最終更新日:2021/9/10

栄研化学(株)【東証一部上場】

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 薬品
  • 医療用機器・医療関連
  • 化学

基本情報

本社
東京都
PHOTO

オンリーワンな検査薬を創る

T.O
2014年入社
理工学研究科 生命化学専攻出身
生物化学第一研究所第二部
POCT製品の開発

現在担当している仕事内容を教えてください

入社から現在まで、POCT製品(イムノクロマト試薬)の開発に関わる業務を行っています。入社してから1-2年は主にイムノクロマトの基礎技術の検討に取り組み、その後は新製品の開発や、既存製品の改良に携わっています。日々の業務を進めていく中で、自分に不足している知識や技術に気付かされることもあります。そんな時でも、周りの先輩や上司のフォローや、学会や勉強会への積極的な参加支援を受けることで、様々なことに挑戦する毎日を送っています。


志望動機や栄研化学に決めた理由

私は幼い頃から薬剤師であった祖父の影響により、自分も大きくなったら薬を創る人になりたいと思っておりました。漠然とした目標を持ったまま大学に進学し研究室で分子生物学、特に抗体について学んだことで、抗体を用いた試薬について強く興味を持ち、そのような試薬を取り扱っている企業に対して就職活動を開始しました。

私が栄研化学に決めた理由は、3つあります。
1つ目は【LAMP法】のような独自技術を開発する研究力がある企業であることに惹かれ、ゆくゆくは自分で新規技術を開発することを夢見て栄研化学を志望しました。
2つ目は、研究という立場であっても製品開発に対して、市場の探索から上市後のフォローまで長い期間関わることができるためです。製品開発に一から関わることで苦労も多いですが、その分開発製品に対して愛着が沸き、製品を上市できたときの喜びはとても大きなものとなりました。
3つ目はワークライフバランスの良い企業だと感じたためです。全職種フレックスタイム制度をはじめとする福利厚生も充実しており、実際に入社してからも非常に働きやすい環境だと感じています。


今後の目標を教えてください

ユーザーニーズを正確に捉えたオンリーワンな検査薬を創ることです。そのためには基礎研究からしっかりと行い、今までにない独自技術を開発することで、誰にも真似できない唯一無二の検査薬を創っていきたいと考えています。単純な試薬性能の他に操作性など、求められている現場の声をしっかりと反映させた検査薬を開発できるように日々努力し、一人でも多くの人の健康を守っていくことが出来たら嬉しいです。


トップへ