最終更新日:2021/12/23

(株)バンザイ

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 機械
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 精密機器
  • プラント・エンジニアリング

基本情報

本社
東京都
資本金
5億5,900万円
売上高
313億5,174万円(2020年3月期)
従業員
男性 371名 女性  65名 全体 436名(2020年3月現在)
募集人数
11~15名

(株)バンザイは自動車整備機器のリーディングカンパニー 自動車産業のインフラを安全・安心から支えるモノづくり企業です!【新型コロナ対策あり】

  • My Career Box利用中

【自動車整備機器のリーディングカンパニー!】 (2021/12/23更新)

PHOTO

オンライン形式のWEB説明会は、12月21日が最終と
なります。
当社の選考に興味のある方は、録画配信型セミナーを
視聴後、適性検査を予約して下さい。
(2021年12月23日)

―――――――――――――――――――――――――――――
 【スピード選考】説明会参加から最短2~3週間で内定へ
―――――――――――――――――――――――――――――
適性検査の受検+応募書類の提出+面接の日程調整が
スムーズにいけば、説明会参加日から2週間以内で
内定まで進みます。

―――――――――――――――――――――――――――――
 【録画配信型】WEBセミナー実施中!
―――――――――――――――――――――――――――――

当社は、1920年創業、日本で4社だけが扱う
車検機器の開発・販売の専門商社です!
3月12日開催の『マイナビTV』に出演し、
アーカイブ動画を配信中です。

アーカイブ動画には、現場で働く3名の社員が
仕事の喜怒哀楽などを語ってくれました。
その動画を見ていただき、もっと私たちのことを
知っていただけたらと思います!

―――――――――――――――――――――――――――――
 ★WEB(オンライン形式:LIVE)の説明会も開催★
―――――――――――――――――――――――――――――

弊社では、WEBセミナー・WEB選考を実施して
おります。
Zoomを利用したWEB会社説明会となります。

東京周辺以外にお住いの方は、WEB面接を実施
予定です。

―――――――――――――――――――――――――――――
 WEBによる会社説明会参加後は、WEB適性検査に進めます!
―――――――――――――――――――――――――――――

【 WEB版の適性検査を同時実施中 】

WEBセミナー視聴後、次の選考ステップとなる
適性検査もWEBにて実施しています。
是非、エントリーしてみてください!


【 適性検査の合格後の一次面接 】

一次面接は、面接官2名と学生さん1名の個別面接です。
お互いがマスク着用で、ドア開けた少し広めの会議室で
行います。
面接官と学生さんの距離は、テーブルはさんで2mほど
離れています。
元気よく自分をアピールしてください。


まずは当社へのエントリーをお願いいたします!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
同社の取引先は、自動車メーカー各社や自動車販売店・ディーラー、整備工場、ガソリンスタンドなど。多くの取引先と長年の信頼関係を築き上げている点も、大きな強みだ。
PHOTO
お客様と接する機会も多い仕事のため、コミュニケーション能力を大切に育んでいる。社内の風通しを良くするため、全社員との面談を実施し、社員に寄り添う姿勢が見られる。

挑戦を続けるからこその100年の歩み。自動車業界とともに発展を目指す

PHOTO

「勉強やスポーツ、趣味、資格など、やり遂げたと自信をもって言える経験のある方は大歓迎。経験を通じ、努力や苦労で得た知恵と行動力に期待しています」と柳田社長。

■確かな技術とサービスで信頼を獲得し、自動車業界を牽引
「積極的な挑戦」、そして「社会の発展に寄与する」意志。これは私たちが大切にし続けている、経営理念にも明言されている信念です。当社が100年の歴史を歩んでこられたのは、ぶれずにこの姿勢を貫いてきたことが理由に挙げられるかと思います。商社として、その時々の法律に則った車検整備機器を提供することを主軸としながら、お客様や地域の皆さんの期待に応えるべく、扱う商品や販売のしかたを柔軟に変化させたり、全国180か所以上にサービス網を敷いたり、社内に技術部門を設けて自社機器の開発を始めたり…と常に時代の変化に合わせ、現状に留まらない挑戦を行うことで、自動車整備機器業界でトップシェアを誇るまでに発展してきました。

近年、自動車業界は飛躍的な技術発展を遂げています。その技術発展に合わせて、整備機器も時代と共に進歩をしており、「未来の自動車と、それが走る社会に対して、当社はどういった機器を提供できるのか」。常にこの問いに意識を向けながら、次世代を見据えた舵取りを行っています。

■“100年の信頼”を繋いできたのは社員一人ひとりです
当社が扱う機器は、自動車以外のフィールドにも広がっています。たとえば鉄道車両を洗浄する機械、飛行場内の特殊車両用の点検機器なども手がけています。日々、情報収集を行いながら固定概念にとらわれることなく、積極的に新たな領域へのご提案を行っていく所存です。とはいえ、どんなに素晴らしい機器を作っても、お客様の期待に応えていくには「人の力」が欠かせません。当社が、良い機材を販売すること“だけ”を目指している会社ではないことも、ぜひ知っていただきたいですね。

私が特に大切にしているのは、社員とのコミュニケーション。この積み重ねこそが、よりよい会社づくりに繋がっていくと考えています。皆が「働いてよかった」と思える会社であれるよう、そして失敗を恐れず前向きにチャレンジしていけるよう、これからも社員一人ひとりへの働きかけに力を注いでまいります。当社の“次の100年”の担い手となる、皆さんとの出会いを楽しみにしています。
(代表取締役社長 柳田昌宏)

会社データ

プロフィール

【創業1920年。歴史ある会社】
バンザイは、自動車がまだ一般家庭には普及して
いない1920(大正9)年、海外の自動車部品および
機械工具類を輸入販売する「萬歳貿易商会」として
誕生。
1948(昭和23)年には自動車検査整備機器を国産化。

【クルマ社会と共に走り続ける会社】
その後、自動車技術は飛躍的に発展し、それに伴い
バンザイのフィールドも拡大。
現在では海外を含む傘下14社と共に、従来の自動車
整備用機器の開発・製造から販売・メンテナンス、
さらには排気ガス対策などの環境保全・資源問題への
対応に至るまでグローバルな企業展開を行い、自動車
産業を語るうえで欠かすことのできない存在へと成長
してまいりました。

【新幹線にも技術を転用】
近年は、積雪地帯を走る新幹線の車両に付く雪を洗い
落とす装置が欲しいとのご依頼を受け、高圧洗浄機で
培った技術を転用し、新規開発。完成した温水噴出
洗浄機は、新幹線の駅のプラットフォームの下に
設置されており、電車の安全走行を支えています。

【日本で4社だけが取り扱える機器を販売】
専門的になりますが、クルマの車検用機械器具は、
技術上の基準が法律で定められており、その条件を
満たした機器を販売できるのは日本で4社だけで、
そのうちの1社が当社です。
このように技術力の高さが当社の強みの1つです。

【法的需要が確保されたビジネスを展開】
車検機器は、定期的に基準が見直されたり、機器の
法定耐用年数による買い替えもあったりして、法的
需要が確保されているビジネスを展開している点も
当社の魅力の1つです。

【100年の実績と信頼】
およそ8千万台ものクルマが走る日本。
たくさんの人が自動車に乗る今日、バンザイの確かな
技術と信頼されるサービスが、安全で快適な車社会を
支えています。

事業内容
【車検・環境整備・洗浄装置の機器を販売】
自動車・その他車輌および内燃機のコンピュータ整備、
診断機器・試験機の製造販売並びに輸出入、公害防止
機器の販売、自動車総合管理のためのスペースプラン、
システム開発が主な事業内容。

【クルマ産業だけではなく、鉄道や航空業界にも納品】
その他の事業として、電車や航空機の環境整備機器・
洗浄装置の開発・製造・販売、建設・建築工事に関する
事業、ホテル経営など。
 ※2018年「スーパーホテル東京・芝」開業

PHOTO

既製商品からカスタマイズ商品まで、お客様のご要望に合わせてご提案しています。

本社郵便番号 105-8580
本社所在地 東京都港区芝2-31-19
本社電話番号 03-3769-6803
創立 1920(大正9)年6月1日
設立 1939(昭和14)年3月18日
資本金 5億5,900万円
従業員 男性 371名
女性  65名
全体 436名(2020年3月現在)
売上高 313億5,174万円(2020年3月期)
事業所 <本社>
東京都港区芝2-31-19 バンザイビル

<支店>
札幌支店(北海道)
仙台支店(宮城県)
関東支店(埼玉県)
東京支店(東京都)
名古屋支店(愛知県)
大阪支店(大阪府)
広島支店(広島県)
福岡支店(福岡県)


<営業所>
旭川営業所(北海道)
青森営業所(青森県)
盛岡営業所(岩手県)
山形営業所(山形県)
郡山営業所(福島県)
秋田営業所(秋田県)
新潟営業所(新潟県)
長野営業所(長野県)
前橋営業所(群馬県)
宇都宮営業所(栃木県)
水戸営業所(茨城県)
埼玉営業所(埼玉県)
千葉営業所(千葉県)
多摩営業所(東京都)
横浜営業所(神奈川県)
静岡営業所(静岡県)
北陸営業所(石川県)
三重営業所(三重県)
京都営業所(京都府)
神戸営業所(兵庫県)
高松営業所(香川県)


<出張所>
函館出張所(北海道)
帯広出張所(北海道)
富山出張所(富山県)
岡山出張所(岡山県)
山陰出張所(島根県)
山口出張所(山口県)
松山出張所(愛媛県)
長崎出張所(長崎県)
大分出張所(大分県)
熊本出張所(熊本県)

<駐在>
甲府駐在(山梨県)
和歌山駐在(和歌山県)
徳島(徳島県)
主な取引先 【主な取引先の社名】
トヨタ自動車(株)
ダイハツ工業(株)
本田技研工業(株)
三菱自動車工業(株)
三菱ふそう(株)
日産自動車(株)
(株)SUBARU
(株)ヤナセ
BMW(株)
(株)ブリヂストン
東洋ゴム工業(株)
(株)オートバックス
(株)イエローハット
出光興産(株)
コスモ石油(株)
日本航空(株)
全日本空輸(株)
京王電鉄(株)
東京急行電鉄(株)
国際興業(株)
日本通運(株)
(株)クボタ
伊藤忠商事(株)
三菱商事(株)
国土交通省
自動車技術総合機構
ほか多数

【主な取引先の業界】
自動車メーカー
タイヤメーカー
自動車整備会社
カー用品販売会社
電鉄会社
バス会社
タクシー会社
航空会社
輸送・物流会社
総合商社
石油元売会社
農業機械会社
官公庁
学校
各種団体
※当社の納品先はB to Bの会社が多いのですが
 納品先のお客様は一般消費者向けのB to Cの
 お客様が多いです。
売上高の推移 313億5,174万円(2020年3月期)
307億5,157万円(2019年3月期)
289億4,994万円(2018年3月期)
291億8,663万円(2017年3月期)
取引銀行 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
りそな銀行 など
関連会社 萬歳工業(株)
バンザイ物流サービス(株)
(株)ビーエフケー
バンザイ南九州販売(株)
(有)バンザイサービス仙台
バンザイ沖縄販売(株)
(株)萬歳パブリシティ
千歳興産(株)
日本整備(株)
(株)BTO
(株)プロマックス
(株)富山バンザイ
(株)バンザイタイランド
万歳汽車設備商貿有限公司 など
代表取締役社長 柳田 昌宏
平均年齢 男性 42.8歳
女性 40.2歳
全体 42.4歳
(2020年3月現在)
平均勤続年数 男性 16.9年
女性  9.3年
全体 15.8年
(2020年3月)
従業員内訳 男性 371名
女性  65名
全体 436名
(2020年3月現在)
社員の年齢別構成割合 【性別による世代の割合】
    男性  女性
10代   0%   2%
20代  21%  24%
30代  24%  28%
40代  23%  22%
50代  20%  20%
60代  12%   3%

65歳定年で再々雇用者もおり、70歳以上の方も
嘱託として勤務しています。
長く働ける環境はあります。
社員の出身地の割合 北海道   7%
東北    9%
関東   48%
中部   11%
関西   12%
中四国   8%
九州沖縄  6%
車検とは? 【実施時期】
◆クルマの完成時
◆定期検査

【補足説明1】
1台の車は小さなネジまで入れて数えると、
約3万個の部品からできています。
部品の取り付けが終わったら、約1,500~
2,000項目の厳しい検査を行い、全ての
項目に合格した車だけが流通します。

【補足説明2】
日本では、およそ8千万台ものクルマが走行
しています。
クルマを整備する工場は、全国に9万工場も
あります。
日本のコンビニは、約5万5千店舗なので、
それよりも多くの整備工場があります。

【補足説明3】
クルマには、車種と目的別により、車検を
行う時期が法律で定められています。
自家用自動車と運送事業用二輪車の初回車検は
3年ですが、それ以外の車は1~2年という期間
内に車検を行う必要があります。

【目的】
その時点でのクルマの安全性や環境面で国が
定める基準に適合しているかを検査するもの。
自動車の整備は、クルマの故障を未然に防ぎ、
その性能維持を図るために行い、自動車を安全
かつ快適に使用するために不可欠。

【主な検査内容】
◆ エンジン
◆ バッテリー
◆ 車のブレーキやスリップ
◆ タイヤの溝や空気圧
◆ ヘッドライト
◆ 排気ガス・黒煙
◆ 音量     など多岐にわたります.

【車両整備に必要なもの】
◆ 車体を持ち上げるリフト
◆ 車両検査機器
◆ 公害防止及び環境整備機器
◆ 洗車・洗浄・美装機器
◆ タイヤ・ホイール・ブレーキ用機器
◆ 板金・溶接・塗装等の車体整備機器
◆ エアコンプレッサー
◆ 電気関係しけ・エンジン整備用機器
◆ 注油用機器
◆ 作業用各種工具 など

当社は上記の車両検査機器や整備機器、工具を
販売をする専門商社になります。
売上構成 自動車販売会社    35%
自動車整備会社    30%
タイヤ会社      10%
石油S/S       10%
官公庁その他     15%

取扱品が、車検機器ということもあり、
メーカー(自動車・タイヤ)と自動車
整備会社が主要顧客です。
主要顧客の業界だけで、売上全体の75%に
及びます。

車検用機械器具は、技術上の基準が法律で
定められており、その基準を満たす機器を
扱っているのは当社を含め国内で4社のみ。
認証取得・加盟団体 【認証取得】
ISO9001(2003年2月28日登録)
ISO14001(2008年3月8日登録)
※登録範囲:自動車整備用機器、検査用機器の
      設計・開発、販売およびサービス

【加盟団体】
一般社団法人 日本自動車機械工具協会(機工協)

※全国で使用されている自動車検査用機械器具の
 精度の確認・補正の業務、これら機械器具の
 製造時の基準適合性試験、自動車用機械器具に
 関する調査研究を行う団体です。
※現在は、当社社長の柳田昌宏が会長(代表理事)
 を務めております。
自動車整備機械工具は堅調 機工協、19年度の機械工具販売実績 7年連続で
1千億円超
(一社)日本自動車会議所の2020/8/4の記事
https://www.aba-j.or.jp/info/industry/13148/

自動車整備機械工具の売上が堅調に伸びている。
日本自動車機械工具協会(機工協、柳田昌宏会長)が
発表した2019年度の「自動車機械工具販売実績」
によると、会員各社の機械工具販売における総売上は、
前年度比2.1%増の1111億7105万9千円。

1千億円を超えたのは7年連続で、前年度実績を
上回ったのは5年連続となった。
安定した整備需要による整備機器の更新や新規の
販売増が貢献した。
4月の道路運送車両法の改正で「特定整備」制度が
導入されたことに伴い、法施行をにらんだ関連機器
の売上増も寄与した。
カテゴリー別の売上も5項目が過去15年間で
最高金額を記録した。

この記事からも、安定した業界と言えましょう。
車検機器は国内4社だけ 自動車検査機用機械器具は、技術上の基準が
法律で定められており、その基準が定期的に
見直されます。

安全性や環境面の基準値を測定する機械なので
技術的には新規参入が難しい業界です。
基準を満たす車検機器を取扱っているのは
国内で4社だけで、当社はそのうちの1社です。
この4社は、機工協に加盟しています。

【トップシェア】
機工協発表 令和元年(2019年)度の自動車
機械工具販売実績集計表によると、
機工協の会員の総売上 1031億2528万円
当社の売上     307億5157万円 
A社の売上     234億8829万円
B社の売上     154億0693万円
C社の売上     173億円
※A,B,C社の売上は学生向けの求人サイトから
 引用させていただきました。

当社を含めた4社だけで869億4679万円で、
他の会員様の売上合計は161億円になります。
このことから、当社は車検機器の業界では
トップシェアを占めていると言えます。

【最大の規模とネットワーク】
車検機器を取り扱う4社の比較(当社調べ)
当社 1920年創業 従業員数436名
   全国8支店36事業所2拠点
A社 1944年設立 従業員数330名
   全国8支店22営業所1拠点
B社 1918年創業 従業員数350名
   全国6支店16営業所
C社 1937年設立 従業員数289名
   全国8支店3営業所 
※A,B,C社の売上は学生向けの求人サイトから
 引用させていただきました。

当社を含めた4社だけが、日本で車検機器を
取扱っていますが、上記の歴史や売上規模から
この4社がクルマの車検機器の業界をリード
してきたと言えないでしょうか?

マイナビの掲載記事は、マイナビによる原稿の
審査が行われます。
「客観的事実として証明できる資料」の記載を
勧められたので、他社様の情報を引用させて
いただきました。
取扱い製品 当社は、クルマの車検・整備機器の開発・販売を
メインの事業としており、取り扱う機器の分類は
主要営業品目で代表的なものは6つあります。
1.車両検査機器・総合診断装置
2.リフト・ガレージ
3.洗車・洗浄・美装装置
4.タイヤ・ブレーキ用機器
5.車体整備(板金・溶接・塗装)
6.公害防止・環境整備機器

売上のトップ3は、リフト、車検機器、洗車洗浄
装置です。当社の売上の60%強を占めています。

製品動画は、YouTubeにアップされていますが、
少しだけ紹介します。
【株式会社バンザイの製品動画】
https://www.youtube.com/channel/UC8rqscPf2zyrE8_l4tvXiWA/videos
【車両検査機器】
https://www.youtube.com/watch?v=z2TL--bRo6k
https://www.youtube.com/watch?v=xumeaG8D9Iw
【リフト】
https://www.youtube.com/watch?v=qNtfZXSibDQ
https://www.youtube.com/watch?v=ArH2621uiy4
https://www.youtube.com/watch?v=l_LpEOp_xpc
【洗車機】
https://www.youtube.com/watch?v=-l2VAoT1Itk
https://www.youtube.com/watch?v=ZxSubcXatlQ
沿革
  • 1920年
    • エンパイヤ自動車商会の輸入部より独立し、
      萬歳貿易商会を創立
  • 1939年
    • 組織を改め萬歳貿易(株)を設立
  • 1946年
    • 商号を萬歳自動車(株)と改称し、自動車機械工具および
      航空機用機械工具の販売を主とした営業をする
  • 1948年
    • 港区芝西応寺町に工場を新設し、自動車整備用機械の
      製造を始める
  • 1957年
    • 芝工場を分離し、萬歳工業(株)を設立
  • 1969年
    • タイのバンコクに(株)バンザイタイランドを設立
  • 1975年
    • 商号を(株)バンザイと改称
  • 1988年
    • 本社ビル(バンザイビル)竣工
  • 2003年
    • ISO9001認証取得
  • 2007年
    • 中国の上海に万歳汽車設備商貿有限公司を設立
  • 2008年
    • ISO14001認証取得
  • 2018年
    • スーパーホテル東京・芝を開業
  • 2020年
    • 創業100周年

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.6年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15.9時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 6.8日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 14名 16名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 1名 3名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 0.5%
      (189名中1名)
    • 2020年度

取材情報

自動車社会の未来へ向かって、挑戦を重ねつづける
自動車の安全と安心を土台から支える仕事
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒105-8580
東京都港区芝2-31-19
TEL:03-3769-6803
総務部人事課
URL http://www.banzai.co.jp/
E-mail jinji@banzai.co.jp

(株)バンザイ
新卒採用担当 仲川 宛てにメールをください
交通機関 ●都営浅草線・三田線「三田」駅より徒歩4分
●都営三田線「芝公園」駅より徒歩5分
●JR山手線・京浜東北線「田町」駅より徒歩8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp4305/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)バンザイを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ