最終更新日:2021/7/22

日産プリンス埼玉販売(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 専門店(自動車関連)
  • 損害保険

基本情報

本社
埼玉県

特集記事

女子学生ナビ

自分を信頼してくれるお客さまの存在が、私の仕事のやりがいです

充実のシゴトスタイル

PHOTO

自分のスタイルを築きながら、一歩一歩成長していきたい

日産プリンス埼玉販売川越店にて、営業職として活躍中の折笠里央南さんに、仕事の魅力ややりがい、女性社員の働きやすさなどについて伺いました。

折笠里央南さん(川越店 2019年入社)

人と接する仕事を希望して日産プリンス埼玉販売へ。「社員の人柄と社内の雰囲気が魅力でした」

時にはお客さまと、車とは関係のない話をすることも。人対人のコミュニケーションを大切にしています。

就職活動中、最初からやりたいことが決まっていたわけではなく、幅広く業界を見ながら自分の進む道を見極めていこうと思っていました。自分の将来像や、やりたことがわからないという方も多いかと思いますが、たくさんある候補の中から少しずつ絞っていくやり方もあるので、ぜひ皆さんも興味のある会社には足を運んでほしいです。

私の場合は、社内でデスクワークをするより、人と接する仕事のほうが自分の性格に向いていると考えて営業職に就きたいと考えるようになりました。また、私の家族が車好きで、いつも身近にある存在だったこともあり、自動車販売の営業という仕事に興味を持ちました。出身地である埼玉から離れることのない環境が希望だったので、地元に密着し、県外への転勤のない企業に的を絞り、日産プリンス埼玉販売に出会いました。

当初はいろいろ見ている会社の中の一つという認識だったのですが、就職活動を通じ、会社を知るにつれて、「ここで働きたい」という気持ちが固まっていきました。
決め手となったのは、採用担当の方が、とても感じの良い人だったことですね。会社説明会や選考の時にいつも親身になって話を聞いていただきましたし、伝わってくる雰囲気の良さから、この会社だったら頑張れるのではないかと思いました。

当社は性別に関係なく活躍が出来ます。自動車関連の知識をつけ、自身で努力をしていくことで活躍できるフィールドが広がっていくと、先輩方の姿を見て感じています。未知の業界に対する不安もありましたが、先輩の背中を見て、不安な気持ちよりも一緒に頑張りたいという気持ちが強くなりました。

研修で基礎からしっかり学べたので、配属先で自信を持って仕事を始められた

社内のコミュニケーションも円滑に。お互いの仕事を尊重しているからこそ、チームワークがうまくいきます。

入社が決まり、日産プリンス埼玉販売での社会人生活が始まりました。最初の2カ月間は、本社で新入社員研修が行われます。社会人マナーから商品知識、営業のやり方など、座学で詳しく勉強しました。車を売る仕事である以上、自動車に関する知識は欠かせませんが、当時の私は車に詳しいわけではありませんでした。
知識不足に不安を覚えましたが、研修では部品の名前から車名まで、基礎的なことから学ぶことができ、不安は少しずつ解消しました。また、店舗でお客さまがいらっしゃったときのお出迎えの仕方、お見送りの仕方などをロールプレイングしたことも、後の実務に役立ちました。
新入社員研修は2カ月間ですが、その後も毎月1回、フォローアップの研修があるので、自分が苦手なところを確認したり、最新の知識を勉強したりすることができます。研修では普段は別の店舗にいる同期と会うことができるので、それぞれの店舗でどんな仕事をしているか、お互いに近況報告をしています。

そのほか、「フレッシュマンリーダー制度」というものがあり、入社1年目は指導役の先輩社員が同じ店舗にいて、いつでも相談に乗ってくれます。私の場合は年齢が近い先輩がフレッシュマンリーダーとなってくれたこともあって、話しやすく、いろいろな話を聞いてもらうことができました。同じ店舗にいるほかの先輩も、何度もフォローしてくれたので助かりました。入社1年目は、学生と社会人のギャップに悩み、どうしたらもっと社会人らしくなれるかということをよく相談に乗ってもらっていました。自分ではきちんとやっているつもりでも、社会人としてまだまだ足らないということがあったのですが、こういった悩みを聞いてくれる人がいたのはありがたいことですね。社会人として尊敬する先輩が近くにいることは心強いことだと思っています。

目の前のお客さまを大切に――日々の努力の積み重ねが自分を成長させる

自動車は日々アップデートされていくので、常に勉強が必要。「学びつづけられる環境なのでやりがいも大きいです」

一日の仕事の流れは、まず店舗に出社し、清掃、朝礼を終えてから、お客さまをお迎えします。
点検などで自分が担当するお客さまがいらっしゃったときは、その対応をします。車の購入を検討されている新規のお客さまがいらした場合は、お茶出し、接客から商談まで行います。そのほか、お客さまにお渡しする見積書の作成などの事務処理も大事な仕事です。
これは先輩からアドバイスしていただいたことなのですが、お客さまにお渡しする書類には、必ず手紙を添えるようにしています。簡単なメモ書きでも用は足りるのですが、普段送る手紙と同じように便せんに手書きして、封筒にしたためます。こうしたちょっとした気遣いで、お客さまを大事に思う気持ちが伝えられると教わりました。作った書類と手紙は、お客さまのご自宅までお届けして、こまめにコンタクトを取るようにしています。
お客さまには少しずつ私のことを覚えていただくことができ、今では、店舗に来るなり「折笠さんいる?」と声をかけてくださる方もいらっしゃいます。ご案内の席に着くと喜んでくださる方もいて、「この仕事をしてよかった」と思います。

しかし、まだまだ経験や知識も不足しており、日々自分の営業スタイルを模索している最中です。現在は、一歩一歩成長していくことを目標とし、いずれは主任になりたいです。
先輩社員の中には、産休、育休を経て時短勤務をしながら活躍している方もいるので、当社はライフプランを立てながら長く働ける会社だと感じています。
社員が集まって、悩みをみんなで共有し、一緒に解決策を見つけていくという研修もあり、これからもっと働きやすい会社になっていくと思っています。

学生の方へメッセージ

企業研究中は、自分が何をしたいか、どうなりたいかと思い悩むこともあるかと思います。そんなときは自分の気持ちを大切に、興味を持った会社には、失敗を恐れずにチャレンジする気持ちが大切です。

自動車の営業というと、知識がないとできないのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、自分が仕事をしてみて実感するのは、向き不向きは一切ないということ。
入社前に車の知識がなくても問題ないので、その点も心配しないで欲しいです。私も研修で一から勉強しましたし、同期を見渡しても、最初から車に詳しい人はほんの数人だったと思います。当社の場合、仕事に必要な知識は研修や勉強会で十分身に付けることができます。
また、知識の面だけではなく、日産プリンス埼玉販売では、人と接する仕事がしたい、お客さまと深く関わる仕事がしたいという気持ちを大事にしている人が多く所属しています。

これから、悩んだり、落ち込んだりすることも多いかと思いますが、皆さんを必要とする会社は必ずあります。自分に自信を持って、やりたい仕事をしたいという気持ちを大事にしてください。

PHOTO
「社内は相談しやすい雰囲気で、先輩方からたくさんのアドバイスをいただいています。入社後何年経っても学び続けられる環境が整っています」

トップへ