最終更新日:2021/3/1

全国農業協同組合連合会(JA全農)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 商社(食品・農林・水産)
  • 食品
  • 建築設計

基本情報

本社
東京都
出資金
1,152億5,740万円
取扱高
4兆4,768億円(2019年度実績)
従業員
7,987名(2020年3月時点)
募集人数
201~300名

農業・消費者・地域のために、日本の食と農業を支えます!!

採用担当者からの伝言板 (2021/02/15更新)

PHOTO

2022年度卒の新卒採用を開始いたしました。

現在、企業説明会の予約を受け付けております。
本会マイページにエントリーの上、ぜひご参加下さい!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
農家に代わって、産地のセールスマン・宣伝マンとして国内外の消費者に国産農畜産物を安定的に供給しています。
PHOTO
農家が農産物の栽培から出荷までに必要とするさまざまな資材を提供しています。

JA全農は、商社・流通・メーカーなど、様々な顔を持つ組織です。

PHOTO

JA全農は、生産者や日本の農家のために、そして消費者のために多岐にわたる事業を展開しています。

私たち全国農業協同組合連合会(JA全農)は、JAグループの経済事業を担当し、国産農畜産物の販売や農業生産に必要なさまざまな資材を全国に供給する事業を行っています。
会員である地域のJA(農業協同組合)や県連合会と協同して、スケールメリットを活かした競争力のある経済事業活動を展開し、農家・組合員の農業所得の増大や農業生産力の拡大を支援していくこと、さらにはそうした活動を通じて、国民への安定的な食料供給を果たし、地域の暮らしを守ることが、私たちに課せられた役割です。

農業のために、消費者のために、地域のために。

持続的な発展につながる「たくましい」農業づくりに、私たちは挑戦を続けます。

■2019年度の事業取扱高―世界の協同組合(農業と食品産業部門)で"世界1位"
■配合飼料の出荷数量ー"業界1位"
■肥料の主要銘柄取扱数量ー"業界1位"
(全農リポート2020)

会社データ

プロフィール

One for all, all for one.
一人は万人のために、万人は一人のために。

JAとは、全国約1,000万人の農業者・地域の人々によって「協同組合」として組織され、地域の農業とくらしを守る活動をする民間の団体です。JA全農はその一員として1972年に設立され、農家・組合員そして消費者の期待に応えてきました。現在では全国に約8,000人の職員を擁し、4兆5,925億円(2018年度、単体)の取扱高を達成しています。また、国内外に136ある全農子会社や海外農協組織との連携、大手企業との合弁事業を通じて、ダイナミックな事業に携わることができるのが、JA全農で仕事をする醍醐味です。

事業内容
JA全農は多岐にわたって事業展開しています。
■米穀事業
・米の集荷・流通、精米や炊飯米の販売、飼料用米の生産拡大や原材料・加工用途米の生産提案

■園芸・麦類農産事業
・園芸事業:国産の野菜・果実・花きの流通・販売、野菜の消費拡大
・麦類農産事業:国産の麦・大豆・地域特産品の流通・販売

■畜産・酪農事業
・畜産事業:飼料原料の海外からの調達、優良種豚の開発やET技術(受精卵移植)を活用した畜産農家支援、国産畜産物の流通・販売・輸出の推進
・酪農事業:生乳の流通と広域需給調整、新規需要の開拓

■営農・生産資材事業
・営農事業:生産者に役立つ営農情報の提供、直営レストランや産直イベントを通じた消費者への国産農畜産物のPR
・生産資材事業:肥料原料の輸入業務及び肥料・農薬の安定供給と安全使用の普及、生産コスト削減に向けた農業資材・ダンボール等の開発・普及、農業機械の推進や農機レンタルの普及、農業施設等の建設・管理

■生活関連事業
・生活リテール事業:JAグループの食品スーパー「Aコープ店舗」への物資の供給やインターネットモール「JAタウン」の運営、国産原料にこだわった「全農ブランド商品」の開発・販売
・燃料事業:JAガソリンスタンド(JA-SS)への石油製品の供給やLPガス、新エネルギーなど地域のエネルギーインフラの整備・普及促進

事業内容の詳細については「JA全農ホームページ」をご覧ください。
URL:http://www.zennoh.or.jp/

PHOTO

「私たち全農グループは、生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋になります」という経営理念のもと、事業活動を行っています。

本会郵便番号 100-6832
本会所在地 東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル
本会電話番号 03-6271-8123
設立 1972年3月30日
出資金 1,152億5,740万円
従業員 7,987名(2020年3月時点)
取扱高 4兆4,768億円(2019年度実績)
取扱高構成 (2019年度、単位:%)
■米穀農産事業:15.8
■園芸事業:24.5
■畜産事業:23.2
■営農・生産資材事業:17.6
■生活関連事業:18.9
事業所 ■本所
東京

■事業所
 札幌、仙台、東京、大阪、広島、福岡 他

■都府県本部
青森県本部(JA全農あおもり)   岩手県本部(JA全農いわて)
宮城県本部(JA全農みやぎ)    秋田県本部(JA全農あきた)
山形県本部(JA全農山形)     福島県本部(JA全農福島)
茨城県本部(JA全農いばらき)   栃木県本部(JA全農とちぎ)
群馬県本部(JA全農ぐんま)    埼玉県本部(JA全農さいたま)
千葉県本部(JA全農ちば)     東京都本部(JA全農東京)
神奈川県本部(JA全農かながわ)  山梨県本部(JA全農やまなし)
長野県本部(JA全農長野)     新潟県本部(JA全農にいがた)
富山県本部(JA全農とやま)    石川県本部(JA全農いしかわ)
岐阜県本部(JA全農岐阜)     三重県本部(JA全農みえ)
滋賀県本部(JA全農しが)     京都府本部(JA全農京都)
大阪府本部(JA全農大阪)     兵庫県本部(JA全農兵庫)
鳥取県本部(JA全農とっとり)   岡山県本部(JA全農おかやま)
広島県本部(JA全農ひろしま)   徳島県本部(JA全農とくしま)
愛媛県本部(JA全農えひめ)    福岡県本部(JA全農ふくれん)
長崎県本部(JA全農ながさき)   大分県本部(JA全農おおいた)
計32本部
■海外
現地事務所:北京、香港、台湾、シンガポール、ロンドン 他

■研究所
営農・技術センター(神奈川県平塚市)、飼料畜産中央研究所(茨城県つくば市)、
家畜衛生研究所(千葉県佐倉市)、ET研究所(北海道上士幌)、
上土幌種豚育種研究室(北海道上土幌) 他
(2019年9月1日現在)
関連会社 全農物流(株)        (株)全農ビジネスサポート
全国農協食品(株)      全農パールライス(株)
JA全農青果センター(株)   JA全農たまご(株)
JA全農ミートフーズ(株)   JA東日本くみあい飼料(株)
JA西日本くみあい飼料(株)  全農グリーンリソース(株)
全農エネルギー(株)  他
役員 代表理事理事長  山崎 周二
取扱高推移   決算期     取扱高
─────────────
2010年3月     47,647
2011年3月     48,932
2012年3月     48,028
2013年3月     48,250
2014年3月     50,852
2015年3月     48,584
2016年3月     46,946
2017年3月     45,981
2018年3月     46,382
2019年3月     45,925
2020年3月     44,768
       (単位:億円)
沿革
  • 1972年
    • 全販連と全購連の合併により設立
  • 1979年
    • デュッセルドルフ事務所開設
  • 1979年
    • 米国法人「全農グレイン(株)」設立
  • 1982年
    • 米国法人「米国全農組貿(株)」設立
  • 1983年
    • 全農坂出LPG輸入基地完成
  • 1992年
    • 農協CIによる愛称「JA」の使用開始
  • 1992年
    • 現地法人「日本・ヨルダン肥料(株)」設立
  • 2001年
    • 新生全農の発足(27経済連との合併)
  • 2002年
    • 6経済連との合併により、33県本部体制となる
  • 2003年
    • 2経済連との合併により、35県本部体制となる
  • 2004年
    • 1経済連との合併により、36県本部体制となる
  • 2008年
    • 山形県本部と庄内本部の統合により、35県本部体制となる
  • 2015年
    • JAしまね発足により、34県本部体制となる
  • 2019年
    • JA高知県、JA山口県発足により、32県本部体制となる

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15.0時間
    2019年度

先輩情報

人との繋がりを大切にする。
勝山 勉
2017年入会
東京農業大学大学院
東京農業大学大学院 農学部 バイオサイエンス専攻
広島県本部 米穀部 米穀販売課
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒100-6832 東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル
総務人事部 採用担当
TEL:03-6271-8123
URL http://zennoh-recruit.jp/
E-mail zz_zk_recruit@zennoh.or.jp
交通機関 東京メトロ各線 大手町駅(C2b番出口直結)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp381/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
全国農業協同組合連合会(JA全農)と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

全国農業協同組合連合会(JA全農)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ