最終更新日:2021/10/27

トヨタカローラ大阪(株)

  • 正社員

業種

  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • リース・レンタル
  • 専門店(自動車関連)
  • 損害保険

基本情報

本社
大阪府

志望業種の広げ方を教えて

自動車の営業は「車を売るのが仕事」だと思っているなら、思い込みやイメージ重視就活の危険性があります。(2021年9月3日)

 自動車の販売営業は、「車を売るのが仕事」だと思っているとすれば、思い込みやイメージ重視で就活している危険性があります。

 当社で営業職として働いている社員に、「あなたのワークスタイルを教えてください」という質問に答えてもらいました。

 ・多くの人と接する仕事
 ・営業で勝負する仕事
 ・チームワークを活かす仕事
 ・資格・専門能力が身につく仕事
 ・地域社会・地域密着型の仕事
 ・遊び心を刺激する仕事
 ・企画・サービスを提案する仕事

 思った以上に多様なとらえ方があり、同じ仕事をしていてもこれだけ違うのかと驚いたくらいです。それは、「業種・業界にかかわらず、色々な働き方がある」ことを意味しています。
 志望業種を絞りすぎて身動きできていないと感じるのであれば、視点を変えて、ワークスタイルで仕事を見てみるのはいかがでしょうか。

 最初の話に戻りますが、自動車の営業とは、車を売るだけの仕事ではありません。
 私たちは、車に乗られるすべてのお客様が安心安全に乗り続けていただくお手伝いをしています。売って終わりではなく、売ってからスタートする何年にもわたるお客様との信頼関係を構築していく仕事です。ベテラン社員の中には、お客様と10年、20年とお付き合いを続けているお客様が何十人といます。

 地域のお客様に寄り添い、共に夢を語る。
 そのために日々努力し続ける私たちの、仲間になってくれませんか。

9月に説明会・選考を予定している企業を教えて

内々定決定までのフローは、対面式の場合約1か月、オンラインの場合は約2カ月です。(2021年8月27日)

 9月も説明会と選考を実施します。

 オンライン説明会も夏の期間実施しましたが、結果として選考フローが対面式の2倍かかってしまいました。
 感染状況なども踏まえ、オンラインの説明会も検討します。しかし、元々当社は地域密着型企業のため遠方からのご応募は大変少ないこともあり、少人数での対面式も続けますので、早く結果を出したい方は、対面式説明会の参加からスタートしてください。

 9月4日(土)10:00~12:00 対面式説明会
https://job.mynavi.jp/22/pc/corpinfo/displaySeminar/index?optNo=1Dv-0C&corpId=50498

これから就活を始めるには何から手をつければいい?

就活のスタートは、自己分析から。今すぐできる、自己分析方法があります。(2021年3月1日)

 トヨタカローラ大阪株式会社 人事担当の瀬崎と申します。
 約20年間人事の仕事に携わらせていただき、毎年色々な学生の方にお会いしています。今年はコロナ禍もあり、「就職活動は大変だ」という不安を抱いている方も多いと聞いています。

 就活を始めるにあたって、まず大切なことは自分を知ること。
 これができていない人は、多くの情報に右往左往するだけの就職活動になってしまいがちです。

 例えば、お昼ご飯を食べる自分を想像してください。
 「何を食べてもいいよ」と言われたら、何を食べたいでしょうか。
 好物のもの?
 今日の体調に合わせて考える?
 前から一度食べてみたいと思っていたものに挑戦する?
 今の自分だったら何を食べるかな、と考える人が多いはずです。人からおススメされたものでも、それが自分の好みに合わなければ食べないのではないでしょうか。
 仕事も同じです。「誰にとってもおいしいもの」がないように、「誰にとってもいい会社」はありません。他人が言う「いい仕事、いい会社」が、自分にとってもそうなのかは、自分でなければわかりません。
 そのために、まずは自己分析をきちんとすることが大切です。私は毎年、「泳げる魚が山に登る必要はないよ」と学生の方々にお話しします。自分の能力をわかったうえで、それが充分に生かせる仕事を探すことが就職活動です。
 自分はどんな人間で、何が得意で、どんな未来像を描いているのか。また、何が不得手なのかを知ることも同じように大切です。
 
 世の中にはありとあらゆる仕事があります。
 就活を始められた皆様にとって、「こんな仕事が世の中にはあるんだ」と驚くことも多いことでしょう。やりたい仕事を見つける前に、自分自身を振り返ってみてください。

 自己分析ってどうやっていいかわからない、と思うのであれば、「未来にやりたいこと100個書き出す」をしてみてください。30個ぐらいまでは割りと出てきます。100個は、苦しいかもしれませんが、挑戦してみてください。単純ですが、意外と自分の深層心理に気付ける方法です。

 (人生の岐路に立った皆様の相談役になるのも、人事担当としての仕事のひとつです。)

トップへ