最終更新日:2021/4/26

野川商事グループ[グループ募集]

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 商社(その他製品)
  • スーパーマーケット
  • 食品
  • 設備工事

基本情報

本社
山形県
資本金
1億円
売上高
152億円(2020年1月現在)
従業員
693名
募集人数
16~20名

食糧からエネルギーまで 地域繁栄のパイプ役

私たちは「地域繁栄のパイプ役」として、お客様の暮らしを豊かにすることを目指します! (2021/02/26更新)

PHOTO

野川商事グループは『食糧からエネルギーまで地域繁栄のパイプ役』を企業理念に、地域の皆様に愛される会社づくりを目指しております。食品やガスなど、地域の皆様の生活に密着した商品を幅広く取り扱い、景気の影響を受け難い安定した経営基盤が当グループの強みです。

私たち採用担当は「真心」をモットーに、皆様の就活のお手伝いをしたいと考えております。弊社のことだけでなく、何でもご相談下さい。皆様にお会いできますことを楽しみにしております。
                             採用チーム一同

会社紹介記事

PHOTO
行動方針は”革新と挑戦”。常に新しいことに挑戦し、やる気に満ち溢れている社員が切磋琢磨しています。社員一人一人の意見と個性が店舗の魅力につながっています。
PHOTO
お客様はもちろん、社員との信頼関係、人と人とのつながりを大切にしています。先輩と後輩が顔を合わせれば笑顔で情報交換がはじまる、風通しの良い社風です。

地域に密着し、お客様のニーズに応える総合商社。一歩先を考え、成長する企業

PHOTO

今後の抱負は?「全ての面で1番を目指す」(左/会田さん)、「主力店長になるため日々努力」(中/小関さん)、「他部門のサポートで視野を広げる」(右/二本松さん)

今回は、野川食肉食品センター所属の3名にお話しをお伺いしました。
Q.現在の仕事内容は?
小関:私は週末びっくり市の店長をしています。売上管理や従業員に対してのマネジメントのほか、グロッサリーや酒類の商品管理、発注やレジ、混雑時には精肉の対面販売に入る等、店内の業務なら何でもこなします。売上目標に向かってスタッフ一人一人と話し合いながら取り組みを決め、目標をクリアすることに喜びを感じています。
二本松:私は惣菜部門のチーフをしています。配属されている店舗の惣菜の売上を作ることが仕事です。商品である惣菜づくり、パートさんへの指示、売り込みたい商品のPOP作成や売場づくり、販売計画を立てたりします。私も小関さんと同じで、売上目標の達成は嬉しいですね。パートさんと「もう少しご飯の量を増やしたいよね」「夕方もっと多く出してみようか」と、アイデアを出し合って売り場をつくっていくのが楽しいです。
会田:私は精肉部門のチーフで、牛肉のスライスや売場全体の管理、肉の発注、後輩の指導を行っています。肉は切り方一つで固くなってしまうこともあり、肉の構造と性質を理解した上で変化と遊び心ある切り方ができるのが自分の強みだと思っています。お祝事で焼肉の盛合わせを頼まれることが多いのですが、お客様に手渡した時に「こんなにすごいものいいんですか?」と、驚いたり喜ばれたりする表情を見ると本当に嬉しいですね。

Q.やりがいを感じるのはどの部分?
小関:自分が「売れる!」と思った商品が実際に売れた時です。当社の特徴は、売場づくりが各部門のチーフに一任されているところ。新商品など自分が売りたい商品を目立つメイン売場に陳列し、その商品が予想以上に売れたりするとモチベーションが格段に上がります。
会田:現場である程度自由にできるのが当社のスタイルです。社内の表彰制度があるので、自分が納得の行く売場・商品づくりで評価されたときには特にやりがいを感じます。

Q.会社の雰囲気や社風は?
二本松:堅苦しいところがありません。社員・パートさん含めて仲が良く、コミュニケーションが取れていると思います。みんな1番を目指しているので店舗同士で競争意識はありますが、売り上げが急に伸びてるアイテムがあると、私の場合はその店の担当者に「これどうやって売ってるの?」と直接聞いてしまいます。情報共有と連携が取れる会社です。

会社データ

プロフィール

【地域の皆様の生活を支える総合商社】

昭和37年に設立した野川商事株式会社を軸に、より地域に密着した営業展開とより良いサービスを提供していくために分社、業務を細分化させ、現在では全8社のグループ企業となりました。山形県に21拠点、県外に3拠点(宮城・東京)の事業所を構え、営業活動を行っております。

事業内容
■事業所給食、福祉給食、仕出し料理、社員食堂運営
■飼料製造、農産物、畜産物、農業資材、灯油
■宝石・貴金属販売
■小売店舗「週末びっくり市」、食肉卸
■冠婚葬祭
■乾麺製造販売
■LPガス、リフォーム工事、空調設備工事、上下水道工事、燃料油

PHOTO

(株)野川食肉食品センター『週末びっくり市』山形県9店舗・宮城県2店舗で営業中!

本社郵便番号 994-0001
本社所在地 山形県天童市万代1番2号
本社電話番号 023-653-4151
創業 1884年(明治17年)
設立 1962年(昭和37年)
資本金 1億円
従業員 693名
売上高 152億円(2020年1月現在)
グループ全8社 野川商事株式会社
(株)天童給食センター
(株)野川ファーム
(株)野川宝石
(株)野川食肉食品センター
(株)山形互助センター
(株)みうら食品
(株)野川ガス住宅設備
募集会社 (株)野川ファーム
(株)野川食肉食品センター

(株)野川ファーム 【 本 社 】山形県天童市万代1番2号
【 設 立 】1966年(昭和41年)
【事業内容】飼料製造、農産物、畜産物、農業資材、灯油
【 事業所 】酒田営業所
【資本金】2,000万円
【従業員】35名
【売上高+決算年月】 社内規定により非公開
(株)野川食肉食品センター 【 本 社 】山形県天童市万代1番2号
【 設 立 】1979年(昭和54年)
【事業内容】小売店舗『週末びっくり市』、食肉卸
【 事業所 】『週末びっくり市』11店舗(山形・宮城)、生産工場
【資本金】23,000万円
【従業員】135名
【売上高+決算年月】 社内規定により非公開
沿革
  • 1884年
    • 初代・野川元治が久野元村(現在の天童市)で大豆商を営む
  • 1962年
    • 野川商事株式会社 設立
  • 1963年
    • (株)天童給食センター 設立
  • 1966年
    • (株)野川ファーム 設立
  • 1977年
    • (株)野川宝石 設立
  • 1979年
    • (株)野川食肉食品センター 設立
  • 1983年
    • (株)山形互助センター 設立
  • 1986年
    • (株)みうら食品 設立
  • 1998年
    • (株)野川ガス住宅設備 設立
  • 2019年
    • グループ本社新社屋 落成

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8日
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 【野川商事グループ採用窓口】

〒994-0001
山形県天童市万代1番2号
野川商事株式会社
管理部 大山 賢司
TEL:023-653-4151
URL http://ngw.co.jp
E-mail saiyo@ngw.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp50728/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

野川商事グループを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ