最終更新日:2021/5/10

栄研化学(株)【東証一部上場】

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • 薬品
  • 医療用機器・医療関連
  • 化学

基本情報

本社
東京都
PHOTO

新たな職場で日々勉強

Y.K
2017年入社
理工学研究科 生命科学系専攻出身
生産技術部(当時)
培地の生産に関わる設備の導入や工程の検討

入社~現在までの仕事内容を教えてください

入社後2年間は微生物検査用培地の製造部に所属していました。具体的には、設備を用いた培地の充填、充填品の検査、包装作業等を担当していました。3年目からは生産技術部門へ異動し、製造で担当していた微生物検査用培地に加えて環境検査用及び感染症検査用培地の工程設計に携わっています。
生産技術部門の主な仕事内容は、工程設計です。実験室規模で設計された製品を、工場の製造ラインに乗せる際のスケールアップのために、どのような設備・工程であれば安定した製品が生産可能か、生産条件の確立を行います。また既存の製品に関しても、更に良い生産条件や処方が無いか、他部署と協力しながら検討しています。工場に新たな設備を導入する際も、設備が適切に稼働するか等の検証を行います。このように、開発部門と製造現場を繋ぎ、工場で行われる作業全般に関わる重要な部署であると感じています。


志望動機や栄研化学に決めた理由

大学では分子生物学を専攻し、タンパク質の合成に関わる因子の研究を行っていました。就職するにあたり、大学で学んだ知識を踏まえてより社会に貢献できる仕事をしたいと思い、医薬品業界を志望していました。その中で、病気の方からそうでない方まで幅広い人々の健康維持に携わることのできる、臨床検査薬の存在を知り興味を持ちました。
栄研化学に決めた理由としては、世界規模での実績があるというだけでなく、選考が進むにつれてあたたかみのある社風にも触れ、この会社で働きたいと思ったからです。
入社後もその印象は変わらず、働きやすい環境であると感じています。


今後の目標を教えてください

生産技術部門へ異動し、仕事内容も変わり勉強すべきことも増えたので、外部のセミナー等も利用しながら積極的に知識を身に着けたいと思います。
また、製造の現場にいた経験を生かすことは勿論ですが、生産技術は工場全体に関わる部署なので、他部署の人々の協力を得ながら仕事を進めていけるようになりたいです。最終的には、生産技術部の者として、仕事を任せてもらえるようになることが目標です。


トップへ