最終更新日:2021/2/15

マツダ(株)

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • 自動車・自動車部品

基本情報

本社
東京都、広島県
資本金
2,840億円(2019年3月31日現在)
売上高
35,647億円(連結:2019年度)
従業員
単体合計:23,087名 連結合計:49,998名 (2019年3月31日)
募集人数
201~300名

「飽くなき挑戦」 それがマツダのDNA

  • 受付締切間近

人々に人生の輝きを提供し、地球・社会との共存に挑戦し続けます (2021/02/15更新)

PHOTO

私たちが目指すのは「マツダ車にずっと乗り続けたい」と言っていただける、
お客さまと強い絆で結ばれた存在です。

これを私たちは「マツダプレミアム」と呼んでいます。
プレミアムというと高価格のブランドを想起されるかもしれませんが、
それは私たちが目指す姿ではありません。

「走る歓び」の力によってお客さまの人生を輝かせる、
お客さまとの強い絆をもった世界一のクルマづくり。

マツダが三輪トラックを造り始めた時代から目指している
この「マツダプレミアム」を実現できるよう「飽くなき挑戦」を続けていきます。

会社紹介記事

PHOTO
SKYACTIV技術と魂動デザインにより、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」の高次元での両立を追及します。
PHOTO
SKYACTIV-Xは、ガソリンエンジンの伸びの良さに、ディーゼルエンジンの優れた燃費、トルク、レスポンスといった特長を融合した画期的な内燃機関です。

マツダのコーポレートビジョン

PHOTO

私たちはクルマをこよなく愛しています。

人々と共に、クルマを通じて豊かな人生を過ごしていきたい。

未来においても地球や社会とクルマが共存している姿を思い描き、

どんな困難にも独創的な発想で挑戦し続けています。

1. カーライフを通じて人生の輝きを人々に提供します。

2. 地球や社会と永続的に共存するクルマをより多くの人々に提供します。

3. 挑戦することを真剣に楽しみ、独創的な“道(どう)”を極め続けます。

会社データ

プロフィール

【情熱を形にし、不可能を可能にするクルマづくり】
マツダのクルマづくりにおける一貫した信念、それは、常識や限界にとらわれることなく、徹底的にやり抜くこと。挑戦の積み重ねは、マツダのDNAとなっています。
いま私たちは、無限の可能性-The sky is the limit-を掲げて技術革新に挑戦し、ひとつの答えにたどり着きました。
“SKYACTIV TECHNOLOGY”
とびきりの環境性能を搭載し、ドライビングフィール溢れるZOOM-ZOOMなクルマづくり。
そんなこだわりやモノ作りに共感いただけるあなたのご応募をお待ちしております。

【経験や入社年次、役職関係なく良い意見を尊重し責任ある仕事を任される風土】
「人事の人と役員の人の会話を聞いてフランクな風土を実感」し、入社を決めた先輩もいました。マツダには役職名でなく「○○さん」でお互いを呼び合い、経験や入社年次、役職に関係なく良い意見を尊重する風通しのいい風土があります。こうした関係がなければ、お客様が共感するマツダの独創性や革新性のある発想は出てきません。そんな風土ですから、責任ある仕事も早い段階からお任せします。周りと上手く連携しながら、あなたの成長に繋げてください。

【なりたい自分を応援するユニークな人事制度「とびうお」】
あなたの活躍を支える人事制度は「とびうお」というネーミングです。「とびうおは海を泳ぐ魚だけど、何かをきっかけにして空を飛ぶことだって出来る。そんなきっかけとなる人事制度を作りたい。そしてマツダをもっといい会社にしたい。」自ら手を上げて集まったプロジェクトメンバーがそう考えて、作り上げた制度です。なりたい自分を作っていけるキャリアチャレンジ制度、納得できる評価制度、利用しやすい休暇や事業所内保育施設などのワークライフバランス制度等。マツダでは全社員がそれぞれ描く「なりたい自分」に向かい、仕事も生活も充実する事で自分の強みを発揮しています。

事業内容
乗用車・トラックの製造、販売
本社郵便番号 730-8670
本社所在地 広島県安芸郡府中町新地3-1
本社電話番号 082-565-2115
設立 1920(大正9)年1月30日
資本金 2,840億円(2019年3月31日現在)
従業員 単体合計:23,087名
連結合計:49,998名
(2019年3月31日)
売上高 35,647億円(連結:2019年度)
研究開発拠点 本社、マツダR&Dセンター横浜、マツダノースアメリカンオペレーションズ(米国)、マツダモーターヨーロッパ(ドイツ)、中国技術支援センター(中国)
関連会社 マツダモーターオブアメリカ,Inc./マツダモーターヨーロッパGmbH/マツダ(中国)企業管理有限公司/(株)関東マツダ/(株)九州マツダ/マツダパーツ(株)/マツダロジスティクス(株)/(株)マツダE&Tなど
生産拠点 ◆国内
本社工場(本社、宇品)、防府工場(西浦、中関)、三次事業所
◆海外
中国、タイ、メキシコ、ベトナム、マレーシア、ロシア
販売会社 ◆国内
218社(2019年3月31日現在)
◆海外
140社(2019年3月31日現在)
主要製品 四輪自動車、ガソリンレシプロエンジン、ディーゼルエンジン、自動車用手動/自動変速機
平均年齢 40.4歳(2019年3月31日現在)
代表者 代表取締役社長兼CEO 丸本 明
沿革
  • 1920年 01月
    • 東洋コルク工業(株)として創立
  • 1927年 09月
    • 東洋工業(株)に改称
  • 1931年 10月
    • 3輪トラックの生産開始
  • 1945年 08月
    • 広島に原爆が投下
      本社施設の一部を広島県に貸与、県庁の全機構が当社に移される('46年7月まで)
  • 1960年 05月
    • 軽乗用車「R360」発売
  • 1967年 05月
    • 初のロータリーエンジン搭載車、「コスモスポーツ」新発売
  • 1979年 11月
    • フォードと資本提携
  • 1980年 12月
    • 5代目「ファミリア」が「1980-1981日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
  • 1984年 05月
    • マツダ(株)へ社名変更
  • 1991年 06月
    • 第59回ル・マン24時間レースでマツダ787Bが日本車として初の総合優勝
  • 2002年 04月
    • マツダの技術的な強みを企業としての独自性まで高めた、ブランドメッセージ「Zoom-Zoom」を展開開始
  • 2005年 11月
    • クルマを思いのままに操る楽しさを体現した、新型「Roadster(ロードスター)」(海外名MX-5)が「2005-2006日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
  • 2007年 03月
    • マツダ車を購入いただいた全てのお客様に「走る歓び」と「優れた環境安全性能」を提供する、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」を策定
  • 2008年 03月
    • マツダらしいデザイン、世界トップの安全性能と100kg軽量化を実現した、新型デミオが「2008世界カー・オブ・ザイヤー」を受賞
  • 2012年 2月
    • 「マツダ CX-5」が「2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
  • 2012年 9月
    • ロシアのソラーズとの合弁生産会社「マツダソラーズ」設立
  • 2012年 9月
    • マレーシアのベルマツとの合弁会社「マツダマレーシア」設立
  • 2014年 1月
    • メキシコにおける住友商事との合弁生産拠点「MMVO」操業開始
  • 2014年 9月
    • デミオ 2014-2015 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞
  • 2015年 1月
    • タイのトランスミッション工場「MPMT」創業開始
  • 2015年 5月
    • 「ロードスター」2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞、2016年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞、2016年ワールド・デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー受賞
  • 2017年 8月
    • トヨタと業務資本提携に関する合意書を締結
  • 2017年 8月
    • 技術開発の長期ビジョン「サステイナブル"Zoom-Zoom"宣言2030」策定
  • 2018年 11月
    • 新世代商品の幕開けとなる新型Mazda3を世界初公開
  • 2020年 1月
    • 創立100周年を迎える

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.9年
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 17.1日
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 10.3%
      (2187名中226名)
    • 2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 マツダ(株) 
人事本部 人材開発部 採用グループ
TEL:082-565-2115(ダイヤルイン)
URL http://www.mazda.com/ja/careers/newgraduate/
E-mail recruit@mazda.co.jp
交通機関 【広島本社へのアクセス】
■広島駅よりJR在来線を利用される場合
山陽本線上り、又は呉線上りに乗車し、向洋(むかいなだ)駅にて下車。
所要時間:約10分

■広島駅よりバスを利用される場合
バス乗り場Cホーム11~14番のりばにて乗車、「マツダ本社前(または向洋駅前)」にて下車
所要時間:約20分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp40315/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
マツダ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
マツダ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ