予約リストに追加した企業には、3/1の0時0分に自動的にエントリーされます。2/28まで追加・削除は自由にできます。

予約リストとは

最終更新日:2021/2/15

(株)トシマ

  • 正社員

業種

  • 商社(インテリア・住宅関連)
  • 商社(その他製品)

基本情報

本社
東京都
資本金
2,948万円
売上高
146億円(2020年3月)
従業員
144名

3月1日に公開予定の内容であり、内容は変更の可能性があります

(株)トシマはエアコン、トイレ等住宅設備資材と上下水道資材を販売している専門商社です!

会社紹介記事

PHOTO
良い意味で上下の隔たりが小さく、風通しの良い風土があります。分からないことは何でも先輩や上司に相談しながら、着実に成長していくことのできる環境です。
PHOTO
1948年の創業以来、住宅設備資材や上下水道資材の専門商社として、社会インフラを支えてきました。仕事を通じて社会に貢献できる会社です。(代表取締役会長 大沼泰雄)

人と人との信頼関係を大切にしながら、社会インフラを支えてきました

PHOTO

社会人にとって大切なのは、自分の楽しみを持ち、私生活も充実させること。オンとオフの切り替えを就職活動の時期から心がけてみてください。(代表取締役社長 大沼勇人)


■創業から70年以上、住みやすい環境づくりに貢献

私たちトシマが創業したのは1948年のこと。当時は水道管に使われていた鉛を販売する商社として、事業をスタートさせました。その後、技術の発展や市場のニーズの変化に伴い、取り扱う商材を柔軟に変化させながら、住宅設備資材の総合商社へと成長を遂げました。現在はマンションやビルに設置するエアコンやバスルーム、トイレといった住宅設備資材のほか、ダムや浄水場の上下水道資材などを供給しています。

70年を超える歴史のなか、私たちが供給した商材は、水道などの社会インフラから建造物まで幅広い分野で使われてきました。これは、私たちが手掛けた仕事が長く世の中に残りつづけるということ。自分が関わった建物だと思える「作品」を世に残すことができるのも、トシマで働くことの魅力だといえるでしょう。

私たちが取引先とするのは、水道の建設を手掛ける土木ゼネコンや、ビルなどの設備工事を請け負うサブコンです。私たちが使命としてきたのは、より豊かで快適な水と空気を提供するための設備を供給すること。これから先も取り扱う商材は変化していくかもしれませんが、社会インフラを担い、快適な環境づくりに貢献するという役割は変わることがありません。

■ビジネスの基本は、人と人との信頼関係

当社の営業職は一人で数十社の担当先を持ち、お客様から「次はこんな工事が始まる」という情報をキャッチすることから仕事がスタートします。そしてお客様が必要とする住宅設備をご提案し、契約へとつなげていくのが基本的な流れです。そのために大切なのは、お客様との間に信頼関係を築くこと。会社の規模や価格よりも、人と人とのつながりがビジネスを生み出すのです。例えば、「資材の発注を忘れ、困っているお客様のために、すぐに商材をお届けする」といった小さな努力の積み重ねが、「トシマの営業は頼りになる」という信頼を生み出していきます。

だからこそ私たちは、社員の育成に大きな力を注ぎ、仕事に対して誠実に取り組む姿勢の大切さを伝えてきました。「誠実、信用、創意、工夫、蓄積」という社是は、当社の創業者が残したもの。私たちはそんな精神を大切にしながら、これからも目の前の仕事に真摯に取り組んでいく考えです。

<代表取締役社長 大沼 勇人>

会社データ

事業内容
(株)トシマは給水・排水システムに関わる設備を中心にシステムキッチン、バスルーム、エアコン、トイレ等の住宅・ビル設備資材及び上下水道、農・工業用水向け資材全般を供給する専門商社です。

PHOTO

本社郵便番号 170-0002
本社所在地 東京都豊島区巣鴨1-19-14
本社電話番号 03-3945-4113
創業 1948年
資本金 2,948万円
従業員 144名
売上高 146億円(2020年3月)
事業所 支店/宮城(仙台市)
営業所/東京(豊島区・武蔵村山市)、埼玉(戸田市・北本市)、神奈川(横浜市)、群馬(高崎市)、岩手(盛岡市)
主な取引先 積水化学工業(株)、(株)栗本鐵工所、新日鐵住金(株)、日新製鋼(株)、(株)メタルワン、
三菱樹脂インフラテック(株)、信越ポリマー(株)、三井化学産資(株)、日本金属工業(株)、
昭和電工建材(株)、(株)クボタ、日立金属(株)、(株)荏原製作所、(株)ブリヂストン、
三菱電機(株)、ダイキン工業(株)、三菱重工業(株)、東芝キャリア(株)、パナソニック電工(株)、
(株)LIXIL、TOTO(株)、リンナイ(株)、(株)ノーリツ、(株)パロマ、タカラスタンダード(株)、
クリナップ(株)、(株)協成、ノーラエンジニアリング(株)、(株)エーアンドエーマテリアル、
フネンアクロス(株)、(株)リケン、(株)ベネックス、(株)小島製作所、伊藤鉄工(株)、
(株)長谷川鋳工所、アロン化成(株)、(株)三栄水栓製作所、(株)カクダイ、(株)キッツ、
(株)大和バルブ、東洋バルブ(株)、(株)ベン、(株)FMバルブ製作所、、(株)石崎製作所、
テラル(株)、(株)川本製作所、積水アクアシステム(株)、(株)佐山製作所、マックス(株)、
高須産業(株)、(株)日本イトミック、高木産業(株)、(株)立売堀製作所、(株)横井製作所、
森永エンジニアリング(株)、愛知時計電機(株)、アズビル金門(株)、(株)竹村製作所、
大成機工(株)、コスモ工機(株)、(株)清水合金製作所、前澤工業(株)、清水工業(株)、
前澤給装工業(株)、(株)日邦バルブ、東海鋼管(株)、(株)イトー鋳造、幡豆工業(株)、
(株)トミス、日之出水道機器(株)、長島鋳物(株)、(株)藤井合金製作所、(株)TOZEN、
レッキス工業(株)、(株)ユニックス、西邦工業(株)、(株)アカギ、日栄インテック(株)、
(株)昭和コーポレーション、(株)ナガセ
沿革
  • 1948年
    • 東京巣鴨に資本金50万円にて豊島金属(株)を設立、 主に都商事[現:三菱商事(株)]非鉄金属の特約店として錫、鉛の販売開始。
  • 1954年
    • 塩ビ管東京都指定販売店となる。
  • 1960年
    • 現、主要取扱い商品メーカー・(株)栗本鐵工所の代理店資格を得る。アルミ製品の需要に応え軽金属販売部門を併設。戦後の混乱期からの脱却、次世代を考え東北地区1号店として仙台出張所を開設。
  • 1966年
    • 横浜市に営業所を開設。北本市に埼玉営業所を開設。関東3拠点に依る水道管販売の基礎づくりを計る。
  • 1972年
    • 本社ビル完成。
  • 1973年
    • 盛岡に出張所開設。
  • 1975年
    • 高崎市に営業所開設。
  • 1980年
    • 本社倉庫を戸田に移転、戸田配送センター完成。
  • 1984年
    • 武蔵村山市に多摩営業所を開設。都下販売サービスの改善を計る。
  • 1986年 
    • 川崎市に営業所を開設。上総一の宮厚生施設にて全員参加の研修開始。
  • 1987年
    • 新しい企業イメージづくりを目的として、C.I.活動の取り組み開始。
  • 1988年
    • 創立40周年記念事業実施。C.I.活動強化。
  • 1990年
    • 社名を(株)トシマに変更、新体制にてスタート。
  • 1993年
    • トシマ会発足。創立45周年記念事業実施。
  • 1998年
    • 創立50周年を迎える。
  • 1999年
    • 組織新体制発足。本社に首都圏特販営業所を開設。川崎営業所に神奈川特販営業所を併設。
  • 2000年
    • 創業者 大沼泰三逝去。
  • 2001年
    • 埼玉南営業所を埼玉・戸田営業所に統廃合。東京第三営業所を開設。
  • 2003年
    • 創立55周年を迎える。横浜営業所を改築し神奈川営業所として開設。
  • 2006年
    • 東京第四営業所開設。神奈川営業所倉庫拡充。
  • 2008年
    • 創立60周年を迎える。
  • 2013年
    • 創立65周年を迎える。
      埼玉営業所に緊急時企業存続計画として自家発電設備
      を設置。
  • 2014年
    • 首都圏第三営業部 開発営業所を開設。
      戸田配送センターを戸田物流センターに名称変更し、
      戸田第二倉庫を開設。
  • 2016年
    • 戸田第三倉庫を開設。
      戸田営業所及び戸田第一倉庫を改装。
  • 2018年
    • 創立70周年を迎える。

働き方データ

  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 8.6%
      (35名中3名)
    • 2020年

(株)トシマと業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ