15名

創業84周年、日本の防衛・航空産業を支え続けてきた企業です。

採用担当者からの伝言板 (2021/09/06更新)

PHOTO

当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。

私共では、本年度予定をしておりました会社説明会の開催は、一旦すべて終了いたしましたのでご了承ください。追加募集を行う際には改めてご案内いたしますので、その際には是非ご参加ください。

よろしくお願いいたします。

会社紹介記事

PHOTO
学生時代、バックパッカーで東南アジアを回った経験を持つ大島さん。自らの営業スタイルを「相手の懐に飛び込み信頼関係を築く」と分析。常に情報収集を心がけている。
PHOTO
「巨大な鉄の塊がなぜ空を飛べるのだろう」という疑問から、飛行機に興味を持ったという吉田さん。多くの技術者と刺激し合いながら”ものづくり”の最先端に挑んでいる。

先端技術と高い信頼性で航空界・産業界を支える“ものづくり”に取り組む

PHOTO

2010年に完成した本社社屋。業種柄、セキュリティ面は厳しいが、社内は明るく広々とした作り。ここから次世代のマーケットを見据えた製品が次々と生まれている。

●大島英記さん(防衛・宇宙営業部 営業一課/2013年入社/経済学部経済学科卒)
主に防衛省への営業を担当しています。一般の営業と異なるのは、さまざまな部署・人へ営業活動を行うことと、実際に使った感想をうかがい、よりよい提案に練り上げていくこと。そのため技術から契約までの関連部門をはじめ、各地の自衛隊基地にも足を運んでいます。
仕事に就く前は、防衛省・自衛隊に敷居が高いイメージを持っていたのですが、実際にお会いしてみると、フランクに話をしてくださる方が多いですね。そして、私たちを「日本の国を守るチームの一員」と言ってくださいます。その信頼に応えられるよう、私も製品と次世代を見据えた提案で応えたいと頑張っています。
入社以来取り組んできた案件が、やっと契約に結びつくところまで来ました。先輩のアドバイスを受けながら、考え、何度も修正を加えて…試行錯誤した時間が、自分を成長させてくれたと感じています。これからも日本の空を支えているという誇りを持ち、仕事に邁進していこうと思っています。

●吉田諒一さん(技術部 精密機器設計課/2013年入社/工学部知能機械工学科卒)
航空機関連の装置・機器の設計開発に携わっています。無から有を生み出す苦しみはもちろんありますが、自分の想いを形にできる喜びはこたえられません。当社の場合、設計担当が”ものづくり”の最初から最後まで携われるのが大きな魅力。技術部はもちろん、製造現場には加工・組み立てなど個々の分野のプロがおり、貴重なアドバイスをいただきながら設計に活かしています。
また機器のトラブルなどに対応する場合もあります。図面をもとにトラブルの原因を突き止め、解決策を工夫するのですが、時には自分の生まれる前の図面に出会うことも。先人たちの設計意図や想いに触れるとともに、自分の携わった部品も、未来の技術者に受け継がれていくと思うと、誇りとやりがいを感じています。
この仕事で重要なのは、”先を読む力”です。工程全体を見据えるだけでなく、お客様がその部品をどう使うのかまで意識し、チーム一丸で取り組む。これからも時代の先端のものづくりに挑み続けたいですね。

会社データ

プロフィール

当社は、創業84周年を迎える精密機器メーカーです。
戦前から日本の防衛・航空産業に携わり、今もなお、航空宇宙分野の様々な製品を開発・製造しています。主要取引先は防衛省。速度計や高度計など、約30万個もの製品が世界中の空で活躍しています。

また、航空で培った「正確にモノを測る技術」を活かし、産業の分野でも様々な製品を開発しています。中でも、速度違反自動取締装置“ORBIS”(オービス)は当社の登録商標。日本各地の道路で交通の安全を支えています。

「最先端の技術により、いつも時代の先をいく製品を生み出す」という理念を貫き通し、これからもお客様からの信頼を獲得できるよう日々努力してまいります。

事業内容
航空宇宙機器・産業機器の製造、販売、メンテナンス

PHOTO

航空機のコックピット内の計器類。航空計器(左上)、飛行記録装置(右上)、電子飛行情報表示装置(下)。

本社郵便番号 194-0296
本社所在地 東京都町田市小山ヶ丘2-2-6
本社電話番号 042-798-6611
設立 1937年2月17日
資本金 1億円
従業員 545名(2021年3月31日現在)
売上高 86億3千万円(2021年3月31日決算)
事業所 ■羽田事業所
〒144-0041 東京都大田区羽田空港1-8-2
TEL:03-3747-7671
FAX:03-3747-0374
■名古屋営業所
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-12-12
アーク栄白川パークビル4F
TEL:052-203-1801
FAX:052-203-1824
主な取引先 防衛省、川崎重工業(株)、三菱重工業(株)、新明和工業(株)、(株)SUBARU、日本電気(株)、ナブテスコ(株)、(株)島津製作所、シンフォニアテクノロジー(株)、横河電機(株)、全日本空輸(株)、日本航空(株)、ルネサス エレクトロニクス(株)、富士通(株)、ローム(株)、信越半導体(株)、三益半導体工業(株)、(株)SUMCO、トヨタ自動車(株)、(株)デンソー、(株)堀場製作所、(株)堀場エステック、(株)小松精機工作所、大阪ガス(株)、東京ガス・エンジニアリング(株)、東芝通信インフラシステムズ(株)、警察庁、警視庁、各県警本部、(株)カナデン
関連会社 ■(株)トーコー
■(株)TKKワークス
■United Instruments, Inc.
平均年齢 44歳
沿革
  • 1937年
    • (株)東京計器製作所の航空計器関係を分離。 川崎市木月に東京航空計器(株)を設立。
      資本金300万円、従業員400名。定針儀、水平儀、旋回計、昇降計、磁気コンパス、自動操縦装置等の製造開始。
  • 1941年
    • 狛江工場が陸海軍共同管理工場に指定され、 従業員1万6,000名の航空機用航法計器メーカーとなる。
  • 1945年
    • 川崎の本社工場が占領軍に接収され、航空関係の製造を停止。 狛江工場にて各種民需品の製造を開始。
  • 1952年
    • 占領軍による航空関係の製造停止解除、直ちにその製造修理を再開。
      模写電送装置(ファクシミリ)の製造開始。及びトーシャファックス(謄写原紙製版機)の開発。
  • 1957年
    • 各種圧力計等計測機器製造開始。
  • 1978年
    • F-15J戦闘機、P-3C哨戒機用装備品製造開始。
  • 1980年
    • 羽田メンテナンスセンタービル竣工。 ボーイング757型機用高度計製造開始。
  • 1982年
    • 半導体製造、検査装置及び画像処理装置の製造開始。
  • 1983年
    • 狛江本社工場竣工。 AH-1S型対戦車ヘリコプタ用装備品製造開始。
  • 1986年
    • T-4型中等練習機用機上酸素発生装置(OBOGS)等装備品 及びCH-47J輸送ヘリコプタ用装備品製造開始。
  • 1987年
    • P-3C哨戒機用デジタル・フライト・コントロールシステム(DFCS)開発。
      SH-60J哨戒ヘリコプタ用電子式水平位置指示装置(EHSI)等装備品製造開始。
  • 1994年
    • 電子撮像式速度計測装置製造開始。
  • 1996年
    • F-2戦闘機用装備品製造開始。
      OH-1観測ヘリコプタ用フライト・コントロール・コンピュータ(FLCC)、エア・データ・コンピュータ(ADC)等装備品製造開始。
      UH-60JA電子式液晶表示装置(EFIS)製造開始。
  • 1999年
    • 半導体ウエハ重ね合わせ装置製造開始。
  • 2000年
    • 航空宇宙事業部、JISQ9001(ISO9001)認証取得。
      SH-60J改、US-1A改用自動操縦装置等装備品製造開始。
      車種判別装置付自動速度違反取締装置製造開始。
  • 2001年
    • UH-1J/OH-6、C-1機用コックピット・ヴォイス・レコーダ(CVR)開発開始。
  • 2003年
    • C-130H機用コックピット・ヴォイス&フライトデータ・レコーダ(CVFDR)開発開始。
      超精密大型光学レンズ用輸送コンテナ販売開始。
      F-4機用コックピット・ヴォイス・レコーダ(CVR)の開発開始。
  • 2004年
    • 車輌用操縦桿表示器開発開始。
      航空宇宙事業部、JISQ9100認証取得。
  • 2005年
    • 計量法の計量標準供給制度に基づく、校正業務の認定(ISO 17025)を取得。
      C-1後継機及びP-3C後継機の各種装備品の試作開始。
  • 2008年
    • P‐1哨戒機用装備品製造開始。
  • 2010年
    • 東京都町田市に本社工場を移転。
      10式戦車装備品製造開始。
      デジタル圧力計DG-950N製造開始
  • 2011年
    • T-5初等練習機用電子表示システム開発にて「防衛調達基盤整備協会賞」を受賞。
      (空)UH-60(近代化)装備品開発開始。
  • 2013年
    • 運動・位置計測装置(モ-ションセンサユニット)製造開始。
  • 2014年
    • (株)KODENホールディングスの傘下に入る。
      超小型モーションセンサーユニットの自動同時多数補正データ取得による生産性向上にて「日本航空技術協会奨励賞」を受賞。
  • 2017年
    • グループ会社、(株)TKKワークスを設立。

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 13時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 0名 2名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒194-0296 東京都町田市小山ヶ丘2-2-6
TEL:042-798-6612(人事部直通)
管理本部 人事部 人事課 採用担当
URL http://www.tkk-air.co.jp/
交通機関 京王相模原線多摩境駅より徒歩約12分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp2805/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東京航空計器(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ